« 日本語では、これを幸せというのだろう | トップページ | 『僕の死に方 エンディングダイヤリー500日』 »

2012/12/25

嘘には人を楽しくする嘘と、人を怒らせる嘘があるんだよ

12/25

Img_1184

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0300C_T01C12A1FF8000/

引用開始 ーーーーーーーーーー

【ニューヨーク=杉本貴司】米環境保護局(EPA)は2日、韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が米国で販売した製品に燃費性能の過大表示があったと明らかにした。対象は約90万台。現代自は品質の向上を売り物に北米市場で成長してきただけに、販売への影響は避けられない情勢だ。

 問題となったのは、2010年後半から販売してきた全車種の35%に当たる製品。カナダでも17万台強が対象となる。

 現代ブランドでは、看板車種の中型セダン「ソナタ」や「エラントラ」など8車種、起亜ブランドは小型車「リオ」など5車種が対象。燃料1ガロン(約3.785リットル)当たりの走行距離を最大6マイル(約9.6キロメートル)過大に表示していた。全車種平均では3%の違いだ。

 EPAは2000年から同様の調査を始めたが、発覚は過去2件にとどまり「同じメーカーの大量の車で非常に(数値が)逸脱するのは初めて」と指摘した。

 現代自は原因について、韓国で行った自社試験でミスがあったと主張。米国現代自のクラフチック社長は2日、「誠に申し訳ない」との声明を出した。AP通信によると、現代自幹部は「故意ではない」と組織ぐるみの改ざんを否定した。

 だが、改ざんを疑う声も多い。米国では「1ガロン40マイル」の燃費性能がエコカーの基準。今回の対象13車種のうち6車種が、最大燃費をちょうど1ガロン40マイルとしており、燃費の良さを訴えるため意図的に数値を水増ししていたと受け止めやすい。

 現代自は技術力で日米大手に匹敵することを示すため、米国では燃費性能に重きを置いた広告を打ってきた。問題発覚を受け、過去に遡り、顧客に過大表示分や走行距離などから算出した金額に15%上乗せし、補償することを決めた。ただ、納得しない顧客による大規模な訴訟に発展する可能性もある。

 米国は現代自の世界販売の2割弱を占める重要市場で、通貨ウォン安も追い風に急激に販売を伸ばしてきた。ただ、10月の新車販売では、現代ブランドが2年2カ月ぶりに前年比マイナスに転落するなど、勢いを失いつつあった。10年のソナタを皮切りに、エラントラなど主力車を次々と発売したが、新車投入が一巡していたためだ。

引用終了 ーーーーーーーーーー

の記事を家で話していた。
『これは結構衝撃は大きいだろうなあ。中古車のリセールスまで補償を広げるとなると結構値段が掛かるし、そもそも燃費がいいと言うブランドは成り立たなくなるからなあ。シビックがアメリカで売れたことで確立したブランドとは、逆になるなあ』

と家で話していた。
すると
「それ、どーゆーいみ?!」
と娘(5)が話に割り込んでくる。
『いやあ、これは流石に分からないから』
と話したところ
「嘘はダメっていうことね」
と奥さん。
「そりゃ、そうだよ」
と娘。

『だけどね、嘘には人を楽しくする嘘と、人を怒らせる嘘があるんだよ。人を楽しくして笑わせる嘘は、いいんだけど、怒らせる嘘はついちゃダメだね』
と私。
「そりゃ、そーだよ」
と娘。

『ほら、お父さんが帰って来たときに隠れていて、どーこだ?というのは、楽しい嘘。頭が痛くないのに痛いというようなのは、怒らせる嘘だね』
「うん(^^)」

村岡さんに紹介してもらった『子どもと悪』(河合隼雄 岩波書店)にあるような話になってしまった。いい本です。

« 日本語では、これを幸せというのだろう | トップページ | 『僕の死に方 エンディングダイヤリー500日』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本語では、これを幸せというのだろう | トップページ | 『僕の死に方 エンディングダイヤリー500日』 »