« 2011年11月20日 - 2011年11月26日 | トップページ | 2011年12月4日 - 2011年12月10日 »

2011/12/02

卒論提出に向けての日々

12/1

事務仕事のためにキャンパスをうろうろしていた。すると、卒論に向けて走り回っている学生たちに会った。去年授業を受けていた文学部の学生たちである。本学の卒論の締め切りはあと二週間後。『どうだい調子は?』と聞くとどうも顔色が悪いし、やつれている。「いよいよです」と言いながらまだ進んでいない様子。

私のゼミの学生は、卒論提出に向けて本日3名が発表。規定の2万字はクリア。あとは、精度を高めて、締め切り日までに提出というところまで来た。ところが、去年の学生はまだまだ。卒論のテーマを聞くと日本の色に関して文学作品との関わりを論じる予定とのこと。え~!それにぴったりの本がある。最近買った色の辞典だ。

事務方で打ち合わせをする時間を少し延ばしてもらって、再び研究室に戻る。そして、件の本を捜して貸し出してあげる。少し、顔色が良くなる。ああ、良かった。色の中でも青色を扱うという。青は良い色だ。だが、なぜ数あるテーマから色を選んだのか。数ある色から青にしたのかを論じろ。青の補色も検討しろなどをアドヴァイス。

事務方との打ち合わせをしたら、また別の学生とばったり。卒論指導の順番待ちだとのこと。あれこれ話して別れてから、その学生に話そうと思っていたことがあったことを思い出す。キャンパスの中で大声でその学生の名前を叫ぶ。ああ、もう図書館でも入ってしまったかな? と思ってエレベーターを待っていた。

そしたら、走ってやってきた。『すまんな。ちょっと話しておいた方がいいかなということを思い出したのだよ』『先日、教育実習の反省会で、身長の低いことを高校生に馬鹿にされたという話をしていたよな』「はい。その時には人が努力しても直らないことを馬鹿にするのではない、と指導せよと」。

『そうだ。そう言った』『それで、他の言い方も無いかなとあれから考えていて、思いついたことがあったのだが、なかなか会えなかったのでね、いま言おうと思って』「はい」『確か、実習先の生徒達は、学力が低い生徒達だと言っていたよね』「はい」『であるとすれば、こういうのはどうだ?』

『君たちは、私の身長が低いことを馬鹿にしているが、なんだかなと思う。私は努力してもこの身長が伸びることはもう無いだろう。しかし、君たちの馬鹿は、努力すれば直る。努力すれば直るのにやらないのは、いかがなものだろうか? という感じで言うのはありではないか?』
「はい、ありがとうございます!」と学生は返事をしてくれた。

これは捨て身の返答で、自分が身長が低いことを受け入れていなければ出来ない返答だ。だが、受け入れた時この返答は相手のかなり深い所に届く。恩師は、自分の運命を引き受け背負った時に、進みだせると仰っていた。私もこれは実感している。しかしそこまでは解説しなかった。

解説しなくても、この言葉の意味が彼に届いたなと思ったので、解説しなかった。四回生は大学に来ないし、卒業も近づいている。三ヶ月経ってやっと伝えられた。ほっと一安心。卒論は文章に向かいながら自分とも向き合うことになる。卒論で難儀している学生諸君、頑張れ。

2011/12/01

卒論指導の中で、学生たちにこんな問題を解かせたことがある

12/1

Img_4457

12月に入った。卒業論文の指導が佳境に入っている。
今日の卒論ゼミでは、3人がほぼ仕上がった卒論を読み上げながら、チェックを行うというスタイルで行った。本学の児童教育学科の卒業論文は、2万字程度で締め切りは二週間後というところ。今日の3人は2万字の規定をクリアしているので、あとは質の向上と期限を守らせることということだな。

卒論指導の中で、学生たちにこんな問題を解かせたことがある。

ーーーーーーー

Q「5メートルの鎖にライオンがつながれていました。さて、そのライオンは何平方センチメートルまでの草を食べる事ができるでしょう?」

ーーーーーーー

さて、答えは出たであろうか?

論じるというのは、主張に根拠を添えていくことだ。イイタイコトに、なぜならば〜だからであると添えていくこと。その繋がりに滞りがなく、矛盾も無いこと。そして、自らが立てた問に対して、答えを導く論の展開が文章でなされたとき、それを論文と呼ぶ。

卒業論文は、ほとんどの学生が最初に書く論文だ。
私が学生時代には、こんな論文の書き方の指導を受けたことは無く、テーマを相談に行ったら卒業論文のタイトルを決められておしまいという感じだった。

今でこそ、タイトルは先生が決めてくれるのはいいなと思うが、その当時は
(なんで、勝手に決められてしまうのか?)
と頭に来ていたのだがf(^^;。

で、最初の論文なのでとにかく目次案指導に力を入れる。ここで論が滞り無く流れていれば、あとは大きな失敗にはならないからだ。ここに力を入れる。

その後、学生が自信のない辺りの文章をゼミの場に持ってこさせて、3、4回生全員の前で読み上げ発表をさせる。読み上げるだけで、自分の間違いに自分で気がつくことも結構ある。滑らかに読み続けることの出来ない文章は、やはりどこかで論理が破綻していることが多い。

ところが、論理は繋がっているのだが、根本がダメだと言うことがある。それはそもそも論証できないでしょというものを論証しようとしているものが、ときどきある。そこで最初の問題の登場となる。

上記の問題の答えは、0平方センチメートルである。
問題を良く読むと、ライオンがとある。ライオンは敷地の草は食べない。ま、実際はシマウマの内蔵に食らいつき、消化の最中の草を食べるらしいが、この問題にはシマウマはいないし無視して良い。だから0平方センチメートルなのである。

このような間違いをしている場合がある。
ライオンは草を食べないのに、どれだけ食べられるかを証明しようとしているような論証である。

論証しようと思っている本には、正しいことを書こうと思っているのでまさか自分が間違って書いているとは思わない。しかし、見る人が見るとまったく見当違いのことをしていることが分かる。だから、卒論はゼミで仲間達からのリアクションをもらいながら進めることに意味があると考えている。

今日も「大幅に」という言葉の使い方について、あれこれ検討を進めた。大幅にという言葉は、何を規準にして大幅なのだろうか。どの程度になれば大幅なのだろうか。3倍に増えて大幅もあれば、10倍に増えて大幅ということもある。一つの言葉を使うとき、その言葉が何を示していて、論文の中で整合性をもって使われているかを確認する必要がある。そんな話を進めていた。

書くのは、君である。
自分の勉強したことをベースにして、自ら立てた問にすっとした答えを、論証して提示せよ。
私たち教師に出来ることは、指摘することと待つことだけである。


2011/11/29

大津の宮のあった場所に彩る紅葉

11/29

今年の紅葉は、今ひとつだと言われている。確かにそうだと思う。
しかし、滋賀の紅葉は頑張っている。

大津の宮のあった場所に彩る紅葉は、
今年は、こんな感じだ。

Photo


2


3


4


5

一枚目だけが、椛。後の四枚は楓だ。
12月の半ばまで楽しめる。

混んでいる京都の紅葉も、それはいいと思うが
京都駅から二駅でやってくる滋賀も、いいもんです。


2011/11/28

「掬い撮る」ことができるのは、教師だけなのだ。

11/28

Photo

明日の教室、塩澤さんによる写真講座が終わった。
上記の写真は、その講座のレッスンを受けての私の一枚(^^)。
ブルーモメントの京都橘大学です。
いやあ、良かった。

実はこの講座もっと多くの方が参加を申し込みされると思っていた。実際は30人程度。講座を行うには実に適切な規模なのだが、もっと多いと思っていた。写真にみなさん興味が無いはずは無いと思うのだが、それが教育とどう結びつくのかが理解しにくかったのか、写真なら教わらないでも出来ると思ったのか、用事と重なってしまったのか。

いずれにしても実に勿体ないことであった。
写真は、教育と実に相性がいいのだ。

カメラを構えていると、子ども達は
「先生、撮って!」
とやってくる。
子どもの笑顔を写してあげることが出来る。

また、当たり前だが、写真はその子どもが自分を客観視することが出来る。自分の姿を客観的に見ることが出来るのである。教師はカメラマンになって、その子どもが気がつかないその子どもの良さを写し撮ってあげることが出来るのである。

君にはこんなにいい点がある。
だけどそれには気がついていない。
ほら、こんなにいいところがあるんだよ。
と写真を示す。

その延長で、世界を示すこともできる。
世界はこんなに美しいんだ。
ほら、これがその世界だ。
と写真を示す。

それが写真のいい所なのだ。
デジカメではそれが現像や焼き付けいらないで、一瞬で示すことが出来る。
Macにつなげば、本当に簡単に写真はiPhotoで整理され、大画面でスライドショーでも見ることも出来る。

写真は実に簡単に上手に撮影できるようになったものだと思う。

私もカメラを持ってもう30年にはなるが、いまのデジカメはもうほとんど別物かもしれない。私は高校のクラブの記録係として映像を担当していた。コンサートの記録である。暗いステージに向けてフラッシュを焚いてしまうと、おかしな絵になってしまうので自分で増感現像をしていた。

