« 子どもは子どもなりにちゃんと平和を理解している | トップページ | 簡単に直るものではないし、直らないものもあるし、さらに、悪くなるものもある »

2012/08/16

ディベート甲子園2012が終わった

8/16

Img_9846

ディベート甲子園2012が終わった。
今年の大会は、近畿北陸勢が頑張ったと言う評価が多かった。
近畿支部の副支部長としては嬉しい限りである。

中高の準優勝は近畿支部。また、即興ディベートの決勝は近畿と北陸の戦いとなった。だから、最終日に多くの知った顔がステージに上がっていたのである。

ディベートは勝ち負けが決まる、ジャッジを説得しあう討論ゲームである。
勝ち負けは付く。そして、勝ちを目指して論題発表のあった二月から懸命に準備を重ねて、全国の頂点に立とうと努力を重ねる。

指導者としては、生徒たちが頑張っているのだから、それを応援したい。できれば、一つでも多くの勝ちを手に入れるように応援したい。だが、その一方でこれは教育的行事である。勝ち負けだけにこだわってはならない。生徒たちの人間的な成長を念頭に置いて指導しなければならない。

私たちジャッジや大会スタッフは、何をするのか。的確なジャッジ、スムーズな運営を通して大会を支え、生徒たちが思う存分ディベートできる環境を整えることを主たる目的にしている。

実際の所、ディベート甲子園のスタッフ、ジャッジにはディベート甲子園OB.OGの人が多い。現役の選手諸君を支えてあげようとボランティアで参加している。貴重な夏の休みを投げ出して参加している。また、特にスタッフは大会が始まる前から膨大な準備の仕事をこなして、大会を運営している。

生徒たちが力を尽くして、戦える舞台を最高のものにするために入念に準備を重ねている。

勝ち負けは、選手たちがこだわれば良い。そして頂点を目指せば良い。
顧問は体調を管理し、教育的な配慮や指導をする。
ジャッジ、スタッフは教育的な観点から、彼らが議論のあり方を学びつつ、人間的成長をこのディベートを通して身につけてくれることを願ってあれこれしている。

そんなディベート甲子園2012が終わった。
自分が成長する喜び、仲間と伸びて行く喜び。これはこれで嬉しい。
だが、自分の関わっている若いメンバーが伸びて行く。
これを見るのも実に嬉しいものだ。
嘗て指導して大会に連れて来た生徒が、全国教室ディベート連盟の常任理事になったりするのだから。

(俺もオジさんになったよなあ)
と思いつつ、
(オジさんになるのも、悪いものではないな)
と思えた、この三日間であった。

また、来年。
いろいろな立場で、ディベート甲子園2013で、お会いしましょう。

« 子どもは子どもなりにちゃんと平和を理解している | トップページ | 簡単に直るものではないし、直らないものもあるし、さらに、悪くなるものもある »

コメント

ジャッジやスタッフの顔を見ながら、17年の歴史を感じていました。
いまだに引率で来ているのは、少数派になりつつあって、ちと淋しい気持ちもあります。
部室に保管している色紙に名前のある、あの人この人の活躍を本当に頼もしく感じた大会でした。

本当に、あっという間の17年間ですよね。筑田さんのあの超絶の記憶で17年間のトピックを拾い上げ、黎明期の記録も公式にディベート甲子園のサイトにアップしたいですねえ。

それにしても、教え子が常任理事になるとは。
いやはや、なんともです(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもは子どもなりにちゃんと平和を理解している | トップページ | 簡単に直るものではないし、直らないものもあるし、さらに、悪くなるものもある »