« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012/06/29

授業を作る時の大前提

6/29

Img_6494
(今年初の収穫)

二回生のゼミも面白い。いま、子どもの書いた詩を読解することをしている。
ゼミであるからして、私が説明をするのではなく、小グループに分かれた学生たちが、自分たちで授業を作る。そして、他のゼミ生たちに授業をする。

まだ教科教育法を習う前の二回生なので、授業の進め方はほぼ素人である。
また、考え方によっては今まで自分たちが習って来た授業方法でやっているということも言える。

昨日で全てのグループの授業が終わったのだが、彼の授業の特徴として言えることが一つある。それは彼らが、子どもは自分が発問すれば正解を言ってくれるという前提で作っていると言うことだ。

この場合の子どもと言うのは、大学生のことであるが、大学生であっても正解を言えないような発問をすることが良くあった。そしてその場合、なんとなく誤摩化して前に進もうとしてしまうのである。だが、これではダメだ。

授業を作る時の大前提は、子どもの「わからない」という答えからスタートすることだ。(この発問には、子どもがこう応えるだろう)
から作るから、失敗する。授業は、分からないから分かったへと進むように構成する。子どもの分からないは、授業の宝なのだ。分からないが分かったになる授業を作るのだ。

子どもへの発問で、子どもが「分かる」を前提にして授業を作ると、

1)たまたま分かった子どもからスタートする。
2)たまたま知っていた子どもからスタートする。
3)先生が独り言で答えを言うからスタートする。

この3つの授業の流れになる。こうして実に面白くない授業が始まるわけだ。

ただし、この子どもの「分からない」から作る授業は、作る側にとってはかなり大変なものとなる。分からないに答えられる力量が必要だからだ。

だが、プロであろうとするならば、この方法で作れるようになっておくことは、極めて大事なことなのだと私は考えている。

2012/06/27

判断、評価というのは、いろいろなレベルがある

6/27-2

Img_5562

昨日、消費税に関する決議が国会で行われた。
今日のディベートの授業では、そのことに触れながら始めた。

『消費税率を上げることは良いと思う人は、パー。悪いと思う人はグー。さ、手を挙げてみよ。セーの』

で手を挙げさせた。パーが1/7程度いて、残りはグーであった。

判断、評価というのは、いろいろなレベルがある。
私が読んだ本の中で、そうかもしれないなあと思ったのは、次のようなものである。

 好きか嫌いかは、個人が決める。
 良いか悪いかは、社会が決める。
 正しいか間違っているかは、歴史が決める。

というものである。

今回の消費税率を上げようとする国会の審議は、個人で言えば明らかに嫌いの人が殆どであろう。勿論中にはアメリカの大富豪のように、「金持ちの税率を上げよ」と言うような人もいるが、それは例外中の例外だ。通常は、個人レベルでは税率が上がるのは「嫌」であろう。

で は、この判断は良い判断か悪い判断か。どちらであろうか。社会の判断というのは、世論であったり、パブリックコメントであったり、世論調査であったり、デ モであったりというところに出てくるであろう。増税について、良いのか悪いのかの議論として出てくる。今回の流れは、悪いという判断が多いように思える。

そして、正しいか間違っているかである。
上記の説が正しいとすれば、この判断が正しいか間違っているかを決定するには、あと100年程度は必要になってくるということになる。その時は、いまこの日本にいる人たちは、基本的にはいない。だから、正しかったのか間違っていたのかの結果を見ることができない。

(ははーん、そうか。じゃあ、結果が分からないんだったら、何をしても良いじゃん)

ということを言いたいのではない。
ディ ベートの授業では、肯定側と否定側に分かれて議論を行う。その際、肯定側に立つのも、否定側に立つのも自分の好みで選ぶのではない。機械的に選ぶことにな る。ジャッジも、自分の好みで判断するのではない。目の前で行われた議論を元に判断を下すことになる。つまり、ディベートは「好み」で議論が行われること は無い。

では、何を比べているのか。それは、プラン導入後の世界が、良いのか悪いのかを肯定側と否定側で比べ合っいるのである、その結果 をジャッジに届けてジャッジが判定を下すのである。ディベートは相手をやっつけるのではなく、ジャッジを説得するコミュニケーションゲームなのである。好 き嫌いを越えて、良し悪しを議論するのである。

