« 娘(4)が、木登りを始めた | トップページ | 後暫く狂乱の時間は続く »

2012/04/18

さくらに振り回される日々

4/18

京滋桜の旅は続く。
まったくだから何だということになるのだと思ってはいるのだが、貧乏性の上に、写真好きで、国語をやっているものだから桜はどうにも見ないと落ち着かない。

Sewari_2
(お弁当を食べている人と比較すると、大きさが分かります)

背割堤の桜。
これは関西で見たい桜NO1のようである。
実に見事であった。
関西の三川が合流する大山崎にある。
この桜が1.5キロも続く。

なぜ、古人は土手、堤防に桜を植えたのであろうか。
これは逸話がある。
春になると、川は雪解け水で増水する。水の氾濫は政治にとって避けなければならない案件である。治水は政治だからである。

古人は、土手に桜を植えた。そして、花見を奨励した。
増水で土手が緩む頃、花見に来る庶民の足で土手を固めるのだ。
庶民を楽しませ、そして安全を守る。
実に素晴らしい政治だ。
仁政とはこういうものを言うのだろう。

午後は、野洲市と東近江市に向かう。
研究協力をしていただいている小学校に行く。
こちらはこちらで有り難く進め、帰りに琵琶湖湖岸を通って帰ってくる。

風が強く体感温度は寒かったが、美しい時間を過ごすことができた。
桜、琵琶湖、夕陽、ヨット、比叡山、比良山。
信長がこの場所をほしがったのがよく分かる。

Img_0670

桜の時間はあと暫く続く。
仁和寺の御室桜まで駆け抜けよう(^^)。

« 娘(4)が、木登りを始めた | トップページ | 後暫く狂乱の時間は続く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘(4)が、木登りを始めた | トップページ | 後暫く狂乱の時間は続く »