« ビールを飲みながら、光の変化を音とともに感じて過ごす | トップページ | 京都の町が炎上していた »

2012/10/16

かぎろひ

10/16

Img_5347

秋が深まって来たのは、落葉樹の紅葉が始まったことでも分かるが、私にとっては琵琶湖の朝の空の色が大きい。夏の間には見ることの出来ない「かぎろひ」が、出現し始めたのだ。

東の野に炎(かぎろひ)の立つ見えて
 返り見すれば 月傾きぬ 柿本人麻呂

の、かぎろひだ。

この青とオレンジがなす空の輝きは、
一日に10分程度だ。
ただ、ぼーっと見て、時々気がついたようにシャッターを切る。

今日も見えた。
これからさらに深い青とオレンジが琵琶湖を染めて行くことになる。
楽しみだ。

« ビールを飲みながら、光の変化を音とともに感じて過ごす | トップページ | 京都の町が炎上していた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビールを飲みながら、光の変化を音とともに感じて過ごす | トップページ | 京都の町が炎上していた »