そう、正しさを議論しているのではないのである。
ディベートによくある間違いに、勝ったら正しいのかというのがある。
勝ったのは議論が強かったからであって、正しかったからではない。私が学生達と戦えば、肯定側でも否定側でも勝ってしまう。それは正しいからではなくて強いからだ。

【日本は、~をすべきである。是か非か】という論題で問われているのは、日本にとってこの政策を実行することは、良いのか悪いのかである。プラン導入後に、良い世界が見えるのか、悪くなってしまうのかを問うているのである。

そして少しは、正しいか間違っているかという領域に踏み込んで議論の質を高めるように出来たら良いなと思っている。

今生きている私たちが届く部分は、良いか悪いかの部分であるとすれば、その良いが本当に良いのか、悪いが本当に悪いのかをじっくりと考えて、判断し、選択できる力を身につけて行く必要があるのだ。

そして、それはやがて、歴史の中で「正しい」という評価が下されることに繋がるのだと考えている。

教師は母港ではない。教師はあくまでも寄港地だと私は考えている

6/27

Img_6587

ディベートの授業。今日は、2001年に行われたディベート甲子園中学校決勝のビデオを見せながら、フローシートを書く小テストを行った。この試合は、私の教え子が決勝まで言った時のもので、【日本は環境税を導入するべきである】という論題のものである。学生たちは小学校1年生だったとか。昔だ(^^)。

教師の喜びは成長する子どもの傍にいられることだと私は思っている。声変わりもしていない中学校1年の男子が、卒業する時にはうっすらと髭を生やして挨拶に来る。この貴重な成長の三年間を一緒の場所で一緒の時間を過ごすことが出来る。これはなんとも素晴らしいことだ。

この時のメンバーの一人から先日結婚式の招待を受けた。私は卒業してからはあまり私の方から積極的に卒業生に関わることはない。あれこれあって心配しているものについては別だが、基本的にはそのままにしてある。教師は母港ではない。教師はあくまでも寄港地だと私は考えている。

彼らは自分の人生という旅にとって親、家族という母港を持つ。教師は彼らの寄港地でしかないと考えている。旅立って行ったものを見送るのが役目だ。卒業してから母校に帰ってくる生徒には『もうこっちから呼ぶまで帰ってこなくて良い。新しい場所で居場所を作れ』と言ったこともある。

新しい場所に居場所を作れない者は、昔に戻りたくなる。戻れば先生にちやほやされるし、後輩にでかい顔が出来るからだ。しかし、それはその卒業生を成長させない。新しい場所で頑張らせなければダメだと私は考えている。だから、戻ってくるななのである。君も私も新しい出会いの中でやるのだ。

が、こうして10年ぶりというのは、やはり嬉しい。卒業してもこうして成長の傍にいられるというのは嬉しいものだ。ま、勿論これは教師の方が勝手に思っているだけだが。教師は、おそらく一生生徒への「片思い」のままなのだと思う。あしてやりたい、こうすれば良かったと思い続けるのだ。

私たち教師は、児童生徒への伴走者であり、伴奏者であり、絆創膏であるというのも、私の基本的な考え方である。学校にいる時は学校で、学校を離れたら勝手にそう思っている。寄港地である私たちは、追いかけることはしない。しかし、寄港地はいつでも受け入れる用意をしておくものだ。

ディベート甲子園に挑んだこの彼らとの時間は、大会後の夏休みの二週間をかけてこうして纏めた。http://homepage.mac.com/ikedaosamu/debate/01kiroku.html 10年後に書けと言われても絶対に書けない文章だと、その時に思ったので必死に書いた。教師は彼らの努力の結果を後世に伝える仕事があると思ったのだ。

まさか、その文章が10年後に大学で学生達の教育に使われることになろうとは、当たり前だがその時はこれっぽっちも思っていなかったが(^^)。人生には何があるか分からない。だが、有り難いことに私は生徒達のお陰で、結果として幸せな時間を過ごしている。彼らに恩返しするためにもっと良い授業を、だな。

