« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

2011/11/18

このところ文学づいている

11/18

このところ文学づいている。

学校教育で文学を扱う意味については良くわからないこともある。私は文学は「危険」だと思っている。そんな危険なものを学校教育で扱うってのは、文学を飼いならしてしまえということなのかなあと思うことがもある。

だってねえ、いい文学の授業をすれば、それは限りなく文学の危険性に近づくことになる訳で、そんなことを学校教育を通して推奨していいのだろうかと思うのだ。だとすれば、文学を飼い殺しにする授業を期待しているか、そもそも良い文学の授業なんて君たち教師には出来ないだろうと高をくくられているかではないかと訝っている私なのである。

ま、
「池田。お前は、文学が分からなくてよかったな」
とほめられているのだか貶されているのだかわからない言葉を恩師から頂いた私ではあるが。

昨日は京都府立高校の国語科の研究授業にお招きいただき、授業を拝見した後合評会で話をさせてもらった。この日の教材は「こころ」。言うまでもなく夏目漱石の作品で、高校の国語の教材の定番の一つである。私は「こころ」で授業をしたことはない。だから、教材研究もしたことがない。そんな私が講師でいいのかとも思いつつも、三年間のプロジェクトの締めくくりということで、出掛けていった。

私は「こころ」の作品を通しての教えるべきポイントなどは、現場の高校の先生には敵わないと思う。ただ、授業の作り方や進め方、また、生徒と同じように先生の指導言で授業を受けての体験からの話はできる。ここをベースにすることでお引き受けした。

授業の場面はKが自殺する所であった。
人の授業を見ると勉強になるものである。自分ならこういう構成で、こういう展開で行うだろうというところを、違う構成で違う展開で進めるのを見ることが出来るからだ。私の進め方が良いのか、それともこの授業が良いのか。はたまた別の選択肢があるのか。あれこれ考えながら授業を見るのは、授業をする人間にとって実に勉強になることである。

授業の中の発問の一つは、Kが自殺したのはいつか?であった。作品の四十八の部分には「土曜日の晩」とある。では、時刻はいつごろ? 授業者は「真夜中」と説明するのだが、その根拠を示さなかった。
(ははあ、これを考えさせるのだな)
と思い、私は生徒になったつもりで懸命に文章を読んだ。すると、「洋燈が暗く点っているのです」という部分を発見。
(うーん、まあ、点けたときは明るかったのだが、暗くなったということは、ランプのオイルが足りなくなったか、芯が短くなった。つまり、時間が経っているということを示す描写ということなのかな)
と思いながら作品を読んでいった。

こういうのが面白いところだと思う。そして、そういう思考を促すような発問を教師は考えるべきなのだと改めて思った。

1)Kが自殺したのは、土曜日の晩のいつごろか? 根拠を示して答えよ。
2)「洋燈が暗く点っているのです」という描写は、何を示しているのか。答えよ。

の二通りが考えられるが、生徒の実態に合わせてどちらかの方法を選択し、授業を展開してくことになるだろう。

帰宅後、授業を拝見して出て来た私自身の疑問が解決しないので、あれこれ考えて調べて、知り合いにメールで聞いたり。実に面白い。教科書の本文に書かれている事実に即して、それを根拠として採用することを通して、読み込んでいく。

帰宅後、私自身の疑問が解決しないので、あれこれ考えて調べて、知り合いにメールで聞いたり。実に面白い。教科書の本文に書かれている事実に即して、それを根拠として採用することを通して、読み込んでいく。

この面白さを、授業の中で子ども達にさせたい。味合わせたい。
教師の説明ではなく、指示と発問で実感させたい。
(自分一人で読んで来たときには、そんな風な物語だったとは全く思わなかった)
と授業を通して生徒が物語から再発見をするような授業をしたい。
そして、一人で再発見ができるような力を育てて上げたい。

で、今朝、連続ドラマの「カーネーション」を見た。
これは私の中での最近のNO1の「ちりとてちん」と同じ位良い連続ドラマである。脚本の良さ、演出の良さ、役者の演技の良さなどがうまいこと回っている。

