« 『僕の死に方 エンディングダイヤリー500日』 | トップページ | 七味五悦三会 »

2012/12/28

明日も頑張ろうと言う気持ちになれるのが嬉しい

12/26

10341_10151119740302134_730596098_n

そんなにさぼっているつもりも無いのだが、仕事が終わらない。部屋が片付かない。年末には帰省するから1日移動日になるわけで、本来ならば移動の無い人に比べたら一日前倒しで終わらなければならないのだが、これが難しい。

その上、風邪を引いて体調は悪いのに、読み進めたい本数冊に出会ってしまい、読んでしまっている。ああ、ああ。

そんな重い足取りで家に帰る。
すると、娘(5)の異様に明るい声。
昨日届いた櫻の花束の入っていたダンボールで作った、郵便ポストと貯金箱を合体させたオブジェが完成したようで、それの説明をあれこれする娘。

よく見ると、説明書が張ってある。わとはの区別も出来ている。ビックリして、
『いやー。やっぱり、天才じゃないか?!』
と親ばかトークをかます。すると、0.5秒で
「ちがーう! 天才はお父さん!!」
と返してくる。
やっぱり天才だろf(^^;。

明日も頑張ろうと言う気持ちになれるのが嬉しい。ありがたい。

« 『僕の死に方 エンディングダイヤリー500日』 | トップページ | 七味五悦三会 »

コメント

箱がこのように活用されてるとは! よかったです。

娘(5)にとっては、箱も花と同じ位大切なプレゼントだったと思います(^^)。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『僕の死に方 エンディングダイヤリー500日』 | トップページ | 七味五悦三会 »