« 2011年9月4日 - 2011年9月10日 | トップページ | 2011年9月18日 - 2011年9月24日 »

2011/09/17

本日、再起動した

Img_9954

9/17

『論語』や『風姿花伝』を年に一回ぐらい読み直す。真剣に読むと言う感じではなく、ぱらぱら見直す感じで読み直す。何歳の時には何をしているなんて部分を読むと、自分の規準が感じられて良いかなあと思って読み直す。

「四十にして惑わず」

不惑を迎えた時。
分かったことがある。これは私ではないということだ。孔子先生は40歳で不惑だったのだろう。が、当たり前のことに気がついた。私は孔子先生ではない。無理である。

惑うことなく、一本の道を造ってその上を堂々と歩んで行きたいとは思う。ははは。無理である。私にはそんな人生は待っていないのであった。

凄い人、偉い人は過去には沢山いて、今の世の中にも沢山いて、これからも生まれてくるだろう。私はそんな人とは違う。頭の中では分かっている筈なのだが、どうもそこに規準を置いてそこから自分の人生を見てしまう。

そして、あーあとなる。
そんな偉い人と比べても何の意味も無いことは分かっている。
比べるのは過去の自分とである。
もっと言えば、今朝の自分と夜の自分でどれだけ良くなったか。
いや、ひょっとしたら今朝の自分よりも悪くなっていないかの確認かもしれないがf(^^;。

俺は何をしているんだ。

そんな思いを抱くことが、この夏はとても多かった。
そんな夏もこの三連休で終わって行くだろう。

本日、再起動した。
浮上する為に藻掻いた。
私のような貧乏性の人間は、藻掻いているのが似合っているかもしれない。
半歩、いや一歩ぐらい前に進んだと思う。
藻掻いたお陰だ。

藻掻いて、藻掻いて、その結果、絡まるのを恐れるようになってはダメだ。
藻掻いて、藻掻いて、良い結果を待つしか無いだろう。
藻掻いた分だけ、あれこれ考えなくて済む。
私が思うこと等大したことは無い。
現実はもっと単純に、またはもっと大胆に展開するだろう。

うしゃあああああああ。
うりゃりゃりゃりゃりゃあああああ。

まったくもって落ち着くことを知らない私だなあf(^^;。

維新の教育条例案に異論噴出、陰山委員「間違っている」

9/17

陰山先生が、頑張っている。
本当にそうだと思う。
先生は、学校教育現場のスピリッツを持ったままだなあと思う。

大阪の教育が良くなりますように。

http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201109160035.htmlらら引用開始 ーーーーーーーーーー

維新の教育条例案に異論噴出、陰山委員「間違っている」

大阪府の橋下徹知事が率いる地域政党「大阪維新の会」が府と大阪市の9月議会に提出を予定している「教育基本条例案」について、16日に開かれた定例の大阪府教育委員会会議で異論が噴出。なかでも「百ます計算」で知られ、学力向上を掲げる橋下知事の要請で教育委員に就任した陰山英男委員が、教員の管理を強化すれば現場がよくなるという発想は根本から間違っているとして、「(可決されれば)辞めますよ」などと激しく反発した。

 約90分の話し合いのうち、大半を条例への反発と疑問が占めた。

 特に異論が相次いだのが、一定の比率の教員に最低評価を行わなければならないなどと定めた管理強化の規定。陰山委員は「あの先生を辞めさせたいといういじめが始まる」「評価者の方向ばかり向く教員や、一部の保護者とつるむ教員も出てきます。(現場は)むちゃくちゃになりますよ」などと反対理由を述べ、「これで学力が上がりますか、先生のやる気が上がりますか」と訴えた。

引用終了 ーーーーーーーーーー

2011/09/16

講座案内 9/23 明日の教室 琵琶湖でカヌー&ジャグジー

P9060299

9/16

明日の教室の恒例になりました夏のお楽しみイベント。琵琶湖のカヌー体験。
運動が苦手なあなたも大丈夫。カヌーは極めて安全な乗り物です。

電線のない広い空を独り占めに。
湖面ぎりぎりからのアングルはまたこれが格別。

午前中に簡単なレッスン。午後にカヌーツーリングに出ます。
風向きによっては対岸まで往復できるかもしれません。

これがお弁当とプールとジャグジーがついて、2000円。
驚きでしょ?

