« 『(髪の毛を乾かすために)扇風機の前でが~ってしとおきなさい』 | トップページ | 「家で書いておきなさい」 »

2011/07/27

山の事故は多くはその下山で発生する。

7/26

また一つ、前期の授業が終わった。まだ採点が残っているが、一つの山を越えたことは確かだ。毎年毎年、「山」を登る。授業の力がつけば「山」は登りやすくなるかと思いきや、豈図らんや山はだんだん高くなる。

見えていなかった所が見えるようになり、難しさが増す。それを何事もないかのように登りきる力が新たに付かないと、この山を登りきることは難しい。今年度の前半は結局4回も風邪を引いてしまい、声が出ない頭がまわらないというなかでの授業が多すぎた。学生たちには申し訳なかった。

それでも滑落事故を起こすことなく、登りきれたということは、まあ、よしとしよう。しかし、山の事故は多くはその下山で発生する。丁寧に下りて行こう。評価をきちんとしよう。それで夏休みを迎えるとしよう。ま、夏休みの方が、今よりももっと激しい山が待っているんだけどね(^^)。

« 『(髪の毛を乾かすために)扇風機の前でが~ってしとおきなさい』 | トップページ | 「家で書いておきなさい」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31