« 「先行研究」がわかりません | トップページ | 二回生ゼミは、詩を中心とした小学校の実践記録を読みすすめる »

2013/04/19

先行研究の考え方

4/18

四回生ゼミは、卒論指導。目次案の検討の第二弾。さらに、先行研究とは何かなのかが上手く理解できていないので、実物で指導。

研究室にあった本を30冊位持って来くる。ゼミ室の机を四つあわせた所に無造作において置いて行く。テーブルは、そのテーマの領域という設定。ドンドン置かれて行く。本が重なって行く。全部置いた後で、

『ほら、ここ。穴がある。ここがまだ論証されていない場所だ。この穴を見つけるのが先行研究だ』

また、
『穴が見つからないとあきらめるではない。実は、本の中に穴がある場合がある。それを見つけることがある』
さらに、
『本の重なっている所に注目せよ。これが重要キーワード、重要概念だ。同じ言葉を使っているにもかかわらず、実は少しずつ微妙にズレていることがある。このずれを整理して分類する。そして、新しい概念を提出するのだ』

と。

レポート、小論文はテーマを与えられる。論文は自分でテーマとそこにある問いの設定が自由に行える。この自由に行える心地よさと、難しさが論文なのだ。そして、いま四回生はここに苦しんでいるというわけである。

『要は読む本、論文の数が少ないということである。ま、頑張れ』

なのであった。

« 「先行研究」がわかりません | トップページ | 二回生ゼミは、詩を中心とした小学校の実践記録を読みすすめる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「先行研究」がわかりません | トップページ | 二回生ゼミは、詩を中心とした小学校の実践記録を読みすすめる »