お待ちしております。

http://kokucheese.com/event/index/17615/

写真は、カヌーの後に入るジャグジーとカヌーを楽しむ琵琶湖です。

2011/09/14

日本の先生、働き過ぎ? 事務作業長く OECD調査

9/14

以前、学級事務職を導入すべきであるという記事を書いた。
学校の教員は授業以外で忙しくなっており、それを解決するには学級の事務をする事務方が必要だという考えだ。

http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2010/12/post-114d.html

twitterのログも纏めてもらっている。

http://togetter.com/li/81822

で、とうとうOECDからも言われてしまった。OECDと言えばPISAが有名。ここでランクが上がった下がったで一喜一憂している。確かに大事な側面もあるが、同じ0ECDなら、これもきちんと大々的に取り上げてほしい。

引用開始 ーーーーーーーーーー

日本の先生、働き過ぎ? 事務作業長く OECD調査

 日本の先生は先進国の中で勤務時間が長いことが、経済協力開発機構(OECD)が13日に発表した調査結果から明らかになった。ただ、長いのは授業ではなく、事務作業の時間。負担が重い一方で給与は減る傾向にあり、教員の質を確保する手立てが課題になっている。
 調査によると、日本の小学校の先生の勤務時間は、2009年の時点で年間1899時間。データのある調査対象国21カ国の中で米国に次いで2番目に多かった。ただし授業に費やす時間は707時間で、OECD加盟国の平均を72時間下回っており、授業以外の事務作業などの時間が勤務時間数を押し上げていることがうかがえる。
 一方で給与をみると、05年の水準を100とした場合、平均は7ポイント上昇していたのに対し、日本は5ポイント下がっている。OECDの調査担当者は「日本は仕事の負担は重いが、報酬は恵まれていない。優秀な人材が集まり教員の質を上げるような対策が必要」と話す。

http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY201109130560.html

引用終了 ーーーーーーーーーー

これ、本当に恥ずかしい話だ。
教育を大事にする国ならば、一刻も早く改善しなければならない。

2011/09/12

家族と言う言葉を、四歳の娘は覚えた

9/12

プール三昧の娘(4)。私もプールは好きなので基本的には問題はない。ただ、私の場合は、これに読書とビールが加わるのも好きである。iPhoneで音楽を流し、ニュース拾い読みし、怒った鳥をやったりしながらだらだらと言うのも好きである。

だが、娘は兎に角遊ぶ。
そして、ちょっと休んでいると、
「見て、見て!」
となる。
そりゃあまあ安全の為に見ているが、ずっと見ているわけにも行かない。

子どもを授かっていないときは、子どもと遊ぶことを楽しみにし、子どもを授かってからは、自分の時間をほしがる。いやあ、実に我侭だ。

プールが終わってから夕陽を見に行こうという話をする。
すると、
「えー、昨日も行ったのに。行かない」
と。
『行こうよ。綺麗だよ』
「だから、昨日も行った」
『だって、昨日もプール入ったでしょ?』
「あ、そうか」
『お父さんとお母さんは、○○ちゃんが好きなことをしている時、ずっと一緒に遊んであげるでしょ。その時、お父さんとお母さんはやらなければならないことや、やりたことを我慢していることもたくさんあるんだよ』
「...」
『お父さんは夕焼けを見たいの。○○ちゃんもだから一緒につき合ってね。一人一人があれこれ少しずつ我慢して、みんなが楽しくなるようにするっていうのが、家族なんだよ』
「家族?」
『そう、家族っていうんだよ』
「へー、家族」

その後、娘は疲れていたこともあって、実際は連れて行かなかったのだが、家族という言葉を気に入ったようだった。

私が見た夕焼けは、これ。
この青がいいんだよなあ。

3

仲秋名月の今宵。
家族と言う言葉を、四歳の娘は覚えた。


淡路島のホテルだ

9/12

娘が1歳6ヶ月ぐらいのときに来たホテルに泊まっている。淡路島のホテルだ。そのときは、春だったのでプールには入ることができなかったが、今回はプールに入れるのである。

娘(4)も私もとても嬉しく楽しむ。
子供用プールが上品で、さらに大人プールも階段形式で深くなって行くところがあり、娘位の子どもにちょうどいい。

さらに、ジャグジーもあって、嬉しい。
屋外プールにジャグジーがあるかないかは、相当ポイントが違う。

1_2

二回目の利用だが、このホテルは気持ちよく裏切ってくれる。気持ちよく裏切ってくれると言うのは、予想している範囲の上方にサービスを提供してくれるということだ。

4歳の誕生日のお祝いということで、オフを兼ねての旅行だが、本当にいいお祝いをしてくれた。

ホテルの空気がなんというか、カラリとしていながら、しっとりとしているのだ。爽やかで丁寧という言い方もできるかもしれない。

2

夕焼けを堪能した後、食事をしていたら、料理長が海ほたるのことを話してくれた。
淡路島にある海ほたるの見学会の事かと思ったら、このホテルが独自にやっているもので、漁港に設置してあるしかけに集まっているので見に行ってはどうか?と言うお誘いをうけた。

食事後、ホテルの車で見に行った。
結果は実は残念であった。
風が強くてうまいこと海ほたるが集まらなかったと言うのだ。

しかし、もう大満足。
娘を喜ばせてくれようとするその気持ちがとても嬉しかった。
確かに、値段の張るホテルではあるが、オフにはとても良い。

来週も来たくなってしまいたくなるホテルである(^^)。


« 2011年9月4日 - 2011年9月10日 | トップページ | 2011年9月18日 - 2011年9月24日 »