« 丁寧に行きましょう | トップページ | 凄い。 説明文が物語文になっている »

2012/11/05

授業における指示の語尾

11/5

Img_6877

教育実習から帰ってくる学生が
「実習先で、池田先生に指導されたことと同じことを言われました」
ということはよくあるのだが、今年はこの言葉が多い。
子どもに対する指示の言葉だ。

学生達は、つい児童に
「お願いします」
とお願いしてしまう。指示なのだから、お願いではないのに、お願いしてしまう。

お願いであれば、
「イヤだ」
という子どもの反応は認められることになる。だってお願いなのだから。しかし、指示はお願いではない。どんな言葉があるだろうか。

授業における指示の語尾には、

1)    しなさい。
2)    する。
3)    すること。
4)    しよう。
5)    しましょう。
6)    しませんか?
7)    してくれますか?
8)    おねがいします。

学生達は、6)、7)、8)でやってしまうのだ。それでは指示にならない。

« 丁寧に行きましょう | トップページ | 凄い。 説明文が物語文になっている »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31