« 『武器としての決断思考』(星海社)を読み終える | トップページ | ちょっとウルっと来た »

2011/10/07

社会のサードギアぐらいにいるのかなと思う

10/7

若い友人のY君が、スティーブ・ジョブズがなくなったことに関して、
「時代を作った方が表舞台を去り、バトンを受け取っている自分たちの世代の出番だと感じることが増えてきました。」
と書いている。

分かるなあと思う。

私は自分が30歳ぐらいになったときにこれを感じた。誰かが死んだということではなく、自分が社会を動かしていくギヤのセカンドギアのポジションになったんだなと感じた。こんなことがあった。

CMに使われている音楽が、自分の好みの曲や、これは結構マニアな人でないと知らない曲だぞという曲になっていったのを感じたのだ。CMに使われる曲は、分析してみると面白い。売ろうとする対象に応じた曲になっている。有名なのは、車のCMの曲だ。クラウン(最近はクラウンのCMは、流れていないが。クラウンの購入層はTVを見ないということらしい)とカローラ2では、違っていたわけである。で、違っていて良いのだが、違っているその曲が使われていることに驚きを感じるようになったのが、30歳の頃だ。

なんでだろうと思った。最初は、もう音楽の順列組み合わせがなくなったので、最近流行った曲を使うようになったのかなあと思った。しかし、考え直した。そうなのである。その曲を選ぶ決定権を持つ人間が、私と同じ世代になったのだと考えるようになった。そしてそれは正しいようであった。

もう一つ。私にとっては全国教室ディベート連盟(NADE)である。いや、これが設立される前の、教室ディベート研究会である。当時も教育業界には今のような閉塞感があった。だが、この研究会の設立に参加することになり、第一回の研究会でモデルディベートを担当する等、いきなり最先頭集団にいるようになってしまった。

あの時は、なんというか
(ああ、明治維新ってのはこんな風な感じだったのかもしれないな)
と思えたのだ。
(俺たちが、突っ走れば良いんだ。俺たちが突っ走ることが、日本の教育に風穴をあけることになるかもしれない)
と思えたのだ。
それが、30歳の頃だ。

いま、改めてなんとなく考えてみると、社会のサードギアぐらいにいるのかなと思う。私はバトンを受け取るという感覚もあるが、実はラグビーの方が感覚としてはしっくりくる。

先達から受け取った楕円のボールを抱えて前に進む。自分のできるギリギリのところまで前に進んで、その後、そのボールは後ろから走ってくる若者に託す。後ろに投げる。教師の仕事はこのラグビーそのものだと思っているのだが、人が生きていくということもまさにこれなんだろうなあと、最近強く思う。

勿論、もう少し前に進もうと思う。いや、まだまだ前に進もうと思う。
私が先達から受け取ったそのボールをもう少し前に運ぼうと思う。

ただ、その時が来たら後ろから走ってくる若い仲間に、パスをしたいと思う。スティーブ・ジョブズのとんでもない前進と、とんでもない価値のボールは無理だが、私にしかできない前進と私にしか作り出せない価値のボールもあるはず。そこに進もう。

Y君の文章に触発されて。

« 『武器としての決断思考』(星海社)を読み終える | トップページ | ちょっとウルっと来た »

コメント

池田先生、ありがとうございます。
社会のなかでの自分の世代の位置づけのようなものが、年齢とともに変わってきて、次第に重くなっているのを感じます。

これまでのバトンを受け継ぐこと。
それでいて縛られず、自由に未来を描き、叶えること。

その二つがとても大切で、偉人たちの足跡をしっかり踏まえながらも、でも足跡だけを見ているのではなくて、同じ場所に立って、彼らが見ていた景色をこそ見なければならないと感じています。

精進していきたいと思います。

久しぶりに拝読致しました。CMに使われている音楽について、私も同じ事を考えていました。その曲が流れると思わずテレビを振り返って見てしまう。そして、「この曲を聴いていた世代がこの製品を購入できる年令になったってことね。」と、時代の流れを感じます。
今年も人事に関する書類を書く時期になりました。現場で働けるのも残り10年を切り、残りの年月は自分の持つノウハウを次世代に伝えるのが仕事だと思っています。異動希望を出すか悩みどころです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『武器としての決断思考』(星海社)を読み終える | トップページ | ちょっとウルっと来た »