« 行政の指示で、被災現場を混乱させてどうする 人事凍結へ | トップページ | 1100年に続く、新しい一年を始めようと思う »

2011/04/01

そのぐらいの方便は、おひな様も、娘も、許してくれるだろう

4/1

娘(3)のワガママがちょっと酷かった。
きちんと話さなければならないと思った。

昨日まで一週間家を空けていたので、私に対してかなり甘えてきていた。
それはそれで嬉しいのだが、ワガママとなると別である。


朝、ひな人形の前に座らせた。
我が家は新暦と旧暦で祝おうことにしているので、実はまだおひな様は飾られているのだ。

『いいか、そんな風にしていたら、折角お前のことを守ってくれるおひな様が、守ってくれなくなるよ。それはお父さん、お母さんにとっても、とても悲しいことなんだよ。きちんとお父さん、お母さんの言うことを聞きなさい』
「おひな様は、守ってくれないよ」
『え? なんで守ってくれないの?』
「だって...」

実に驚いた。
そうか、そんな風に思ていたのか。

「だって、おひな様はあられを食べてくれないよ」

娘は、おひな様のためにひなあられをお供えしている。そのひなあられは、夜の間に親が食べていた。それを朝確認しておひな様が食べていたと喜んでいたのだ。

ところが、それを最近していなかったのだ。だから、おひな様は食べていないのだから、自分のことを守ってくれていないのだと言う、そんな論理の展開だったのだ。

むちゃくちゃな論理の展開と言えばそれまでだが、三歳の娘なりの論理の展開としては筋が通っている。

『そうか。それはそうなのかもしれないな。でも、それは○○が、ちゃんとしていなかったから食べてくれなかったのかもしれないよ。いま、ちゃんとするから食べてください、守ってくださいって、お父さんと一緒にお願いしようか?』
「うん!」

良かった、良かった。

お願いをした後、ふとひな壇を見たら、飾りの菱餅の一つが、台から落ちていたのを発見した。
少し寂しそうにしている娘の顔を見ていたら、閃いてしまった。

『あれ? 菱餅が台から落ちているぞ』
「ほんとだ!」
『ということは、おひな様が夜に食べようとして、落としてしまったのかなあ?』
「えー!」
『ということは、食べようとして菱餅を落としちゃったから、やめたんじゃない?』
「えー、そうなんじゃない(^^)」
『じゃあ、やっぱり見守ってくれているんだね』
「うん!」

今日はエイプリルフールだ。
そのぐらいの方便は、おひな様も、娘も、許してくれるだろう。

ただ、今晩はしっかりと食べないとまずいがf(^^;。

« 行政の指示で、被災現場を混乱させてどうする 人事凍結へ | トップページ | 1100年に続く、新しい一年を始めようと思う »

コメント

娘さんの寝てる間にがっつり食べちゃってください^^

うまく行きました(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行政の指示で、被災現場を混乱させてどうする 人事凍結へ | トップページ | 1100年に続く、新しい一年を始めようと思う »