« (あ、こいつに相談してもダメだ) | トップページ | 決定打は出ない。こう言うとき、どうしたら良いのであろうか »

2012/05/17

教職生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方策について(審議のまとめ)

R0025584

5/16

教職生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方策について(審議のまとめ)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo11/sonota/1321079.htm

中教審から出ましたねえ。
これをベースにさらに揉まれるでしょうが、大きな変更は無いかと思われます。

教員免許が普通、一般、専門の三つになる。
大学院での免許取得が柱になる。
学級経営等の力をつけることを求めている。
大学と教育現場が連携して育てることを求めている。

などが上げられるでしょうか。

手前味噌ですが、本学(京都橘大学)の児童教育学科は、ここに示されていることを6年前からやって来ていると思いました。アカデミックと現場。本学は、「臨床の知」を建学の精神の一つにしているので、積極的に取り入れて来たというわけです。

とはいえ、全てが全て出来ているわけではなく、根本的に対応を考えなければならないことも出てきそうです。

また、新しい課題を解決する挑戦が始まります。

« (あ、こいつに相談してもダメだ) | トップページ | 決定打は出ない。こう言うとき、どうしたら良いのであろうか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31