トライエックスというフィルムを缶で買って来て、ダークバックで手探りでパトローネに詰めて、増感現像、焼き付けまでやっていた。だから、オートにしてシャッターを切れば、ほぼ間違いなく撮影できて、間違えてもコンピュータ側で簡単に調整できる、いまのデジカメは私には別物にさえ思えるのだ。

だから、デジカメであれば簡単に「写す」ことは出来るのである。

ところが、ということはここに大きな課題が潜んでいることになる。
どういうことなのか。

1)子どもは写りたがっている。
2)カメラは簡単に撮影できる。
3)Macにつなげば写真の整理、表示も実に簡単。

いまの教育における写真の環境は上記のようになっている。だから、簡単に「写す」ことはできると書いたのだ。ではなにが問題なのか。

何を写せばいいのかが見えるかどうかということなのである。
塩澤さんは、この講座の中でそれは「プラスの場所」だと指摘された。

実際の所、テニスのサーブのフォーム矯正のときには、それを連写で撮って「ほら、トスの位置が手前過ぎるだろ?」と弱点を明らかにする使い方もあるのだが、基本的にはプラスの場所を写し撮るということはその通りだと思う。

では、何がその子にとってのプラスなのか。
写真に写し撮ることで、その子どもにどんな発見をプレゼントすることが出来るのか。それは、そのカメラマンである教師の力量に掛かっているのだと私は思うのだ。

となると、私たちは実は子どもを見る目を鍛えなければならないのだ。この目がなければ、奇麗に写った写真ではあるが、だから何?という写真だらけになるのではないかと思うのだ。

恐らく、写真を通して子どもを見る目を鍛え、鍛えた目でさらにいい写真を撮る。
私は、実はそうやって教員として子どもを見る目を鍛えて来たようにも思っている。

教室には被写体が沢山いる。
その被写体の一瞬の煌めきを「掬い撮る」ことができるのは、教師だけなのだ。

素晴らしい一枚を子ども達にプレゼントできますように。

【講座案内】12/10 明日の教室 瀧本哲史さん

11/28

2011年最後の12月の明日の教室は、激動の2011年のフィナーレにふさわしい講座としました。これからの日本、日本の教育を考える時間を過ごしたいと思います。講師には、京都大学客員准教授の瀧本哲史さんをお迎えしたいと思います。

瀧本さんの京都大学での授業は、立ち見が出るほどの人気の授業です。それは、今をしっかりと分析し、未来を語り、未来を生きる学生達に、生き抜くための「武器」を授けているからでははいかと思われます。

瀧本さんは、最近処女作として、『僕は君たちに武器を配りたい』(講談社)と『武器としての決断思考』 (星海社新書)の二冊を同時に出版されました。出版と同時に売り切れ状態が続き、増刷が続いています。前者は真の資本主義社会をどう生きるかについて。後者はディベート的な思考について書かれています。

私は前者を読んで

「これは教師を目指す学生も必読の本でしょう。これからの世界をどう捉えるかを本書で理解し、その上でそこに生きて行く子どもたちに何を指導するべきなのかを教師は考えなければならない。」

とtwitter上に書きました。そして、瀧本さんがこれからもの凄く忙しくなるだろうと予測して、すぐに明日の教室の講座への登壇を依頼しました。予想通りで、瀧本さんはいまスケジュールが入りません。池田との十数年のおつきあいで無理を言って登壇していただけることになりました。

すでに全国各地から講座の問い合わせを頂いております。
いつもと同じく、またいつも以上に濃密な時間となるでしょう。
是非、『僕は君たちに武器を配りたい』と『武器としての決断思考』をお読みの上、ご参加ください。みなさん、お待ちしております。

なお、今回は、DVDの収録はありません。

講師の履歴

京都大学客員准教授。
東京大学大学院法学政治学研究科助手、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て現職。
マッキンゼーでは、内外の半体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定。新卒学生の採用活動とトレーニングに従事。
日本交通の企業再生、ベンチャー投資(エンジェル投資家)における実績多数。
全日本ディベート連盟代表理事、 全国教室ディベート連盟事務局長。

インタビュー記事は
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20111021/288163/
にあります。なぜか、私も出ていましたf(^^;。

お申し込みは、こちらです。

http://kokucheese.com/event/index/22577/


« 2011年11月20日 - 2011年11月26日 | トップページ | 2011年12月4日 - 2011年12月10日 »