« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

2011/11/04

先生。一週間に一回90分の授業では全然足りません。

11/3

近江神宮の流鏑馬を見て、午後から大学に行った。教員仲間で作っている研究会に参加するためだ。児童教育学科の教員はいろいろな民間教育団体のトップで発表をし続けて来ている人たちが多く、言ってみれば職場に行くだけで全国大会の分科会になっているという恵まれた環境にいると言えるのだ。

研究会では「なんでこんなもん勉強しなければならないんだよ」と生徒に言われたときになんていうのだろうかという話になった。『入試に出るから』進学しないという生徒には意味はない。『社会人になったときに必要だから』就職できないしという生徒には関係ない。

となると、残る答えは一つかもしれない。それは「だって、面白いじゃないか」である。新しいことを知ること、できるようになること、謎が解けること。これは面白い。教師は少なくともこの感覚を体験したことがある人がやっているだろう。だが、勉強で虐げられて来た生徒たちは、そうは思わない。

だから、だからこそ教師の仕事なのだ。(えっ、面白い!)と子どもたちに思わせるのが教師の専門性であり、教師の存在意義である。役に立つ立たないということは、ちょっと横においておいて、面白いと思わせないとそういう子どもたちは、授業に参加しようとはしない。

「いいから、やれ」というのも指導としてはありなのだが、「だからなに?」ということで全く反応しない生徒たちがいるのも事実。だったら、「だからなに?」の生徒に、「先生ごめん。面白いからやらせて」と言わせる授業を作ることを優先させるべきである。

研究会の後、国語科教育法の学生たちに模擬授業の事前指導を行う。休日だがここしか時間がなかったのだ。2時間ほど行う。このグループの授業は「文法」。指導案の書き方は先週指導済。そして、一応書いて来ている。一瞥して思った。つまらない。聞いてみた『君たちは、この授業は面白いと思う?』と。

すると、「つまらない」という。『そんなつまらない授業を作ってくるなよ』と指導。助動詞「れる・られる」に関しての授業であった。指導案は、この単語には「受け身尊敬可能自発」の四つの意味があり、それぞれの例文を出して、一つ一つ説明して、最後に練習問題を出すというもの。

確かに授業は進むだろう。だが、本人たちも言っているように、これは全く面白くない。文法の授業は、全体が分からないと部分が分からないという特徴がある。だから、助動詞一つを取り出しても、実は生徒は良くわからないということがほとんどである。だから取りあえず順番に教えようとなるのだ。

しかし、ここは挑戦しなければ駄目だ。この「れる・られる」は、同じ形をしているのに、意味が四つもあるというところが面白い。そして、文法ではここが良く問われる。「ない」「の」「た」「そうだ」「ようだ」がそうである。だからここで、同じ形で、意味が違うものあるときちんと教える必要がある。

『例えば、「先生は投げられた。」という一部文を授業の冒頭に持ってくるのはどうかな?』これだと、「られ」に受け身、尊敬、可能の三つの意味があり得る。「先生は食べられた」も三つ。そこから、授業を展開するのだ。(へー、言葉って面白いなあ)とならねば、子どもたちは先に進まない。

指導が終わった後、学生の一人が言った「先生。一週間に一回90分の授業では全然足りません。もっと、先生と授業を作る話をしたいです」と。嬉しいねえ。私はこう答えた

『自主ゼミを組織しなさい。大学の勉強の醍醐味は自主ゼミだよ。学びたいものを仲間と一緒に自主的に極めようとする。懸命に勉強した所で、単位は一つも出ない。これがいいんだ。私も教育に関しては大学時代は自主ゼミで鍛えていただいたんだよ。あんなにやったのに、単位は出ない。これがいいんだよな(^^)』

面白い授業を作る。その一歩目を彼ら彼女らは文化の日に踏み出しました(^^)。

今日の授業の中で、私はミスをした

11/2

本日の学級担任論は、少し授業のことも。いま教育実習の巡回指導していることから、授業が気になっていることもあって。先週私が行ったこの授業は、予定通りに進んでいなかったことから話し始めた。授業はやりたかったことと、出来たことの差があるものである。目標を立て、計画、準備してもずれる。

これは仕方がない。子どもの反応や理解によってその場で変わってしまうことはある。思ったよりも理解が出来ていない子どもがいたり、興味を示したりしたらそこはもう少し深くやるし、先に進むこともある。遅れる子どもはその後指導し、進んだ子ども達には発展課題を与えていく。それが授業だ。

だが、研究授業になると、ここまでは終わらなければならないという思いで、子ども達の理解が不十分だろうと、話が盛り上がろうと指導案の通りに進めようとしすぎてしまう。気持ちは分かるが、それは違う。研究授業も一つの授業である。指導案からずれてでも必要ならばやるのだ。

その後、「指導案と授業が違いましたね」と指摘を受けるだろう。そりゃあそうだ、違うんだから。その通りにやったってずれることはあるのに意図的にずらしているのだから。ここで大事なのは指導講評を受ける前である。この前に、通常は自評ができる。そこで「○○のようにするつもりでしたが、××になってしまいました。どうしたら、○○のように授業を展開することができたのでしょうか。よろしくご指導ください」と言えば良いのだ。私はそう考えている。指導を受けるポイントを自分で設定してしまっていいと考えている。勿論、言い方は謙虚にとは思うが。そうすれば、自分の問題点を十分叩いてもらえる。自分が必要な指導が受けられる。

で、今日の授業の中で、私はミスをした。ミスをしたのだが、一旦それはそのまま流した。そして、その後そのミスの解説をした。何のミスをしたかというと『全員立ちなさい。小グループを作ります。4人、または5人になります。出来た所から座ります。はい、どうぞ』と指示を出した。その指示でミスを作ってしまったのだ。

グループを見て歩いたのだが、そのときには気がつかなかった。アクティビティが始まってから6人のグループが3組いることに気がついたのだ。(まずい)と思ったが、ここは流して、アクティビティが終わってから学生たちに問うた。『私のミスに気がついた者?』と聞いたが、それに気がつく者はいなかった。

私は、『4人、または5人になります』と指示を出しておきながら、6人のグループを結果的に認めていたのである。ここが間違いだということに、学生たちは気がついていない。『これをそのままにしておくと、(なんだ、あの先生の指示は守らなくてもいいんだ)と子ども達が思うようになるのだ』と話した。『机をつけなさい』と指示を出したら、徹底させる。3cm離れているのであれば直ぐに戻る。しかし、これを見逃し、5cm、10cmとなったらもう元には戻しにくい。これは子どもが悪いのではない。指示を徹底できなかった教師が悪いのである。

『だから、先生の指示は徹底しなければならないのだ』と説明を重ねた。この説明は授業の予定にはないものであった。今日の授業の予定もズレた。だが、誤解のないように今日の私の講義メモを見せながら学生たちに話した。『ズレるから準備しなくてもいいというのではない。準備は十分にすること。間違えてはならない。準備してあるからずれるのだ』と。

その後、今日の講義の中心テーマの学級内グループ(公的、私的)の種類と特徴と、学級内の人間関係について分析の仕方を扱った。なんとか予定していたものは終えることができた。ああ、良かった。学級担任論、15回じゃ、少なすぎる。

2011/11/01

髭じいさんと学習指導案の書かせ方

11/1

Kagiroi

『AさせたいならBと言え』(岩下修)は、名著である。子どもにAをさせたとき、Aしなさいと言ってもダメで、Bしなさいと言って、実質的にAの内容をさせるのである。プール指導で、体の力を抜きなさい(A)と言ってもダメで、お化けになりなさい(B)と言うと、体の力が抜けるというものだ。

今日の教職総合演習では、学生たちに手遊び、歌遊び、手品などのこねたを披露させた。ちょっとしたものを数多く持っておくことは、教育実習では大事なのでそれを披露し合った。私はそのときの指示の出し方などに指導を入れていた。立ち方、声の出し方、指示の順番、一時一事の法則などを確認した。

その中で、改めて凄いなと思ったのが、「とんとんとんとん、ひげじいさん」である。幼児はミュージカルの世界にいる。なんでも歌って踊っている。学生たちには、「君の動作を30分間、全部歌と踊りで表現してみよ」というやれればやってみよの指示を出すが、子どもはこれをやっている。

髭じいさんをやると、子ども達はすぐに喜んでやる。歌、動作(踊り)があってすぐに乗ってくる。この髭じいさんが凄いのは、髭、こぶ、鼻、眼鏡、頭の上と手の位置がだんだん上に上がることだ。そして、最後に「ひらひらひらひら、手はお膝」となるのが凄い。

手が上にだんだん上がると疲れる。だから、「ひらひらひらひら」と降りてくると、子どもは嬉しい。そして、安心して「手はお膝」に落ち着くのだ。この歌は、「手を膝に置きなさい」というAを実現させるためのBの歌なのではないかと思うのだ。実に優れていると思うのだ。

今日の国語科教育法2では、学習指導案の書き方についてあれこれ。項目の説明、例えば評価の基準と規準の違い等は先週やっておき、今週はそれを受け手行った課題を振り返った。学習指導案を書かせたのだが、何を元にしたかと言えば、私の出演したNHK教育テレビ「わくわく授業」である。

作文の書かせ方についての巻である。この作文の書かせ方については、前期の授業で学生たちには指導してある。その内容のちょっと古いヴァージョンで指導したものが、このH16に行った「わくわく授業」の収録である。この授業の内容をPCで見られるようにし、その内容を学習指導案にさせた。一週間かけての課題である。

通常、学習指導案の書き方指導は、ある教材を与えて、それを学習指導案の形式で教材研究させるというのが一般的ではないかと思う。だが、これは結構難しいと考えている。そこで私は、実際の授業を見せて、それを学習指導案の形式に落とすことで学ばせようとしている。

今は、例えば野口芳宏先生の授業のDVDなどが、簡単に手に入る。その授業を学習指導案の形式でまとめさせるというのは、いい勉強方法ではないかと思うのだ。追試という方法をさせる前に、学習指導案のひな形の中で授業を見させるのだ。書き取らせるのだ。

これだと教師と生徒のやり取りも具体的に書けるのでやりやすいはずである。自分の書いた指導案を仲間たちと読み合って、自分のものと比較検討をすることができる。同じ授業を見ながら、観点が違うことが分かる。自分が何を大事にしているのかも分かる。

そして、何より、このDVDは授業者が私なので、彼らが学習指導案を書いた後で抱いた授業に関する疑問は、私が確実に答えられる(^^)。また、おまけとして収録時の裏話や、メディアリテラシーとしての考え方も示せる。これも結構面白い。

この「わくわく授業」収録は二週間にわたった。一週目が作文で、二週目がディベートであった。進路指導主任としての仕事がピークの時の収録でもあったので、二週間で5キロ以上痩せたのを覚えている。だが、このタイミングで残しておいて良かったなあと思う。人生は面白い。さ、頑張ろ(^^)。


2011/10/31

秋の日のヴィオロンの

10/31

Yukei

中学校の教師の時代にずっとやっていたことは、実はそんなにないかもしれない。生徒の様子を見て、あれこれ一番良いものは何かと考えてやっていたので、一貫してこれというのは、実は書写とこれぐらいしかないかなあとも思う。そのこれとは、「アンソロジーノート」である。

俳句の授業をするとき、季節に関わらず四季それぞれの俳句を教科書に従って教えるのが、どうもすっきりしなかった。勿論短歌も。折角日本には四季があるのにまとめて教えるのは勿体ないなあと思っていた。

そんなことを思っていたら、高校のときの日本史の先生、増田先生のことを思い出した。それが大学生で塾の教師をしているときのこと。増田先生は、ロシアに抑留されこれからの日本を担う若者をきちんと教えるには歴史だと、歴史の先生になられた方だ。

私がであった高校三年生のときは、脳梗塞の後遺症があり、片足を引きずり言葉もうまく出ない感じであった。にも関わらず、休み時間は教室にいないで、階段の踊り場で次の授業を待っていられた。職員室に戻ると授業開始に間に合わない。かといって、生徒の休み時間の中にいるのも、すまんと思ったのであろう。だから、踊り場にいらっしゃった。

その増田先生がされていたのが、「今日は何があった日なのか」という授業の導入であった。黒板の右の上の所に、近現代の日本史に関わって、今日は何があったのかをそこに書き、導入の5分、10分で語られていた。

日本史では近現代史を扱う時間が本当に少ない。しかし、教えたい。それも実感を伴わせて。恐らく先生がお考えになっていたのはそういうことだと思う。私たちはノートにそれをメモしながら聞いていた。

日本史にそれほど興味のなかった私だったが、これが私の授業に残ったのだと思う。そのシステムを使おと思ったのだ。で、塾の教師のとき、毎週やる漢字テストの裏側に、その季節、その時の事件に関わって関連のある、詩、短歌、俳句、名言を書いて生徒に渡すようにしたのだ。

これが結構好評だったので、私も気を良くしてずっと続けていた。別にそんなに難しいことではなかった。高校生のときから気に入った言葉を書き写していたノートがあったので、その中から捜して、合ったものを書いていったので。

で、中学校の教員になったとき、同じことを始めた。
授業の最初に、今日の詩、短歌、俳句ということで紹介した。それを書くための専用のノートを用意させた。アンソロジーノートである。三年間教えると、200位の作品を教えることができる。

不易流行である。
不易の言葉と流行の言葉がある。
流行の言葉は、生徒が勝手に身につける。しかし、不易の言葉は教え込まないと身につけない。そして、不易の言葉は中学生には良くわからない言葉である。

だから、私が、
『いいから覚えろ』
と言って彼ら彼女らの身体に埋め込んでいった。定期考査のたんびに、覚えさせた。
時間のフィルターを経て残っている言葉は、中学生にそのときに分からなくても、必ずその子どもの人生の過程でなんらかの意味を持つはずだという思いを持っていた。

宝の言葉を彼ら彼女に埋め込めば、やがて輝きだすと思って教え込んでいた。

今日、研究室から奇麗な夕焼けが見えた。
写真を一枚とって、
「秋の日のヴィオロンの」
とキャプションをつけた。

そしたら、N中の卒業生がtwitterで、Z中の卒業生がFBでコメントをしていた。次のフレーズが出てきたというのだ。彼女らの身体の中には残っていたのだ。上田敏が訳したの『海潮音』の「落葉」である。

こんな報告が聞けるのは、やはり一つの教師冥利だなと思う。
そして、増田先生にありがとうございます、と生徒として思うのだ。


« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »