« 2011年4月10日 - 2011年4月16日 | トップページ | 2011年4月24日 - 2011年4月30日 »

2011/04/22

仁和寺 御室桜

4/22

今年も京都の桜を愛でて回った。四月は新年度なのでそれはどこでも忙しい。大学でも兎に角忙しい。しかし、今年の桜は今年しか咲かない。だから、愛でたい。

桜は、見てあげなければ美しくならない。これは子どもと同じだろう。子どもも見つめ続けなければ、しっかりと育たない。だから、(何がだからなのか、今ひとつ繋がっていないが)桜を愛でて飛び回った。

この春、最後の桜は、仁和寺の御室桜だ。

仁和寺と言えば、国語関係者は兼好法師の『徒然草』をすぐに思い浮かべるだろう。52段である。

引用開始 ーーーーーーーーーー

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。

少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。

引用終了 ーーーーーーーーーー

(仁和寺ってそうとうアホなお坊さんがいるんだなあ)
と思っていた子どもの時代の私。しかし、これは寧ろ逆なんだろうなあと思う。今風に言えば、京都大学の先生にも関わらずおかしな奴がいるなあって感じだろう。

その当時の学問の最高峰であった仁和寺のお坊さんなのに、こんな間違いまでしてしまうんだなあという感じだろうか。

嘗て、私は仁和寺よりも、仁和寺から石清水八幡宮までいくにはどのぐらい掛かるのかが知りたかった。そして、極楽寺と高良(神社)を確認したいと思って、仁和寺をスタートにして、石清水八幡宮まで車で移動したことがある。

車でも結構な距離なのに、歩いたら凄いんだろうなあと思ったものだ。「年寄るまで」ってことは老人だろうしなあと。(今Googleで調べたら、歩けば4時間ですね。便利だ)

で、私は仁和寺に入ることなく、ただ石清水八幡宮に移動して、極楽寺と高良(神社)を確認して、「山」を上ったので、仁和寺は今回が初めての体験。

これが凄かった。
江戸時代から続くと言う御室桜。200本を越えるこの桜の林。サトザクラの一種で、八重のぼってりとした薄紫色の桜であった。

1

桜はバラ科でありながら、香ることがない。

と思っていたのだが、この御室桜はかすかに香るのである。その香りに導かれて桜の林の中を歩く。観音堂や五重塔と一緒に収まるその桜の姿は、本当に見事一言。

Photo

京都の桜は、この仁和寺の御室桜でフィナーレを飾ると言われるが、わかるわかる。

閉園の17:30までじっくりと、この春の桜のフィナーレを楽しませてもらった。

2

とは言うものの、あと、大学のサトザクラと比叡山の桜も楽しもうとする私であったf(^^;。

2011/04/20

伝える極意 再放送 4/21と4/28

明日から再放送が再び始まります。五回目かなあf(^^;。ありがたいことです。
良かったらご覧下さい。

NHKから連絡がありました。

「伝える極意」第2回、放送のお知らせです。
周りの方にも紹介して下さい。
よろしくお願いします。

「1分間で思いを伝える~スピーチ~」
本放送:平成23年4月21日(木) 9:55~10:10 NHK教育テレビ
再放送:平成23年4月28日(木) 9:55~10:10 NHK教育テレビ

○内容
小学校の朝の時間などでよく行われる1分間スピーチ。
「話す内容が見つからない!」と困ったことはありませんか?
今回、スピーチの極意を教えてくれるのは、
学校の先生を目指す大学生に授業のやり方を教えている
京都橘大学准教授の池田修さんです。
番組は、どうしても話すことが見つからなかった男の子と
出会うところから始まります。
池田流の極意で、男の子は、話したいことをすぐに見つけ出します。

○池田流スピーチの極意
・頭の中の材料を出す
・聞く人を意識する
・書き方に悩んだらパターンを使う
・練習は自信を生む「伝える極意」第1回の放送のお知らせです。
周りの方にも紹介して下さい。
よろしくお願いします。

○感想やご意見をお聞かせ下さい。送り先は2つあります。
1)番組ホームページ
 http://www.nhk.or.jp/gokui/のご意見・お問い合わせへ
2)NHKのホームページ
 http://www.nhk.or.jp/css/goiken/index.htmlにアクセスし、
「メールでのご意見・お問い合わせ」の「メールフォームはこちらへ」から書き込んで下さい。

頂いた感想やご意見は、番組の作りにどんどん活かしていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

※この番組は、インターネットでご覧頂けます。
 番組ホームページhttp://www.nhk.or.jp/gokui/の「番組をみる」をクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

2011/04/19

その事象はもう一つの顔を見せる

4/19

Sakura

桜吹雪。

美しい日本語をあげよと言われれば、この言葉を挙げるだろう。桜と吹雪は季節の違う言葉である。この二つの言葉が複合語となって一つの言葉になっている。本来出合うことのない言葉が出合っている。別の言い方をすれば、単語そのものが俳句で言う所の「二物衝突」をしているのだ。つまり、単語そのものが俳句ということがいえるかもしれない。

この強い風を伴った雨で、京都のソメイヨシノはどんどん散ってしまった。

「サヨナラ」ダケガ人生ダ

井伏鱒二は「勧酒」の一節を訳したが、桜の散り際、桜吹雪の中に立っているとあれこれ思うのである。

嘗て、東京にいた時に伊豆半島に出かけたときのことである。
干物のお土産を物色していたときに、見かけない干物を見つけたビーフジャーキーの大きな感じの干物である。

ビーフジャーキーが海産物のお土産コーナーにあるというのは変である。なんであろうかと尋ねてみた。すると、それはイルカの肉の干物だと言うのだ。勿論味見をする。美味しい。

「そうなんだよねえ。可愛いんだけど、美味しいんだよね」

と店の人は言うのである。

今年の桜は、美しく見える。
それは、開花の直前にぐっと寒かったからと言われている。そうかもしれない。この、寒さとの対比が美しさを生み出しているのかもしれない。

だが、やはり震災であろう。

震災の悲しみが、この桜そのものの切なさを揺さぶっている。そして、桜の美しさを「支えて」いるように思えてならない。

一つの事象の中に、二つの相反する価値が含まれている時、そしてその表側の面の中にちらりと裏側の面が見える時、その事象はもう一つの顔を見せる。


2011/04/18

春の日を娘(3)と過ごす

4/18

Imgp9674
(上賀茂神社の斎王桜)

春の日を娘(3)と過ごす。

娘は、おかあさんが大好きで何かと言うと「おかあさんが」と言って私ではなくお母さんを求める。機嫌のいいときと、用事のあるときだけ私にスリスリしてくる。うーむ、とても3歳とは思えないのである。

最近の娘とのあれこれ。

朝、チョコレートドリンクを飲み残した娘。

『ちゃんと飲みきりなさい』と言うと、
「とっておいて」と。
『じゃあ、おひな様に飲んでもらうか?』
まだ飾られているおひな様に向かって言う。
「うーん、でも折角綺麗な唇なのに、チョコレートが付いてしまうからお願いしない」と。

事情を知らないお母さんが飲みました。

ひらがなをマスターした娘は、次のターゲットとしてカタカナを選んだようだ。
「カタカナのお勉強のプリント作って!」
と懇願する。そりゃまあ作りますけど。その道のプロですから。娘専用のオリジナルのプリントを作りますぜ。

本人は文字が読めるのが楽しくて仕方がないようだ。
書き順なんて無茶苦茶で、うわああという字もあるが、好き放題に書かせている。

そうだよな、楽しいんだよな、新しいこと知るってのは、本来。

お雛様を片付けさせない娘。どうしようかと、作戦を練る。ひらがなが読めるようになったので、お雛様から娘へのお手紙を書くことにした。
「お雛様の国に帰るので、お母さんと一緒に片付けてね」と。
この手紙を朝書いて、お雛様の横に置く。さ、この作戦が功を奏するか?

お雛様からの手紙を読んだ娘は、泣いてしまったf(^^;。

が、その日の午後、意を決して
「お片付けする!」
とお雛様と暫くのさよならをしました。

桜の花びらを手提げの紙袋にいっぱい拾って来て娘にプレゼント。「吹雪!」と言って遊んでいる。外でばら撒いても風流な「ゴミ」にしかならないのが良い。春爛漫である。

桜吹雪が気に入った娘は、「吹雪しながら、ご飯食べたい」と言い始める。おままごとを設定して、私は桜吹雪役。娘は、美味しそうに自分で「料理」したものを「食べる」。春爛漫である。

午後からディベートの入門講座があるなんて、信じられない私であった。

娘の描いた絵や文字がだんだん溜まって来た。これをスキャンスナップでPDFにして保存する。保存すれば、元の絵はさよならしても良いはずだが、それができない。なんのためのスキャンスナップ化かと思うが、できない。

まったく娘ってのは、父親にとってはたまらんなあf(^^;。

« 2011年4月10日 - 2011年4月16日 | トップページ | 2011年4月24日 - 2011年4月30日 »