« 『レクって言うけど、レクってなに?』 | トップページ | 書く教師は力量を付ける。読む、実践する、書く。この流れを良循環にすることが大事 »

2012/10/25

内容のレベルでは揃っているのだが、小見出しのレベルで揃っていない

10/25

Img_5871

子どもがインターネットを安全に使う為にというテーマで卒業論文を書こうとしている学生がいる。

第3章の目次案は、今日の卒論ゼミで提出されたものは以下の通りである。

引用開始 ーーーーーーーーーー

第3章 子どものネット安全教育に何が必要か

第1節 有害情報、SNSの規制
第2節 SNS、インターネットの使い方
第3節 学校での安全教育

引用終了 ーーーーーーーーーー



これを読んで頭を抱えるのである。
そうなんだけど、これじゃあ伝わりにくいと思うのである。

『なんで、第3節だけいきなり、学校が出てくるの?』
『学校以外では、どこが指導しているの?』
という話から入る。上手くは答えられない。

『第3節にいきなり学校が出て来ているけど、第1節、第2節の行為の主体は何? つまり誰がやっているの?』
「会社と家です」
『でしょ。そうだとすれば、第3節だけいきなり行為の主体の学校が出ているのは、揃っていないって分かるでしょ?』

内容のレベルでは揃っているのだが、小見出しのレベルで揃っていない。ここに気がついていない。そこを指導する。



で、子どもがインターネットを安全に使う為に、企業、家庭、学校がいましていることは何で、現状で不十分なことは何で、それはどのように解決されるべきなのかを論じれば良いということが分かる。

が、これでいきなり説明しても分かりにくい。そこで、「火」で考えさせることにした。「子どもが火を安全に使う為に」と扱う対象を変えて、そこにある安全のためのフレームを検証することから始めて見ることを指導した。

『火を使えるように、ま、ガス会社は不純物の無いガスを作り、安全に確実に届く設備を作るわな。家庭では基本的な日の使い方を教えるだろう。親と一緒に使うことから始めて、梶になった時の対処の仕方まで。じゃあ、学校は? 学校で火を使うのは?』
「家庭科と理科です」
『どうする?』
「火の種類とか性質とかを教えます」
『そうだな。そもそも火とは何なのかを教えるよな。他には?』
「?」
『火を使う時の心構えも教えるだろ。どんな道具でも、使う人の心構えに寄って凶器にもなるし、道具にもなるということは教え無ければならない。他に?』
「?」
『うーん、ここは教えないのか? 火の面白さだ。面白いということを知れば、使いたくなる。使いたくなるから、きちんと使わないと使わせないよということもできるはずだ。で、これをインターネットの文脈で考えるとどうだ?』
「はい、面白いです」
『できそうか?』
「はい、やれそうです」



アイディアを出す時の一つの方法として、内容を変えつつ、そのフレームを考えるとうものがある。
(こういうのが自分でできるようになると、いいのだがなあ)
と思いながら、
(だけど、そのためのゼミだよな)
とも思う。

« 『レクって言うけど、レクってなに?』 | トップページ | 書く教師は力量を付ける。読む、実践する、書く。この流れを良循環にすることが大事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『レクって言うけど、レクってなに?』 | トップページ | 書く教師は力量を付ける。読む、実践する、書く。この流れを良循環にすることが大事 »