« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »

2011/08/17

娘は、満員のプールのプールサイドで大声で泣き始めた

8/13

大学の事務仕事を一つ終え、肩の荷を少し降ろし、寛ぐ午前中。
『何して遊ぶ?』
と聞くと
「お絵描きして、おままごとして、折り紙作って、カプラーして、プール。あ、ご飯も食べる」
と娘。

はい、フルコースですねf(^^;。

食事後最後の一つのプールに行く。
お盆のプールはもう物凄い混雑。
プールの中で体を横にするのも難儀な位。
荷物を置く場所もプールサイドに取れず、少し離れた所になった。

しばらくして泳いでいる近くに席が取れたので、荷物を移動することにした。
『いいか? ここにずっといるんだよ。お父さんは荷物を持ってくるから』
「うん」
と娘に約束をさせて荷物を取りに行った。娘は幼児用プールで遊んでいた。

荷物を取りに行ったとき
「おとうさーん」
と呼びかける娘に応えながら。
急いでもとの場所に戻った所、娘はこっそりと幼児用プールから出て、大人用のプールに入ろうとしていた。浮力のある丸太のような棒を持ってそのまま入ろうとしていた。

(なに!)
と思ったのだが、そのまま見守ることにした。水深1.5mのプールである。一つ間違えれば溺れる。だが、見守ることにした。すると、しっかりと浮かんでいるのだ。そのことを確認して娘を呼びつけた。
『○○!』
「お父さん...」
私の顔色を見た娘は事態を察したようだった。

プールから上がったことを確認してから思い切り叱った。
その場所にいなさいと言う約束をどうして破ったのだ。
死んでしまうぞ。
約束を守れないのなら、もう二度とプールには連れてこない。

娘は、満員のプールのプールサイドで大声で泣き始めた。
関係ない。さらに、叱り続けた。
分かる。
娘は、興味があって自分一人で大人用のプールに入れることを私に自慢したかったのだ。だから、一人で入れた時は、私に自慢するような視線で私を見つめていたのだ。分かるが、それを許すわけにはいかない。

プールサイドのベンチに体を横たえさせ、バスタオルをかけて体を休ませた。そして、反省をさせた。
『分かったか?』
「うん」
『本当に危ないんだぞ』
「うん」
『きちんと約束は守るな?』
「うん」
『じゃあ、お父さんと大人用のプールに行ってみよう』
「うん」

同じことをもう一度私の見ている前でやらせてみた。すると今度は風が吹いていて浮力のある丸太は風に流されてしまう。それを取ろうとすると取れないで、私に取ってほしいとリクエストをする娘であった。
『ほら、取れないでしょ。これを取ろうとすると、この大人用のプールにどぼんとしてしまうんだよ。息が出来なくなるんだよ』
しつこくしつこく話した。

子どもは危険なものには近づかない。近づくのは、危険ではないと判断したからである。ただ、その判断が間違っているとき、悲劇が訪れるのだと思う。

成長と言うのはこの危険の克服の繰り返しの歴史とも言えると思う。
子育てとは、これを一つずつ乗り越えさせて行くことなんだなあと思うのである。

バーチャル居間の完成

8/12

朝から、大学の事務仕事をガシガシと進める。丁寧にガシガシと進める。そのまま進めれば午前中で終わる所だったのだが、今日は娘の子供会の行事がある。目の前の琵琶湖でカヌー体験が出来ると言うのだ。

東京の家は多摩川のすぐ傍にあった。今は琵琶湖のすぐ傍。どちらも電線のない広い空があって、花火もあってお気に入り。だが、圧倒的に違うなと思うのは、琵琶湖は遊ぶ場所ということ。もう少し言えばリゾートということだ。観覧船、プレジャーボート、ヨット、バス釣りの舟。もう数えきれないほどだ。滋賀は豊かだなあと思う。

ところが、目の前が琵琶湖の割には実は我が家はなかなか舟では遊べていない。子供会のこの企画は大喜びだ。自宅から自転車で5分のところの浜にタープが張られてカヌーが10艘ほど並べられていた。私はそれなりに経験があるので、準備体操だけして乗り込む。

娘を私の前に乗せ、私が漕ぐことになる。
一人の利用のカヌーなので娘には座布団を与えて前に座らせる。
『前に乗るんだよ』
と言った所、私の方を向いて座って乗ってしまったのであったf(^^;。
「かわいい!」
と女性陣に一斉に言われたが、実に可愛かった。

カヌーは風が強いとちょっと難儀だが、それがなければ実に安定した乗り物である。この日は微風。波は立っていないのでベストコンディション。パドルで湖面の表面を撫でるように漕ぐ。出ているスピードは10kmもないのだろうが、湖面がすぐ近くなので体感スピードはかなりなる。あっという間に我が家の前まで漕ぎ着いてしまった。

