« 言葉の力 卒業に寄せて | トップページ | 卒論指導についてあれこれ考えている。 »

2011/03/22

昨日は、お習字をした

3/22

Img_6559

この三連休は、娘⑶と遊んでいる。今週末からほとんど休み無しで動き回るので、できるだけ娘と一緒に遊ぼうと思っている。

昨日は、お習字をした。
先日小学校一年生に漢字の授業をした。そのときに、明日の教室のDVDを作ってくれている平井さんが、私のそのときの授業も録画してくださった。

初めての小学校一年生の授業なので、私の記念というか振り返りの勉強のためと言うかそのために記録してもらっていた。

このDVDなのであるが、娘の大のお気に入りなのである。私の授業を何回も見て、指導言やくだらないギャグまで覚えている。

授業では、漢字の成り立ちを説明した。その際、実物投影機があるというので、筆で小添の漢字を書いてみせてあげた。この筆で時を書くという所も、娘は代のお気に入り。

「お習字したい」

というのである。そこで、やらせてみることにした。

画仙紙を用意し、リビングの床に新聞紙を敷き詰めて書かせた。

いやあ、書道である。
見事な作品が仕上がった。
三歳六ヶ月で書道家になったかもしれない。

作品は表装することにしよう。
はい、親ばかです。

で、思ったよりも平仮名が読めるので、ビックリ。

もらった動物カルタ、ひらがなカルタが大好きで、勝手に遊んでいる。さらに、いとこからもらったお下がりのミッキーマウスの電子あいうえおの学習ボード。これも勝手に遊んでいる。あ、回線を切った携帯電話のキーボードでもひらがなを打ち込んで楽しんでいる。

三ヶ月検診のときであったろうか、保健婦さんに
「この子は意欲的ですね」
と言われたのだが、本当にそうだなあと思うのだ。何かを教えるということを積極的にしたことはないのだが、勝手にドンドン身に付けて行ってしまう。私は驚きつつ褒めているばかりだ。


だから、たまに間違えると、つい正しいことを教えたくなる。だが、娘は⑶。正誤はどうでもいい。

お父さんに、ひらがなが読めるようになったことを自慢したい、その感情をまるごと受け止めてあげたい。

出来なかったことなんてどうでもいい。
出来たことだけ、すごいなあと私は褒め続けている。

« 言葉の力 卒業に寄せて | トップページ | 卒論指導についてあれこれ考えている。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉の力 卒業に寄せて | トップページ | 卒論指導についてあれこれ考えている。 »