今日は主人公の糸子が独立を決意して父親とやり合うシーンが一つの山場だった。父親に反抗してビンタを食らうシーンだ。そのシーンに至る前から二階に荷物を取りにいく場面まで、TV番組では非常に珍しい長回しのシーンで構成されていた。

勿論、これは場面の緊張感を崩さないために、ビンタを食らった糸子の頬がだんだんと赤くなることを見せるために、セーので長回しで収録しているのだと思う。takeいくつで収録しきったのか分からないが、もし失敗したら糸子の頬の赤みが消えるまで待って収録しなければならないことになる。その位緊張のあるシーンだ。

twitterなどでこのカーネーションの記事を読むと、見ている人が誰に自分を投影して見ているのかが分かって面白い。主人公は糸子なのだが、糸子の父親、母親、おばあちゃん。それに神戸のおじいちゃん、おばあちゃんなどに姿を投影し、自分と自分の家族を重ねながら見ている。

まさに、文学の醍醐味だなあと思う。
例えば、父親を演じる小林薫さん。この父親の評価は分かれていて面白い。

1)糸子の将来を潰す、最低な父親として見る人。
2)実は糸子の将来をプロデュースしている戦略的な父親として見る人。
3)寺内貫太郎一家の父親のルーツはここだなと見る人。
4)向田邦子さんの『父の詫び状』の父を重ねて見ている人。
5)お母さん(麻生祐未)に甘える気の弱い男と見る人。

一つ一つの姿は父親であり、父親ではない。その集合体が糸子の父親なのだ。多面であるということが人物であり、その多面性を引きさす脚本と演技が、この小林薫さんのお父ちゃんの正体なのだと思う。そしてさらに、このカーネーションに出てくる登場人物達が同じように多面であるってのが、名作の予感をさらに醸し出しているのだと思う。

で、カーネーションを堪能し、一息ついてたら、twitter上で国語の先生仲間と文学教育談義が始まった。特に座の文学をどう考えるかということについて。日本のトップレベルの国語教師とこうして簡単に意見を交わすことが出来る。

この凄さをどう表現したらいいのか。
ありがたいことだ。

東京に行く準備を整えて、京都駅に向かう。さらに、コンソーシアム京都に向かう。学生達の指導だ。来週の月曜日に行う模擬授業の事前指導だ。実は一回やったのだが、教材を変えることになり、もう一度指導をお願いしますということになったのだ。

ところが、もう私には時間がない。
あれこれ考えた結果、東京に向かう新幹線に乗るその1時間前なら、1時間だけ指導の時間が作れると分かったので、京都駅前で指導することにしたのだ。

学生時代、私の同級生は書道の授業を喫茶店で補講してもらったという話を聞いたことがある。國學院大学の佐野光一先生からだ。
(まったく、佐野先生も良くやるよなあ。面倒見がいいなあ)
と思っていたのだが、まさか自分がこうしてやることになるとは。
人生は面白い(^^)。

で、扱う教材は物語文。つまり小説、文学だ。
昨日の高校の研究授業の合評会で話したことなども関連させつつ、指導。
学生達は、続きをやりに大学に戻り、私は新幹線のホームに向かった。

『先生、文学とは何でしょうか?』
大学時代に漢文学の恩師の吹野安先生に伺ったことがある。
「池田。生き様や、生き様」
とご指導を受けた。はっきりと覚えている。

先生がわざわざ「生き様」とおっしゃったのだ。これは「死に様」から出来ている言葉で、通常は間違った日本語として扱われる。そんなもの文学の先生がわざわざ間違って「生き様」と使う訳がない。だからこそ、「生き様」という言葉が私の中で響いた。

(のたうち回って生きていくようすを言葉で表すこと。これが文学なのか)
(俺は、そんな文学を生涯の仕事の対象の一つとして相手にしていくんだなあ)

と思ったのをはっきりと覚えている。

今年の秋は、私にとっては文学の秋なのかもしれない。


2011/11/16

で、何が三つ重なる? 何が三つ重たい?

