« 【講座案内】 明日の教室 12月22日(土) 佐藤正寿先生 | トップページ | 机間巡視と机間指導は別物である »

2012/11/28

国連人権委員会が報告している、原発事故に関する事実が出てこない

11/28-2

本来ならばトップニュースで報じられなければならないことだ。

しかし、流れているニュースには、この国連人権委員会が報告している、原発事故に関する事実が出てこない。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DeWz2Xj8jH0#!

私はFBの知り合いの書き込みからこのことを知った。
その方の書き込みにはこのような記述があった。許可を貰って転載する。

引用開始 ーーーーーーーーーー

年間20mSv超えは世界から見ればチェルノブイリ以上の非道。背景線量を0.07μとしても2.35μSv/hの所に人が住むのは無茶。


http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html
の図のピンク(紫ではなく)のところはすべて無茶。須賀川、郡山・・・
日本が正気だった3.11以前では年間1mSvが限度だった。それを適用すると地図上で黄色以外はすべてアウト。東京にもそうんな地点がたくさんある。

引用終了 ーーーーーーーーーー

さらに、

引用開始 ーーーーーーーーーー

池田様、どんどん紹介してください。ちなみに上に書き忘れましたが放射線管理区域(一般人がみだりに立ち入ってはいけない)の定義が3ヶ月で1.3mSvで すから、年間5.2mSvです。時間当たり0.6μSv弱。背景線量0.07足して0.67μSv。地図では濃い紺色は1μSv以上ですから、一般人が 入ってはいけないところです。そこに人が住んでいる。

引用終了 ーーーーーーーーーー

と説明してもらいました。
なんとか避難できないものでしょうか。

« 【講座案内】 明日の教室 12月22日(土) 佐藤正寿先生 | トップページ | 机間巡視と机間指導は別物である »

コメント

こういう情報もありますよ。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51808436.html
X線治療を繰り返し受けた場合も、合計100mSvまでは死亡率は下がっている。500mSvを超えると通常より発癌率が増えているが、これによる治療の効果のほうが大きければ問題ない。
(中略)
こうした専門家の批判に答えて、最近はICRPも緊急被曝状況では年間20~100mSvまで認めるなど、実質的に基準を緩和している。これを「緊急時に人体の耐性が変わるわけではないのだから、緩和するのは人命軽視だ」などというのは、リスクの概念を知らない人である。低線量被曝のリスクはきわめて小さいので、絶対的基準はない。それを最適化するレベルは、防護費用と便益のトレードオフで決まるのだ。

「リスクのわからないときは安全側に倒して禁止する」という予防原則なるものも、日本政府は認めていない。平時には1mSvを守るのに大したコストはかからないが、放射性物質が大量に大気中に出た状況で、それを事後的に1mSv以下にすることは何兆円ものコストがかかり、それによって健康被害を減らす効果は期待できない。年間1mSvを基準にして行なわれている避難や除染は被災者に不要なストレスをもたらし、莫大な税金を浪費するだけだ。

情報、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【講座案内】 明日の教室 12月22日(土) 佐藤正寿先生 | トップページ | 机間巡視と机間指導は別物である »