« かぎろひ | トップページ | 人生の四則計算 »

2012/10/19

京都の町が炎上していた

10/19

Img_5419

昨日の夕方は凄かった。
ただ、ただ、凄かった。
京都の町が炎上していた。

研究室を出て印刷に向かおうと思ったときに見た外の景色である。
研究室はめずらしくブラインドを閉めっぱなしで、外の景色を見ることは無かった。

で、外に出たらこれである。
慌てて研究室に戻りiPhoneを手にして窓に向かった。

Img_5404

数枚写真に収めて、教室に居た学生達に声をかける。
『君たちそんなことをしている場合ではないぞ!』
と窓の外を指差す。
「きゃー!」
と叫びながら出てくる学生達。

ほんの5分程度のことであった。
あっという間にこの炎上は鎮火した。
大学に来て8年目、ここまでの色は見たことが無い。
凄いものを見てしまった。

Img_5407

地球は一日に二回このような美しい演出を良いしてくれている。
40億年もずっと。
すごいことだ。

« かぎろひ | トップページ | 人生の四則計算 »

コメント

まさに「炎上」です。素晴らしい。

18日は私のところでも,いい夕焼けで
校舎に映った色を見て,急いで西側で撮りました。
炎上まではいきませんが,雲とのバランスが
良かったです。アップしてみました。

http://spring21.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-0356.html

見ていた者は、
「応仁の乱はこれか?」
と感想を漏らすほどでした。
私も相当この場所から夕景を撮っていますが、これほどなのは初めてでした。

先生の夕景は、清少納言のいう「秋は夕暮れ」そのものの光景ですねえ。すばらしい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かぎろひ | トップページ | 人生の四則計算 »