11/16

Tu_2

出張で三重県に出掛けていた。
普段さほど関わりのある所でもないので気にしていなかったのだが、三重という文字を見ていて、
(さて、何が三つ重なっているのだろう?)
(いや、三つ重たいものがあるのか?)
と興味を持った。

ちょっと調べてみると、元々三重県の県庁所在地は四日市にあって、そこに三重郡というところがあったそうな。そこから県庁所在地は津に移るのだが、その名残があってか三重という名前を県の名前にしたようだ。

で、何が三つ重なる? 何が三つ重たい?
と思って調べていたら、これは水(み)辺(へ)だという。鈴鹿川の辺りという説があるのだそうだ。ということは、重なってもいないし、重くもないということなんだな。へー。

私たちが生まれる前から社会は当たり前のような顔をして存在していて、私たちがこの世からおさらばしても存在する。だから、当たり前すぎて気にもしないことは沢山ある。この三重県という地名だって200年前にはなかったわけで、今後どうなるかもわからない。

さらに、今ある三重県という名前の由来だって、取りあえずでも知っている人は、さて、どの位いるのだろうか。私は関東の「ことばめがね」を持っているので、関西のあれこれが面白い。面倒くさいというよりは、面白い。

知るって楽しいねえ。
写真は、紀伊半島から望む太平洋の「かぎろひ」。
写真左側に、関空が微かに見えます。

2011/11/15

学級作りは実は学習集団を作っているのだ

11/15

Photo
(もう菜の花がありました)

教職総合演習の授業は、学生達が教育実習に行ってしまっているので変則的なメニューで行う。実習から帰ってきている学生たちの実習報告会のような形式で行った。本学の児童教育学科の実習は三回生で行っている。三回生で行うことで、実習後にそれを踏まえて学ぶ時間を確保したいという思いからだ。

実習後に、自分たちが学んできたケースを元に具体的に考えるというのは、実に良い。自分だったらどう指導するのかという感じになる。他人事ではなく、我が事として授業に参加するようになる。今日もそうであった。今日はa.子どもとの関係づくり、b.喧嘩の後の指導の仕方、c.進度が違いすぎる子ども達への一斉授業のあり方、d.叱ることで子ども達が実習生から先生に見方が変わって心強く思われてきたことなどについての発表があった。それぞれに対して質問と意見が出され、私からも考え方を出して議論を重ねた。

例えば、a では、子どもと関係を作るには?ということに関して、「子ども達とよく遊びなさい」という指導を受けたという話があった。それは何なのであろうかということである。子ども達と遊ぶことで教師は何を得ているのか。子どもの人間関係や遊んでくれる良い先生という評価ということはある。だが、大事なのは子どもの理解なのだ。

その子どもが何を考えていて、どうなりたいのかということを理解することが大事。できれば、その子どもの生育環境も理解したい。そして、その上で人間関係を見る。そのときに、教師は適切な距離感を保っていることが大事。ここが遊ぶ時のポイントなのだという話をする。これをしつつ学級作りを進め、その上に授業作りを行うのだ。

現実は、4月の始業式の段階で、どんな子どもを担任するのかは分からない。だから、学級作りを進め、その後に子どもを理解し、人間関係を理解しという順番になる。理想の学級集団を目指しつつ、現実の子ども達の様子を見ながら修正を重ねて行くのだ。つまり、授業は最後になる。

嘗て、そう東京で言えば20年ほど前は、教師が教室に入れば、教室は私的空間から公的な学習空間にまだ変わったし、わざわざ私は先生であるということを子ども達に認めさせる必要もなかった。子ども達も、教室では児童生徒であった。それは社会がそのように認知していたからである。

しかし、今は、教室に先生が入ってくると「何?」という態度を示す子ども達がいる。その子ども達は児童生徒になっていない。まずは、そこで教師と児童生徒の関係を作らなければならない。学級を作らなければならない、学習集団を作らなければならない。その上に、授業が乗る。

若い先生に授業が大事だと言うことを教えるのは分かる。いや、若い先生たちも分かっている。だから授業を懸命にやる。でも出来ない。そして言われる。「教材研究が足りない」「指導言が良くない」と。確かにその通りになのだが、順番が逆なのではないだろうか? 良い授業が良いクラスを作るではない。

良いクラスだと、良い授業が出来るではないだろうか。特に小学校はそうだと思っている。ある程度力量のある先生であっても、自分のクラスでないクラスで突然授業をすることになると、まったくうまく行かないことは珍しくない。それは授業の力がないのではなくて、クラスへの理解、教師と児童生徒との関係がないなかで授業をすることになるからだ。

ある程度力量のある教員でもこういうことは珍しくない。そうであれば、若い教師に先ず授業だとするのは、おかしいことが十分に分かるだろう。学級作りは学級の組織作りであり、生活集団作り、子どもの居場所作りであるのだが、学級作りは実は学習集団を作っているのだ。学習をする土台を作ることができていなくて授業を進めることはできない。

先ずは、クラスを安定させることだ。授業はすぐには上達しない。ただクラスは、いくつかのポイントを押さえて指導すれば、後は若さで乗り越えられるクラスを作れる。持ちこたえられる。私はそれを教えたいと考えている。

その後、残りの3つに付いてもあれこれ話しあって、今日の教職総合演習3は終了。国語科教育法2の模擬授業の授業に続くのでありました。

第一部のアーサー・ビナードさんの演目は「ことばめがね」

11/13

本学の人間発達学部のシンポジウムに出掛けて来た。"21世紀の人間発達学Part2
「詩の力―世界を読み解くリテラシーを育む」"だ。第一部が詩人のアーサー・ビナードさんの講演。第二部が本学人間発達学部のお二人の先生を含めてのシンポジウム。一言で言うと、手前味噌のようであるが、とても良かった。

実は、アーサーさんと私はかつて同じ番組に出演した(私の回とアーサーさんの回は収録が別なので、実際に会ったことはない)ことがあり、私は一方的に親近感を持っていて控え室にご挨拶に伺ったのだが、事情を説明したらとても喜んでくれた。

第一部のアーサー・ビナードさんの演目は「ことばめがね」。
私も中学生達に良く説明していた。
『眼鏡をしている人は、眼鏡を外してみれば分かる。世界は何も変わっていないのに、あなたが眼鏡を外すだけで、全く違って見えるはずだ。つまり、ものの見方を変えるだけで世界は別世界になるという一面があるのだ』
と。

アーサーさんは、これを日本語と英語でやっていた。
たとえば、目玉焼き。
勿論、卵を割ってフライパンで焼く料理である。英語では、サニーサイドアップという。ま、これはその通り。しかし、よく考えてみると「目玉」焼きである。アーサーさんは、気持ち悪くてしばらく食べられなくなったという。

日本人は、あれが目玉焼きという料理であって、まさか目玉を焼いているというイメージはない。さらに、サニーサイドアップであるからして、卵は太陽の比喩で語られているが、日本語では「月見うどん」のように、月の比喩で語られているということに気がついて面白かったという話をしていた。目玉焼きからサニーサイドアップへは大丈夫だが、サニーサイドアップから目玉焼きというのは駄目だというのも面白い。

他にも、原子力爆弾、原子力燃料、クリーンエネルギーと言葉がその本質をくるんで見えなくしてきたことや、TPPはなぜTPPとして報道されていたのか、その本質は何なのかなど、言葉に関わって本質的な話をとても分かりやすくしていた。

私は眼鏡を掛けると外すで、世界の見え方の違いを説明していたが、アーサーさんは、日本語と英語の眼鏡を掛け変えることで、物事の本質を掴もうとすることを話していた。そして、そのことで発見できたことを、詩という形にして表現することが詩人としての私の仕事だと話していた。

言葉で物事を考える。
言葉の精度を上げることが、考えの精度を上げることになる。
当たり前のことを、再認識させてくれた時間だった。

2011/11/14

実に分刻みの一日だった

11/10

本日は、教育実習の訪問指導だった。これだけならいいのだが、実に分刻みの一日だった。いつもは娘の園バスを見送ってから大学に出掛けるのだが、今日は娘に見送ってもらって先に大学へ。

一限は模擬授業の事前指導。「ちょっと立ち止まって」を教材にする。これ、実は結構難しい。学生たちはどうしてもトリックアートをメインに授業を作ってしまう。それも、生徒が初めて見ることを前提に作る。しかし、通常教科書を貰ったらぱらぱらと見るのが子どもたちだし、そうでなかったとしても、授業が始まる前に
(なんか面白い絵があるぞ)
ということでこの絵を見てしまう。

だから、指導案で生徒が授業の瞬間に初めて見ることを前提にした設定で授業を作ってはならない。ならないにもかかわらず、今までこの教材で授業を作ろうとして来た学生は、みんなその設定で作ってくる。これで授業をすると、ま、付き合いの良い生徒はまるで初めて見たかのような対応で、お約束ということで授業に「参加」してくれるが、通常は
(んなもん、もう分かっているじゃん)
という態度で、授業を投げ出す。そういう意味で難しい教材なのだ。

かつて、私がこの教材を扱っていた頃は、まだトリックアートのネタがそれほど世の中に広まっていなかった。だから、教科書のこの絵だけでもけっこういけた。しかし、今の世の中、グーグルにトリックアートと打ち込んで画像検索すれば立ち所にそれは目の前に現れる。先生が隠して隠して本番で、「ほーら、面白いだろ?」とやっても、(別に。知っているし)という世界になっている。だから難しい教材なのだ。情報の格差で授業を作ることが実はとても難しくなってきていると考えて良い。

であるからして、絵に振り回されることなく、この文章の中にある文言をきちんと読むということが、この教材では特に必要になってきたと考えられるだろう。いや、インターネットで様々なトリックアートを取り出して、その共通項は何なのか、どういう分類が出来るのかということを考える授業もあるかもしれない。何れにしても、一筋縄では行かない教材になったのは確かだ。

で、どういう扱い方が可能なのかのヒントを言って、この指導はおしまい。

二限は卒論ゼミ。粗い文章を書いてきているゼミ生がいて、少しイライラする。概念のレベルが揃っていないのに気がついていない。または、論じようと予告してある文章に論じる内容が呼応していない。ちゃんと書いてきたのかと?思う。本人に確認した所まだ途中だという。

そうではない。卒論は確かにまだ書き終わっていないが、ゼミで揉んでもらう文章は、そこの部分においては完璧なものを目指して仕上げてこなければならないということを理解していない。私はそんな指導をしていたのかと自己嫌悪。だが、そんなことを言ってられない。厳しく再指導。

例えば、論じようと予告してある文章に論じる内容が呼応していないでは、「~について、以下の4つの項目を○○は指摘している」と書き、その4つの項目を挙げた後に、それぞれを論じて行くのに、4つ目がない。それは私にとっては非常に気持ちの悪いことなのだが、気持ち悪くないらしい。

『あのね、「飴を4つ上げるよ。赤、青、白、緑の飴ね。じゃあ、はい、赤のイチゴ。青のソーダ。白のミルクの飴ね」と子ども達に言ったら、暴動になるぞ。それと同じことをこの文章でやっているの分かる?』というと、ああ、と分かる。まだ、文章に向き合う真剣味が足りないのだと話す。

文章を書くとは、考えるということ。だから、卒業論文が大事になってくるのだ。一生のうちで、こんなに長い自分の文章に向き合うまとまった時間というのは、多くの学生にとってここが最後になる。じっくりと考えさせたい。

昼休みにゼミの続きをやり、次の模擬授業担当者の予約を受付け、顧問をしている野球部の幹部交代の挨拶を受け、教務委員の仕事をして、生協で慌てて昼ご飯を片付け、教育実習訪問指導先に向かう。

しかし、まあこういう忙しいときにちょっとしたトラブルは起きるものだ。E91の調子がおかしい。エンジンにアラートが出ている。アイドリングのときに振動が大きい。
(あ、やってもうたか?)
コードが一本切れたんだなと思った。6気筒のうち一つが動いていないような感じだ。あと5気筒あるから動くが、乗り心地は全然駄目。気持ちを落ち着かせながら、小学校に向かう。

模擬授業は、70点の出来だった。とても良かった。その70点のうち、60点が子どものが担当だがf(^^;。とても良い子どもたちであった。授業者は明るくテンポの良い展開と、メリハリのある声。これは良かった。授業が進んで作業に入る。
「班になります。どうぞ」
と言ったら3秒後に、クラスのすべての子どもたちが4人の学習班を作っていた。もの凄く質の高い小学校3年生であった。

今日の授業は同音異義語、同訓異字の使い分けについての授業であった。見ていると、もうすでに分かっている子どもは答えを言い、分からない子どもは考え続け、要領のいい子は辞書を見て答えるというようになっていた。つまり、分からない子どもは分からないままという授業になってしまっていたのだ。

ゲーム形式で授業を作っていた。問題を作り合ってそれを解き合う形式の授業だ。が、個人で考えること、全体で考えること、調べて考えることの指示が適当であったり、作業のための時間が予め示されていなかったりで、見ている方はヒヤヒヤであった。ではあるが、子どもたちに支えられてこうして成立してしまう授業ってのは、あるものだなと改めて思った。

その質の高い児童に支えられて、それなりの授業が出来てしまっているところに問題があることを、授業後に1時間ちょっとかけて指導した。子どもの良さに支えられすぎて授業が成立しているということはどういことで、どこをどう直せばより良くなるのかということを指導である。

その後、慌ててBMWのディーラーに向かう。イグニッションが1気筒やられていることが判明。在庫があるというのでその場で交換してもらう。ちょっと値は張るが、やはりディーラーは便利だ。

小一時間で颯と直してもらい、シルキー6を楽しみながら、いつもよりは早い帰宅であった。今日は教務委員の仕事も一山超えたし、ちょと寛ごう。

正倉院展に向かう

11/8

正倉院展に向かう。http://narakanko.jp/j/ivnt/ivnt_data/ivnt117/
正倉院展は、言うまでもなく天平文化の宝物を年に一度、この時期だけに見せてくれる展覧会である。奈良国立博物館で開催である。東京にいるときは、まあ、無理だったが関西にいるのでありがたく見ることにする。

1250年前に実際に聖武天皇らが使っていた、あれこれが目と鼻の先で見られるってのは、本当に凄いことだ。若い頃はあんまりその凄さに驚くこともなかったが、だんだんその凄さを再認識する。

考えてみれば、世界で発掘される遺物は、そう、まさに発掘されるということなのである。土の中に埋もれていたものが発掘されて展示されることはあるが、こうして室内に保存されながら1250年も現存しているものというのは、世界にもないと思われる。

土に埋まっていないので、その品々は風化することもなく、溶けることもなく、あるのだ。錆、酸化、こけ、カビなどが付かないように1250年前の技術で工夫を凝らして保存し、それが目の前にあるってことは、そりゃあ凄いことだと思う。今は年に一回こうして人々に見る機会があるが、歴史の中では100年間倉を開けることがなかったときもあるというのだから、見られるのは幸いだ。

ただ、ぼーっと口を開かないように見とれたのであった。

美術館に行ったらミュージアムショップでの買い物は楽しみである。レプリカもたくさんあるし、便箋や関連書籍も多い。今回はこれもお目当ての一つ。万葉集関連の書籍と日本の色の辞典と正倉院関連で子ども向けの本とを手に入れて喜ぶ私。

そして、家にある風呂敷の大型のも手に入れた。正倉院の御物のレプリカなのだが、小型のものは奥さんが買っていたのだが、これが実に良くて大型のものも欲しいと思っていた。店にいくと、一つあった。
『えっと、在庫はありますか?』
確認したら、現物のみだという。ひえー、嬉しい。あわてて買う。

正月や結婚式にも使えて、それでいてそんなに華々しいというものでもない柄は、なかなかない。ああ、嬉しい。

で、奈良に行ったら必ず立ち寄るのが若草山。ここの夕景は見事の一言。
日の沈むまで見届ける。

幸いなことに、この日は14番目の月。
大仏殿を従えて昇る月を見ることができた。

Img_3004

大仏殿側から見るとこんな夕景。

Img_3010

頂上はこんな感じ。

Img_3025

青丹よしには、鹿は大事。

Rimg0349

また、来年も来たいなと思いながら、帰路につくのでありました。

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »