« 家族と言う言葉を、四歳の娘は覚えた | トップページ | 講座案内 9/23 明日の教室 琵琶湖でカヌー&ジャグジー »

2011/09/14

日本の先生、働き過ぎ? 事務作業長く OECD調査

9/14

以前、学級事務職を導入すべきであるという記事を書いた。
学校の教員は授業以外で忙しくなっており、それを解決するには学級の事務をする事務方が必要だという考えだ。

http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2010/12/post-114d.html

twitterのログも纏めてもらっている。

http://togetter.com/li/81822

で、とうとうOECDからも言われてしまった。OECDと言えばPISAが有名。ここでランクが上がった下がったで一喜一憂している。確かに大事な側面もあるが、同じ0ECDなら、これもきちんと大々的に取り上げてほしい。

引用開始 ーーーーーーーーーー

日本の先生、働き過ぎ? 事務作業長く OECD調査

 日本の先生は先進国の中で勤務時間が長いことが、経済協力開発機構(OECD)が13日に発表した調査結果から明らかになった。ただ、長いのは授業ではなく、事務作業の時間。負担が重い一方で給与は減る傾向にあり、教員の質を確保する手立てが課題になっている。
 調査によると、日本の小学校の先生の勤務時間は、2009年の時点で年間1899時間。データのある調査対象国21カ国の中で米国に次いで2番目に多かった。ただし授業に費やす時間は707時間で、OECD加盟国の平均を72時間下回っており、授業以外の事務作業などの時間が勤務時間数を押し上げていることがうかがえる。
 一方で給与をみると、05年の水準を100とした場合、平均は7ポイント上昇していたのに対し、日本は5ポイント下がっている。OECDの調査担当者は「日本は仕事の負担は重いが、報酬は恵まれていない。優秀な人材が集まり教員の質を上げるような対策が必要」と話す。

http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY201109130560.html

引用終了 ーーーーーーーーーー

これ、本当に恥ずかしい話だ。
教育を大事にする国ならば、一刻も早く改善しなければならない。

« 家族と言う言葉を、四歳の娘は覚えた | トップページ | 講座案内 9/23 明日の教室 琵琶湖でカヌー&ジャグジー »

コメント

専門家がこの件について分析されています。

http://juliasannokainushi.blog31.fc2.com/

なるほどなあと思う視点があります。
勉強になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族と言う言葉を、四歳の娘は覚えた | トップページ | 講座案内 9/23 明日の教室 琵琶湖でカヌー&ジャグジー »