« 講座案内 2月の明日の教室 NHKの桑山裕明さん | トップページ | 春は確実に足下にも来ている »

2013/02/09

『新版 教師になるということ』(学陽書房)が本日発売されました

2/9

Refdp_image_0

『新版 教師になるということ』(学陽書房)が本日発売されました。

『教師になるということ』(ひまわり社)は、教師を目指す高校生、教職課程で学び始めた大学生、教師になってから数年の先生を対象として、教師になるってどういうことなのかを語った本です。大学の教職課程の教科書や参考書で取り上げていただく等して、御陰さまでロングセラーの本となっておりました。

今回、学陽書房さんから新版ということで出す運びとなりました。データを新しくし、新書判から大きな版に変更となりました。これからも長く読んでいただけるようにしました。

なお、内容はひまわり社版と大きく変わることはありません。ひまわり社版をお持ちの方は、お近くの方に譲っていただき、小書をお求めいただければ幸いです(^^)。

よろしくお願いいたします。

« 講座案内 2月の明日の教室 NHKの桑山裕明さん | トップページ | 春は確実に足下にも来ている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 講座案内 2月の明日の教室 NHKの桑山裕明さん | トップページ | 春は確実に足下にも来ている »