通常、琵琶湖側から我が家を眺めることはない。とても贅沢な気分。
「もっと漕いで」
「誰が一番かな?」
「風が気持ち良い」
と娘。
そうですか、はい、一番になれということですね。どうやってこの婉曲表現を身につけるのだろうか。不思議だ。

浜では西瓜割り。
これがないと日本の夏ではありませんな。タップリと西瓜を頂きました。

夕方に弟家族がやってくることになった。関東から岡山へ旅行に来ていて途中で立ち寄ると言うのだ。当初の予定では一気に帰るので立ち寄れないとのことだったのだが、それは無謀と言うことが分かり琵琶湖近辺に泊まるので夕ご飯を一緒にということになった。

娘も久し振りに会う従兄弟が楽しみ。
私が甥っ子を呼び捨てにするので、娘まで呼び捨てにしてしまうのがちょっとまずい。

お気に入りの湖岸のビアレストランに連れて行こうと思って電話をしたら、にわか雨でテラス席は使えないとのこと。家から見る分には降っているようには思えないのだが、仕方がない。

そこで別の湖岸の店に予約を入れる。
到着すると、かすかに降っていたがまあ許容範囲なので外のテラス席で楽しむことにする。暑くもなく虫もいなくて良い感じだった。

弟が持って来たiPad2でFaceTimeを使う。東京の実家に繋げる。
家にいる両親がそれに応える。
ということで、東京の両親と琵琶湖の息子達家族とでバーチャル居間の完成である。なんて凄いことだ。簡単に凄いことができる。

家でお茶して、弟家族を見送ってから、また大学の事務仕事。
でも、やっと終わりました。一つはf(^^;。

そして、人生は続く。

幼児用プール

8/11

昨晩の内に一気に帰って来て良かった。ここだけの講座であれば、一泊位して諏訪を楽しんで帰ってくるのだが、流石にこれだけ長く家を空けていると、帰るのを優先したくなる。久し振りに見る琵琶湖の朝の景色に心を洗う。

朝ご飯のあと、午前中はしばらく寛ぐ。
体の疲れをハンモックで溶かす。
こんなに長くハンモックに乗らなかったのは本当に久し振りだなあと思う。

昼過ぎから大学の事務仕事に取りかかる。うりゃりゃああああと終わらせたいのだが、特に丁寧に慎重にやらねばならないものなのでそうも行かず、じっくりと行う。私には向いていないなあと思う仕事。ま、仕事と言うのは向き不向きでやる部分と、向き不向きには関係なくやらなければならない部分があるのでやるしかない。

午後からはこれまた久し振りに、娘とプール。
これだけプールに行っていれば、少しはダイエットになると思いたいのだが、実際のところプールに行って泳ぐのは娘だけ。私はずっと見守るだけ。幼児用プールに浸って水風呂を楽しむようなもんだ。

幼児用プールは、憧れたねえ。
子どもを授からない時は、あのエリアだけアンタッチャブルで。別に子供用の滑り台に乗りたいとか、子どもの声の中に居たいとかではなく、あの浅いプールに体を横たえて、プールから空を眺めたかったんだよね。あ、アンタッチャブルではなくてサンクチュアリだったのか。

浮かぶのではなくて、プールに腰を下ろして空を見上げたかったんだな。でも、良いおじさんが一人でそんなことをしていたら、間違いなく不審者で通報されるからね、今の日本なら。そこで我慢をしていた訳だ。それが楽しめるだけでも娘に感謝だね。

体の疲れも溶かしてくれるプールでした。

2011/08/15

を、これが世の中の規準なのね

8/15

水棲生物の私は、プールと風呂に入り続けるのがこの夏の正しい過ごし方である。奥さんは水より山なのでこのあたりの趣味は合わないのだが、娘はどうやら水棲生物である。

夏休み、時間があるとプールと風呂に一緒に入っている。最近の水着は洋服を着るような水着だが、娘は通常のワンピースの水着。少しずつ焼いているので皮が剥けることもなく綺麗な色。

三歳までに人間の汗腺の数は決まるということを嘗て読んだことがある。三歳までを快適に過ごしてしまうと、人間の体はその快適さを規準にして体の機能を作って行くと言うのだ。

だから、三歳までの夏を涼しいクーラーの効いた部屋で育てていたら、子どもの体は
(を、これが世の中の規準なのね。んじゃあ、まあ、この位の汗腺でいいのね)
と判断して、汗腺の数を少なくしてしまうというのだ。

これが何を引き起こすかと言うと、体温調節の出来ない体の子どもを作ってしまうと言うのである。暑いとき、汗を流して体温を調節する。これが人間がアウストラロピテクスからずっと受け継いでいる方法。この機能をきちんと使えるようにすることが大事。基本スペックを磨き上げることが大事だと考えている。