2012/06/26

なかなか難しいなと思っているのは教材である

6/26

Img_6228

学生たちに授業をするとき、なかなか難しいなと思っているのは教材である。
私が開発して来た教材を元に大学の授業をする。イメージの花火、書き込み回覧作文、たほいや、対義語でポンなどなどである。

学生たちは、その開発された教材の凄さを実感し
「これは先生になったときに使いたい!」
と言うのである。

意味が無いと言われるより、私の気分は良いのであるが、単純に良いとも言い切れない。というのは、私が学生たちに身につけさせたいのは教材の使い方ではなく、なぜこの教材を池田が生み出さざるを得なかったのかという部分だからである。

Img_6405

教材は、教育内容を教える為の材料である。教育内容と学習者と指導者の関係の中で生まれてくるものである。だから、私が開発した教材は、汎用性はあると思われるものの、それでもそれが絶対と言うことではない。

私が学生たちに学ばせたいのは、なぜこの教材を生み出さざるを得ないと考えたかであり、それをどうやって開発して来たかということだ。彼ら彼女らは、学校教育現場に出たときに、自分の指導する子どもたちに出会う。そのときに、その子どもたちの抱えている問題を、教師の指導の課題と捉えて教材を開発して行くことになる。そこでどうやってやっていくのかを考えて行くその根っこの部分を育てたいと考えている。

教育には、間違いはあっても、正解は一つだけということはない。
色々な角度から挑戦をして課題を解決して行く。
私が学生たちに紹介している私が開発した教材も、授業では90分で教えるが、開発までに10年、15年と掛かっているものなんてざらにある。授業で示しているのは、その課題を解決する為の、取り合えずの最終形態であって、かなりバージョンアップしているものである。

そのことに気がつく学生は
「先生が長い間掛けて開発したものをこうして簡単に手に入れられるなんて、実に凄いことです」
と感想を述べる。
ま、それはそれでいい。授業で教えてもらうと言うことはそういうことだ。エッセンスをドーンと受け取れば良い。

だが、繰り返すが社会に出れば、このようにエッセンスをドーンを与えてくれる研修や勉強会というのは殆ど無くなるし、あってもあまり意味を持たなくなる。なぜならば、日々の実践の場がテキストになるからだ。目の前にある出来事に課題を発見して、それを解決して行くことになる。だから、「教材」を手に入れたということだけを喜ぶ学生ではまずい。

今回、書き込み回覧作文を教えた。
実際に体験作文を書き、買い込み回覧作文のやり方を教え、体験させた。学生たちの評価は高い。だが、この書き込み回覧作文に至までの所が上手く教え切れていないと感じたので、私のHPに嘗て書いた文章を読ませた。

http://homepage.mac.com/ikedaosamu/kokugo/sakubunn/kakikomikairann-sakubunn.htm

このことで、少し教材を開発して行くこととはと言う部分は届いたようだ。

Img_6164

15回の講義形式の授業ではこの辺りまでかなあと思っている。
しかし、ゼミであればそれよりももっと深く入れる。
現在三回生ゼミでは、この「教材開発」の部分に関わって半年間かけてある挑戦をしている。

小学生の使う「教材」について、従来の教材のあり方とは違うもので、子どもたちが学習したいと思うであろうものをいくつかのグループに分かれて作成している。

昨日のゼミでは三回目の検討会が行われ、β版というか作成の方向がほぼ確定した。彼らは今年度の後期に教育実習に行く。そこで自分たちのゼミで開発した「教材」を実際に子どもたちに投げかけてくる予定である。

昨日のゼミでは、その一部をフィールドワークに行っている小学生に少しやらせてみた所、小学校の5、6年生は大興奮して
「やるやる!」
となったという報告を得た。

これは三回生ゼミの学生たちに大きな力を与えてくれた。

子どもたちの喜ぶ顔が見たい。
そして、子どもたちが力を付ける力になりたい。
そのための、実力をつけたい。

学生たちはそう思っている。
それは実に正しいことだと思う。

Img_6553

私が教材を開発するのではなく、学生たちが一つの考え方に基づいて開発して行く。これをゼミで検討し合い、私がアドヴァイスし、クオリティを高めて行く。ゼミでの開発、研究室での開発。実に面白い。いい感じだ。

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »