« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »

2011/11/10

学習指導案まで売っているのね

11/10

うーん、ちょっと驚いた。
学習指導案まで売っているのね。

http://www.happycampus.co.jp/docs/963203737164@hc08/19274/

確かに、追試という勉強法があるわけで、その追試のためには本を買う訳で、買うということに関しては同じだ。ただ、勿論、追試の場合は、最初の実践(原実践)を示し、それを直す場合には修正実践と明記する。

しかし、この学習指導案販売で手に入れた学習指導案は、どう扱われるのだろうか?
中身を見ていないので、断定は出来ないが、このサイトにアップロードしている人たちは匿名であり、日付や学校名等を記入する所は空欄になっていて、書き込めるようになっている。つまり、ひな形になっていると考えられる。

であれば、この資料を参考にして授業を作るということは考えにくい。
まして、卒業論文など、その使い道は言うまでもないだろう。

学習指導案の書き方を指導されたことのない学生が買うのか、卒業論文の書き方を指導を受けたことのない学生が買うのか。高い大学の授業を払っているのだから、大学の教員に指導を受ければいいのになあ。

折角大学に行っているのに、考えるチャンスを自ら失っている。
はあ。

2011/11/09

「被ばくはどう伝わったか ―平和絵本・児童文学への入口―」

【展示紹介】「被ばくはどう伝わったか ―平和絵本・児童文学への入口―」

本学の図書館と児童教育学科の共催の企画です。丸木美術館から原画をお借りしています。無料です。是非、お立ち寄りください。http://bit.ly/uzm8cH

高松に向かう 「日本生徒指導学会第12回大会香川大会」

11/6

Img_2830

シャワーを浴びて気持ちを整えて、新幹線、マリンライナーを乗り継いで高松に向かう。香川大学で行われる「日本生徒指導学会第12回大会香川大会」の中での香川大学教育学部附属教育実践総合センターとの共催の講座を行うためである。

昨年は、「伝えるということ」というテーマでお招きいただいた。今年は生活指導に関して。『こんな時どう言い返す』の講座をお願いされた。国語と生活指導と二つのテーマで読んでいただけるとは嬉しい。

瀬戸大橋を渡って香川に向かう。
しかし、この橋を渡るのに別料金が掛からないというのはいいなあと思う。
馬鹿みたいに窓にへばりついて海を眺めていた。
美しい景色、良いなあと思う。

講座の参加者は当初想定していた若手教員ではなく、それこそベテランの先生、指導主事、管理職、研究者がほとんどになっていた。70人ぐらいの参加者。
(私が話しても良いのだろうか?)
と思わず思ってしまった。が、まあ、現状に最善を尽くすしかない。2時間の講座に力を注ぐ。

感想を見る限りでは、及第点を頂いたようだ。
自分でやる授業はいいのだが、こうしてお招きいただいてやる講座というのは、未だにどうもどきどきする。それは昨日も同じだ。読んで下さった方の顔に泥を塗ってしまうことにならないかと心配する。自分のことであれば、大概のことは上がらない私も、人様が絡むとやや緊張することもある。

講座には、教え子も来ていた。来年の春から高知の小学校の先生に合格した卒業生。本当は、香川県の書道の先生に合格した卒業生も参加するのだったが、仕事で来れず。これは残念。また、縁があって学生時代から私の講座を受けている小学校の講師の先生も(この先生も春から正規教員に合格)参加。こうして顔を見られるのもいいものだ。

講座が終わってから教え子とお茶をする。本当は懇親会にもと思っていたが、香川から高知は高速バスで2時間は掛かる。ちょっと無理なのでお茶をする。そして、高松の町であれこれする。忙中閑ありだ。

この日の懇親会も楽しかった。懇親会なんだから楽しいだろうと思うかもしれないが、そう簡単なことではない。私を読んで下さったS先生のお人柄に包まれながら、そしてスタッフのみなさんの暖かさに包まれながら、私は幸せだなと思うのだ。このスタッフの中で一緒にお酒が飲めるってのはねえ。人生の中でたった二日しか同じ時間を過ごしていないのに、こういうおつきあいをさせていただけるなんてね。

また、新しくお会いした先生が、私の大学の大先輩だということも分かった。まさか、香川で院友に会うことになるとは。嬉しいことだ。

締めのうどんを食べて、幸せに爆睡。


(この船はどこに向かうのだろうか?)

11/5

そうそう、大阪の講座に向かう日の朝焼けがとても綺麗だったな。
(この船はどこに向かうのだろうか?)
と思ってしまった。
係留されいてるヨットなのに。

Img_2765


「第5回中学校・学級づくりセミナーin大阪」に登壇

11/5

Img_2811

大阪で講座。「第5回中学校・学級づくりセミナーin大阪」に登壇。中学校に絞って、学級づくりに絞ってセミナーというのはストライクゾーンが狭い講座だ。これを堀さんらが、中心になって今年は全国で展開している。その関西版にお招きいただいたというもの。

中学校の教員が担う仕事というのは、私は実に多岐にわたると思っている。授業の他に進路選択とクラブ指導と生活指導があり、そこに生徒の思春期とが関わってくる。本当に大変な仕事だと思う。しかし、国の教員養成の柱は小学校教員養成であって、中高はどちらかというと主流にはなっていない。

だから、こうして中学校のことは、自分たちでやるしかないような感じがある。

講座を終えて、懇親会。
中学校教員のカラーの良く出た懇親会であった。
とても懐かしい感じがした。
つい、飲み過ぎてしまった。

この世界観を懐かしがっているだけでなく、きちんと世の中に翻訳しなければなあと思うのであった。

ホテルに戻り、高層のバーに一人で出向き、これからのことをあれこれ考える私であった。
ま、考えていたら寝てしまったんだけどね。


« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »