« 『式の前日』(穂積 小学館flowers フラワーコミックスα)を読んだ | トップページ | 「どうらく息子」 »

2013/07/24

その断定の甘美さを拒絶する所に

Gr014402_2

状況や立場や条件で、正しいってことは結構変わる。にも

かかわらず、教師は何が正しいのかを決めて、子どもたちに正しいことを教えなければならない。一日に何回も。時には、瞬間的に。
これって実に難しく大変なこと。

だから、正しさは本当に正しいのかと振り返ることが出来ないと、この教師と言う仕事は勤まりにくい。

断定するのは楽なんだけど、その断定の甘美さを拒絶する所に、この仕事の本質はあるのではないかと、このごろ良く思う。

« 『式の前日』(穂積 小学館flowers フラワーコミックスα)を読んだ | トップページ | 「どうらく息子」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『式の前日』(穂積 小学館flowers フラワーコミックスα)を読んだ | トップページ | 「どうらく息子」 »