« 社会のサードギアぐらいにいるのかなと思う | トップページ | 体育の日。ハッピーマンデー。大学は授業がある »

2011/10/11

ちょっとウルっと来た

10/9

Photo

指導すること運営することは、それこそ随分とやったが保護者として参加する運動会は初めてであった。こんなに楽なんだと思った。勿論、お客さんたちが大変だったら困るが、先生の仕事の大変さを改めて思うのだった。

親として参加の私は、とにかく怪我をしないこと、させないことである。自分が怪我をしないためには準備運動が大事。親子リレーに参加したが、準備運動がメイン種目であるかのように私は入念に行った。娘(4)と一緒に走るのだが、娘の勢いが良くわからなかったので足手まといにならぬよう、急かさぬようにと気を使う。

中学校と違うなあと思ったことは、いくつかあった。

1)殺気立っていない。
2)ストーリーがある。
3)早い。

1)入場門に子どもたちが集合すると、保護者もカメラを持って集まる。それで問題がない。また、席取りもあったようだが、いざ始まってみるとカメラを構えた人たちが自由に動いている。譲り合って撮影している。

中学校の場合、生徒席に卒業生や他の中学校の生徒が混じって面倒を起こすことが多いので、生徒席と一般席は厳密に分けることがほとんどだ。だが、幼稚園は違うなあと感じた。

2)運動会が、一つの物語になっている。三つの組があって冒険の旅に出るという設定。途中にゴリラさんがいて、おなかをすかしていたので玉のご飯をあげる。これが玉入れ。実になるほどなあと思った。ファンタジーの世界が運動会も包むのかと驚く。

3)当たり前だが、子どもの競技なので一つ一つの演目の時間が短い。あっという間に終わっていく。運営する方としては、これはいいなあf(^^;。

改めて良かったなあと思ったのは、娘の人間関係が見られることだ。家で幼稚園の話題として出てくる友達の顔が良くわかり、じゃれ合っている姿も見ることができた。なるほどなあと思うし、なんか安心。

小中学校でも、この姿を保護者に見せるというのは大事だなと思う。

私はカメラを持って懸命に競技に参加する娘の姿を撮り続けた。また、同じマンションの子どもの姿も。幼稚園によっては保護者のカメラが駄目だというところもある。私には信じられない。その理由は、しっかりと目で子どもの姿を見て欲しいからだという。写真は業者を入れて写真は販売するからいい大丈夫とのことだ。

それはそうなんだろうけど、実際は場所取りの混乱排除とかが目的だろう。業者を入れたら高いし、親にしか見せない表情は撮れない。こんなデジカメで便利な時代なのにねえ。

娘は、ちょっと笑ってしまうぐらい一生懸命であった。
「お前も、一生懸命だったねえ」
と私の母に言われた。こういうところは良く覚えているようだ。そして、こういうところも遺伝するのかなあと思った。ちょっとウルっと来た。

夕方、ヨットハーバーを通り抜け近所のガーデンに娘と散歩に行った。
『あれ? バラさんのところに何かあるよ?!』
と話すと、嬉しそうに恥ずかしそうに向かっていく。
「あ、お手紙!」
封筒に入ったお手紙を娘は発見。
中には、運動会一生懸命がんばったねという内容のお手紙が入っていた。バラさんからである。

『頑張ったのをバラさんもどこかで見ていたんだね』
「うん!」
『よかったね』
「うん!」

その後、近くの温泉に娘と一緒に向かう。
長い一日を振り返りながら露天風呂に入る。
そこに、琵琶湖で打ち上げられた花火が目の前に広がった。

出来過ぎの一日であった。


« 社会のサードギアぐらいにいるのかなと思う | トップページ | 体育の日。ハッピーマンデー。大学は授業がある »

コメント

ウンウンと頷ける内容でした。
先生も私と同じ普通の親だなぁ(笑)
うちは三脚禁止で、目でしっかり見て、拍手をしてあげて下さいと言われますよ。なかなかそうはいかないんですが…。
公立保育所の為か業者だって入らないのに。

小さい子供達の一生懸命さや、成長ぶりをみると感動します!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会のサードギアぐらいにいるのかなと思う | トップページ | 体育の日。ハッピーマンデー。大学は授業がある »