« オフと研究で、暫く家を離れていた | トップページ | これが「仏の顔も三度まで」の指導ではないか »

2012/02/29

2012年度 ディベート甲子園論題発表

2012年度ディベート甲子園の論題が発表されました。

Img_4923

【第17回全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)論題】



中学:「日本は救急車の利用を有料化すべきである。是か非か」

*有料化とは一回の利用につき定額の支払いを義務づけることとする。

*有料化の対象はすべての利用者とする。

*収入は、自治体の一般財源とし、使途を限定しないものとする。



高校:「日本は死刑制度を廃止すべきである。是か非か」

*他の刑罰については変更を加えないものとする。

死刑制度廃止と救急車の有料化となりました。
生徒諸君が命とは何かを考え続ける半年になりますね。

この論題を通して、生徒諸君が人間的な成長を遂げますように。
主催者側の一人として願っています。

« オフと研究で、暫く家を離れていた | トップページ | これが「仏の顔も三度まで」の指導ではないか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オフと研究で、暫く家を離れていた | トップページ | これが「仏の顔も三度まで」の指導ではないか »