« 2012年4月1日 - 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月15日 - 2012年4月21日 »

2012/04/14

夜桜追加写真

夜桜追加写真
やはりこの手の写真は京都の夜桜には必要かなあと。

Aqsnexhciaaa_bm

有料のお座敷の方にお呼ばれしておりました。

実はここが嬉しかった

4/14

Photo

普段は殆ど学生たちの事を褒めない私であるが、今回はいいなと思ったのでメモを残しておく。

仕事の本質は何かと言えば、無茶ぶりである。
それは私の興味や関心ではないと言えるのは、学生時代の勉強や趣味道楽においてであって、仕事においてはありえない。あなたの興味や関心とは別に、降ってくるのが仕事だからである。

私は体育会系のむちゃくちゃな暴れ方は好んではいない。
学生時代、下宿をしていた世田谷のアパートの近くの銭湯では、近くの大学の剣道部の部員が、先輩が入ってくるとあの浴場に馬鹿みたいに響く大声で挨拶をしていたのを今でもはっきりと覚えている。

自分たちでやる分には良いが、周りへの迷惑が分からない部の伝統とやらは、いいかげんにしてほしいと思っていた。

ではあるが、多少の無茶に耐えられる位の「練習」はしておく必要があるとも思っている。
『どんな先生が現場に必要ですか?』
と教育委員会の先生に聞くと
「打たれ強い先生です」
という言葉が返ってくる。

ということで無茶ぶりもするのだが、先日のゼミの花見で、
『一発芸をせよ』
と言ったところ
「じゃあ、4回生から順番でやろう」
と言う声が出た。

実はここが嬉しかった。
あほなことをやろうとすること。
さらに、「じゃあ三回生からではなくて四回生からやる」というところだ。

体操の業を見せるもの、告白したい人が出来たと宣言するもの、一発芸が無いので無茶ぶりをして下さいとお願いするもの。実にアホである。それを見た三回生は、随分と楽になった事であろう。実際、三回生もアホになっていた。

面倒くさい事を、先輩が先に笑顔で引き受ける。
そういう流れが私のゼミに伝統として出来て来たとすれば、これは嬉しい。

見下ろすように見上げていた

4/13

R0021887

昨日の花見の後遺症もあり、ゆっくりと起床。
ではあるが、昼前に出掛ける。
地元の公園に一人で出掛ける。

曇り空ではあったが、満開の桜。
草が生え揃って来た桜の森で、寝転んでみた。

もう、言葉が出ずに小さな叫び声が出た。
その後に、ため息が出た。

京都駅から二駅先の大津京駅。
そこから歩いて来れる場所。
平日とは言え、私の周りには誰もいなかった。

30分間、草のベッドに体を横たえて空を見上げていた。
桜の空を見上げていた。

限りなく美しい空を、見下ろすように見上げていた。

2012/04/13

昨晩は、2012年度池田ゼミ、3、4回生の花見

4/13

R0021648

昨晩は、2012年度池田ゼミ、3、4回生の花見。
ゼミを終えてから円山公園で行った。
忙しいときほど良く遊ぶ事が大事(^^)。

特に円山公園にこだわっているつもりも無いが、毎年ここで行う。
昨日は、絶好の花見日和であった。
満開、無風、暖かい。
これも日頃の行いだ(^^)。

場所取りに先発隊が出掛けて行き、ベストの場所を手に入れた。
そして、乾杯をして宴。

花見のときに忘れては行けないのが、灯りである。
夜桜は、桜を美しく見せるが手元の料理は見えない。
見えなくなると味が一気に、まさに味気なくなる。

ランタンを持ってこさせ、私はキャンドルを持参。
その場でキャンドルランタンを作る。
http://www.youtube.com/watch?v=Tgq79-a13dk

このランタンは、自分の方に向けない。相手に向ける。
そうすると周りが明るくなる。
なんでも説教にしてしまうのは良くないがf(^^;、自分を照らすのではなく一人一人が社会を社会を照らすとこんなにいいものになるのかという感じを抱くな。

306577_10150622322232134_726122133_

「一発芸が出来ないので無茶ぶりして下さい」
という学生がいたので、
『では、花見に来ている外国人観光客に声をかけて、お招きしてくる事』
と指示を出す。
結局4名をお迎えできた。
日独などの友好を深められたりして面白かった。

宴の後、祇園は白川通を歩きながら帰った。
染井吉野は今週末がピーク。
この後は、山桜、八重桜と京都の桜は続きます。

円山公園、祇園の夜桜の写真は、こちらです。
もう一回位花見しようかなあ(^^)。


まだ早いかと思ったが、桜は結構大丈夫

4/10

7

教務委員の仕事と授業の準備を日の出から初めて、昼過ぎに終える。家と大学とで進める。

その後、京都市内に向かう。
車で向かおうかとも思ったが、京都東インター付近の渋滞を見て諦める。
これ、休日だとさらに大変な事になると思うが、まだ平日なので電車で行けば大丈夫だと判断。

まだ早いかと思ったが、桜は結構大丈夫。
今回は高瀬川のみ。
午後の桜と食事後の夜桜を堪能する。

世界中からこの桜を見に集まってくる。
京都は、テーマパーク京都なのである。
1200年かけてこのテーマパークに育てているのである。

(桜なんてどこでも同じじゃん)
と思うだろうか。私はそう思っていた。しかし、流石は京都であった。
日帰りでも良いから見ておくべきだ。
というか、宿は今からではとれないだろう。

どうしても宿と言うのであれば、大津のホテルを捜すのが懸命。
そして、今週末には明日の教室がある。
学んだ後に、学ぶ前に京都の桜を堪能する事も出来ます。

2012/04/09

狂おしい大学の夜桜

4/9

本日授業開始日。
教科教育法(国語)、3回生ゼミ、国語科教育法1と三つ。
教科教育法(国語)は、1限。
気合いが入る(^^)。

やっぱり授業が無いと、学校は面白くない。
授業だ。授業。

で、この中の授業の一つに、私の授業を受ける為だけに、片道3時間掛けて通ってくる学生がいることが分かった。うーむ、気合いが入る。

往復6時間掛けて受ける90分の授業。この6時間掛けて来てよかったと思える授業を作らねばならない。気を引き締める。

授業が終わって、事務処理をあれこれして、帰宅しようと思って研究室を出た。
(あ、春の夜の匂いだ)
なんとも狂おしい匂いだ。
桜は咲き始め、キャンパスの灯りで輝いている。
これはもう撮影するしか無い。

GR4を片手にしてキャンパスを歩き回る。

一枚に絞れずにFlickrにアップ。狂おしい大学の夜桜。
GR4の威力にも改めて驚く。

http://www.flickr.com/photos/ikedaosamu/sets/72157629775602181/

京都の狂った季節が始まった。

« 2012年4月1日 - 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月15日 - 2012年4月21日 »