だから、この三年間はなるべくクーラーを付けずに汗をかかせるようにして過ごさせて来た。娘が生きて行く地球は温暖化の方向に向かっている。日本の電力事情は不透明になってきている。

「暑いわねえ」
と言いながら汗がきちんと流れる体を娘にプレゼントしたいと思って、今日も扇風機で(なるべく)過ごす。そんな終戦記念日。

2011/08/14

8/9から8/10までの記録です。 東京ツアー3

8/9

琵琶湖花火大会の翌日の今日は、9時に家を出て、再び東京に向かう。今日は大田区の初任者研修講座の講師だ。この日は午後から120人を相手に3時間講座。行きの新幹線は、寝て行こうと思っていたのだが、翌日の講演の準備が終わっていないので、新幹線の中で仕事をしながら移動となった。

大田区の初任者研修は、小中の先生が対象。
正直に言えば、私が初任者研修を受けた時は、面白くなかった。まだ試行期間ということで行う側も何をしていいのかがよく分かっていなかったのかもしれない。退職間際の校長先生の思い出話などを聞かされることが多かった。

私は初任者の代表をしていたので、こういう初任者研修はやめてほしいと教育委員会の指導主事に申し出ていた。
『私たちが知りたいのは、今自分たちに足りないと感じていることです。例えば遠足の作り方などは全く知りません。そういう研修をしてください』
と。

願いは叶うことはなかった。そう簡単に組織は動かない。
しかし、この願いは新卒にはあり続ける願いだと思う。ま、そんなことから大学で学級担任論を開講したり、特別活動論で遠足の実踏計画書を書かせる授業を行っているのである。私もしつこいのである。

「学校で習ったことなんて、全く意味がなかった」
「大学で習ったことなんて、社会で役に立たない」
「教育委員会の主催の研修なんて意味がない」
「民間教育団体なのに、面白くないなあ」

私が関わる以上、そんな思いはさせないぞと思いながら中学校、大学の授業、教育委員会の研修、研究会であれこれしているつもりだ。
研修終了後に、120人の先生方に拍手を貰う。
やはり、こういう拍手は嬉しい。

3時間の研修を終えて、おいしい食事をして、ホテルへ。宿泊者にはスーパー銭湯が楽しめるホテルで、ゆったりと汗を流す。

さ、明日は前半最後のお仕事だ。

8/10

大井町のホテルを後にして、長野県は下諏訪に向かう。
(ま、大丈夫だろう)
と思って予約はしていなかったのだが、大井町のみどりの窓口で聞いてびっくり。長野に向かうあずさ号の指定席は満席だと言うのだ。流石に夏休みである。

ただ、講演の仕上げをこのあずさ号の中でしようと思っていた私には死活問題。新宿駅に向かう山手線を一本前に乗るようにして、慌てて新宿駅に向かう。

新宿駅ではもう既に自由席の席を待つ為の列が結構長くなっている。
(う、まずいかも)
並んだ所に、あずさ号が入線。
(さ、どうなるか?)
と思ったが、なんとか窓際の席を確保することができた。よし、準備ができる。

動き出してからMacBook Airを取り出すも、しばらく車窓を眺める。東京を離れて6年目。中央線の車窓から見える景色も随分と変わった。国立駅も高架の駅になったし、立川、八王子の駅周辺も随分と変わったなあと思いながら。6年と言えば、小学校に入学した子どもが6年生になる年月だからなあ。

八王子でまたまた乗車。自由席は通路まで人。明らかに湖西線のラッシュアワーよりも混んでいるf(^^;。この辺りから真剣に準備を始める。2時間の乗車だ。最後の最後までこんなことをしているのもなんだが、このスケジュールでは仕方がない。ここまで倒れないようにやってくるためにはこの時間を活用するしかなかったんだなあ。座れなかったことのことを考えると恐ろしいが。

甲府あたりから車窓の緑が濃くなる。中央高速道路から見ていた景色とはちょっと違うようにも思える。日本の暑い夏の緑が目に心地よい。

下諏訪駅まで迎えに来てもらい、本日の講演と講座の会場に向かう。長野県の民間教育研究大会である。長野県の民間教育研究会の年に一回の総会で今年は、53回目になると言う。53回も続いているのが凄い。そこに私が招かれていいのだろうかと思いながら、呼んでくださるならと思って伺った。本来ならば、この時期は授業づくりネットワークなのだが、先に声をかけてくださったのが長野の方なので、こちらに行くことにした。

