« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012/03/09

「校長の初任者教員に対する評価」のグラフ

3/9

Photo

本学も来週卒業式がある。
私のゼミの卒業生も、殆どが四月からの勤務が決まった。
四月から小学校の先生として教壇に立つ。
担任を持つが者も多くいる。

先日の明日の教室で野中信行先生が、新人の教室は7〜8割は荒れるということを話されていた。そして、その原因は授業ではないということも。荒れる原因、すなわち「アレルゲン」は何かと言えば、これはもう学級づくり、学級経営なのである。

授業はそんなに簡単に上手くはならない。
仕事は、始めてから1万時間位やらなければ、仕事にならないという話を読んだことがある。一週間に30時間授業をするとしても、8年以上掛かることになる。

平成23年1月31日に出た「中央教育審議会 教員の資質能力向上 特別部会」による「教職生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方策について(審議経過報告)」を見ていた。
(ああ、やっぱり)
と思った。

「校長の初任者教員に対する評価」のグラフである。
校長が「とても充足している」「やや充足している」という項目が多いのは、a. 教師の仕事に対する使命感や誇り、b. 子どもに対する愛情や責任は、二つを足すと8割を超える。二つの項目ともである。

一方で、「やや不足している」「とても不足している」という項目が過半数を占めているものは膨大にある。この二つを合計して、その中でトップ3を見てみるとその項目が、e. 集団指導の力(69.6%)、f. 学級づくりの力(64.6%)、d. 児童・生徒理解力(63.7%)となっている。因に、4つ目の項目はg. 学習指導・授業づくりの力(59.4%)となっている。

ここから分かることは、新人教師は

1)やる気や、教師に対する規範意識は高い。
2)子どもと子どもたち(集団)に対する理解、指導の力が足りない。
3)学級づくりの力が足りない。

ということが分かる。意識が高いのに新人のクラスは荒れる。
なぜか。
もうお分かりであろう。
教員養成大学、または教職課程で集団指導の仕方、学級づくりの仕方を学んでいないからである。

勿論、習えばできるというものではない。分かると出来るは別だからである。
しかし、教職に対する意識があって、教科教育の方法を学んでいて、それでいて荒れるのは、集団指導の仕方、学級づくりの仕方を授業で扱っていないからだということは強く言えるのではないだろうか。

最終答申では、ここを踏まえた提言がされることを期待したい。


2012/03/08

大阪湾に沈んで行く夕陽

写真を整理していたら出てきました。
雲に太陽が隠れてくれた御陰で、面白い光に出会えました。

5

6

7

8

大阪、こんな美しい顔を見せてくれるんだなあ。

娘のアモーレ情熱に引きづり回されて

3/8

1
(小式部内侍のあの歌です)

アモーレ情熱ということばがある。『ほめるな』(伊藤進 講談社現代新書)にある言葉だ。

アモーレ情熱とは、本書に寄れば内的動機付けのことである。周りからほめられたからやるというのではなく、その子どもが持っている内側からの、やりたいという思いを大事にせよ。ほめると、そのアモーレ情熱を台無しにしてしまう恐れがあるよ、というのが本書の重要な主張の一つである。

私は面白く読んだし、学生たちに紹介したところこの本を手がかりに卒業論文を書く学生も何人かいた。ほめて伸ばすことが主流の現在において『ほめるな』という主張は、実に面白い。

娘を見ていると、このアモーレ情熱で突進する姿を見ることが出来る。勿論、幼稚園や近所の友達がやっているのを見てというのもあるのだが、いつの間にかそれにハマって突進している。

クルクル剣
綾取り
なぞなぞ
貝合わせ
お習字

とにかく突進ししている。

4

このアモーレ情熱に降り回されているのが親だ。
朝の忙しい時間や寛ぐ時間に、このアモーレ情熱で襲いかかってくる。

「一緒に作ろ!」
「四段ばしご教えて」
「問題出して」
「貝合わせしよ」
「お習字したい!」

と。
(えっと、四段梯子の作り方は?)
とyou tubeで確認して必死に覚える、思い出す。
『大辞林』の後方一致検索で「とり」の付く言葉を捜して「鳥は鳥でも、見とれている鳥は?」なんて問題を考えてたりする。割と大変。

まあ、でもこの時間がいいんだよなと思う。娘のアモーレ情熱に引きづり回されて、新しい地平に辿り着けるかもしれないってのは、嬉しいものだ。

2012/03/06

貸し切りで良かったと思った

3/6

Img_5467

「テレビを見ているよりも、お前の顔を見ている方がよっぽど楽しいね」
と、私が小学生の頃母親に良く言われた。
私はドリフターズを見て笑い、白鳥の湖を聞いて感動していた。
『お母さん、白鳥の湖はいいね。でも、ドリフもいいね』
と言うと
「感動して損したよ(^^)」
という母親であった。

今日は娘の四歳と六ヶ月の記念日。
偶々幼稚園はお休み。
スキーに行きたいと言っていた娘を連れて、行こうと思ったのだが近場でスキーウエアをレンタルしてくれるスキー場がなく、天候も悪いので諦めた。

昼前までにあれこれ仕事を進め、昼過ぎから娘と出掛ける。
娘の大好きな王将でラーメン、ライス、餃子を食べさせる。
その後、彼女の人生初の映画館での映画に連れて行く。
「映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~」だ。

東京帰りの疲れが残っていたので、映画の途中で寝てしまう心配があったが、5分間程度の睡眠ですんだ。それは、やっぱり感動だったからだ。
映画館は、実は娘と二人っきり。貸し切り状態であった。娘は誰もいないのが寂しいということを言っていたが、私は満足。

【ここからややネタバレ注意】
私の膝の上に乗って来て、映画を見る。
大音量と暗さで怖いと言っていたが、だんだん映画に引きづりこまれていく。
今回のドラえもんは、のびたのお父さんがキーマンになる。
参った。
「フィールドオブドリームズ」を見たときのように、駄目だった。
【ここまでややネタバレ注意】

さらに、娘は映画の一番悲しい場面で大泣きを始めた。いや、その後にクライマックスがあることが予測されて、大丈夫だと分かるのだが、娘にはもう耐えられなかったようで広い映画館中に響き渡る大声で、泣いた。
『大丈夫だよ。応援しよう』
と私も泣きながら声をかける。

悲しい場面で大泣きすることのできる娘を膝の上に抱えながら映画を見ていた。
素直な娘に育ってくれているのを嬉しく思い抱きしめながら見ていた。

娘を通して、映画を見ていた。
貸し切りで良かったと思った。
私の母親の気持ちが少し分かった。

2012/03/04

野中信行先生、初任者一ヶ月のシナリオ資料 無料配布

3/4

Nanohana

昨日の明日の教室で、配布された資料です。
野中先生は、著作権は放棄されるとのことでした。
兎に角、これをもとにして四月からの学級作りのために役に立ててくれればとのことです。

小中高、どの校種でも役に立つ情報だと思います。
特に若手の教師には必携だと思います。

どんどんダウンロードして、四月からの学級作りのために活用してください。

「1.doc.zip」をダウンロード

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »