« 琵琶湖の朝 インターバル撮影から動画 | トップページ | 秋の日のヴィオロンの »

2011/10/29

11/26 明日の教室 塩澤一洋さん 写真講座

お待ちどうさまでした。
明日の教室ならではの、企画です。

まず、この写真をご覧ください。
http://shiology.com/

教師は、学校でいろいろな書類を保護者に出します。その中で学級通信、学年通信は大事な書類です。その中の、一枚の写真が見事に決まっていると、その通信はさらに愛読されると思われるのです。

デジカメの隆盛により、簡単に写真を撮ることができるようになりました。ほとんど何も考えずにシャッターを切れば、見事な写真ができあがります。しかし、ここに写真の基礎基本が理解されていたら、さらに素晴らしい写真がその紙面を飾ることになるでしょう。

今回の明日の教室では、研究者、教育者でありつつ、写真家である塩澤一洋さんをお招きして、写真講座を開催します。子どもを撮るにはどうしたらいいのか。おまけに、秋の京都を舞台にして風景を撮るにはどうしたらいいのか。これを理論とワークショップで展開します。ああ、なんて贅沢なんだ(^^)。

さらに、凄いことが二つ。

1)株式会社リコーさんの提供で、コンパクトデジカメを25台ほど貸し出しをしていただくことができました。先着順です。申し込み欄にご記入ください。

2)京都橘大学の学生は、準備片付けなど手伝うことが前提で、参加費が無料になりました。チャンスを掴むようにね。

なお、参加者のみなさんにお願いです。

1)デジカメをご持参ください。一眼レフでもコンパクトデジカメでも、携帯電話に付いているものでも構いません。ご自身がいつも使っているものが良いかと思います。

2)当日はDVDの撮影があります。撮影された写真、肖像権はDVD作成に関わってご協力いただくことになります。よろしくお願いいたします。

講師のプロフィールです

塩澤一洋(しおざわかずひろ)
成蹊大学法学部教授
政策研究大学院大学客員教授
写真家

1990年代から、ポートレイト、結婚式、風景などの「きらきら」を写し続けている。日本、韓国、米国で、写真集、書籍、雑誌の表紙や記事に多数の写真が掲載されているほか、複数の写真展に委嘱出品。Apple社の前CEO、スティーブ・ジョブズ氏を撮影した写真は多くの媒体に掲載されている。写真撮影に関するセミナーやワークショップにも講師として多数登壇しており、最近では9月から10月にかけて、「GR DIGITAL×Macであなたの写真が変わる!!」と題して、福岡から札幌まで全国のApple Storeで8回講演。

『月刊MacPeople』に「一語一絵」を連載中。
2004年から書き続けるブログ「shiology」は月間十数万アクセス。

1993年慶應義塾大学経済学部卒業。95年同法学部卒業。2000年同大学院法学研究科博士課程単位取得退学。同年成蹊大学法学部専任講師。助教授、准教授を経て08年より教授。04年から政策研究大学院大学客員教授および財務省研修所講師、10年から慶應義塾大学非常勤講師を兼務。専門は著作権法、知的財産法、民法。

この他、03~07年に東京大学先端科学技術研究センター特任助教授、05~07年に米国スタンフォード大学ロースクール客員フェローを歴任。また02年から現在まで、カンボジア王立法律経済大学で学生及び教授陣に講義をするボランティアを続けている。

ブログ→ http://shiology.com/
twitter→ http://twitter.com/shiology
Facebook→ http://www.facebook.com/shiozawa

おまちしております(^^)。
お申し込みは、
http://kokucheese.com/event/index/20545/です。

« 琵琶湖の朝 インターバル撮影から動画 | トップページ | 秋の日のヴィオロンの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖の朝 インターバル撮影から動画 | トップページ | 秋の日のヴィオロンの »