会場は諏訪湖を臨むホテル。諏訪湖は東京にいた時にドライブで出かけたところだ。懐かしさを感じた。

今回の私の講演のタイトルは、「困難な今を乗り切る教師の仕事術」ということ。うーむ、なんでこんなタイトルの講演を引き受けてしまったのかと思うのだ。それは私が知りたいf(^^;。数日前に行った野中信行先生の「仕事術チェックリスト」http://nonobu.way-nifty.com/blog/2011/08/post-ab16.htmlでは、30点にいくかどうかの私であったのだからf(^^;。

それでも2時間、タップリと話す。参加者は100名近く。それもほとんどが私よりベテランの方ばかり。やや恐縮したが何が困難なのか、それはどう解決すべきなのかについて語った。担当の方からは「2時間でこんなにあれこれ教えてもらった講演は初めてです」と言われてしまった。

その後、ワークショップを一つ。ディベートのワークショップをと言われたのだが、2時間だとかなり大変なので、言葉遊び系のワークショップを行った。4時間立ちっぱなしというのは、長期ツアーの最後にはやや体にこたえた。阪神タイガースの気持ちがわかった。

講座修了後、一泊する予定だったのを変更してもらって帰宅することにした。乗り換えを調べてみると、22:00台に帰れることが判明。
翌日の仕事や娘(3)の顔を思うと、これは一泊するよりは帰宅した方が良いと判断したのだ。電車が出るまであと70分位あったので、ホテルの温泉に浸からせてもらう。

露天風呂で手足を延ばし、疲れをほぐす。
諏訪湖の上に昇って来た月を眺めて、琵琶湖の月を思い浮かべたりしながら。

車内での弁当購入は厳しいんじゃないかと思い、コンビニで弁当とビールを購入して列車に乗り込む。塩尻まで20分。名古屋まで2時間。名古屋から40分で京都。京都からさらに自宅まで電車という列車の旅だ。ビールを飲んで弁当を食べたら、あっという間に寝ていた。そりゃあ、そうだ。

家に帰った。娘の寝顔を見た。
長い長いツアーだったなあと思った。
今日だけで電車に乗っている時間だけで5時間と少し、講演と講座で4時間。
こういう仕事の仕方は、もうやめなければなあとも思ったf(^^;。

無事終えられて感謝。出会った皆さんに感謝であった。

新型MacBook Airにした アップルワークスの再生

8/13

新型MacBook Airにした。OSはLionである。SSDを大きくして11インチはそのまま。この小ささは実に心地よい。感覚としてはあの名機NECのモバイルギアと変わらない。

Macの場合、今まで使っていたマシーンから新しいマシーンに乗り換えるのが実に簡単である。本当にびっくりする位簡単である。

1)新しいMacを立ち上げる。
2)今ままで使っていたコンピュータからデータ、設定を使うか?と聞いてくるので、それを使うとする。
3)そのまま1時間位待つ。
4)AppleIDのパスワードを入れる。

以上である。今回はOSがメジャーアップグレードしたのでどうなるかと思ったが、実に何事もなかった。娘とプールに遊びに行っている間に終わった。これでデータ、アプリケーションの移動、メールなどの各種設定が終わっているのだ。

ところが、今回一つだけ問題が発生していた。
それは私のメインアプリの一つ「アップルワークス Apple Works」がサポートされていないということなのである。これは非常に困った。今までの私の実践記録や教材作成はこれで行っているので、これが開けないと、私がやってきたことがすべて使えなくなってしまうのだ。

あれこれするのだが、開けない。後継アプリケーションのiWorksにあるPagesで開こうとしてもダメ。ネットで調べてみても載っていない。寧ろOS Lionをダウングレードして使うしかないというような記事ばかり見つけてしまった。

(ああ、もうだめか。なんか私の半生を否定されているようだなあ)

と思ってしまった。Macにこういう感情を持ったのは初めてである。悲しいなあと思いつつ、ふと思った。(塩澤さんだ)。Mac使いの塩澤さん@shiology ならと思ってDM してみた。殆ど神頼み状態で。

そしたら、見事に解決したのである。それも実に簡単に。この情報は共有せねばならない情報だと思い皆さんにご紹介する次第です。頂いた情報をそのまま載せます。

引用開始 ーーーーーーーーーー


Pagesはインストールしてありますか?
体験版ではなく正規版です。

そのあと下記のようにしてください。
・AppleWorksの書類(どれでもよい)をクリック(シングルクリック)して選択。
・ファイルメニューから「情報を見る」します(command + I でもOK)。
・「このアプリケーションで開く」のプルダウンメニューから、pages.appを選択
・すぐ下に「すべてを変更」ボタンがあるので、クリックする

以上です。
お試しください。



引用終了 ーーーーーーーーーー

これだけです。今朝、祈るような気持ちでやってみました。実に簡単に開きました。開いた後、Pages書類で保存でオッケーです。いやあ、本当に凄い。塩澤さん、ありがとうございました。

ということで、快適に新MacBook Airを使い始めた池田でした。

« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »