« 学生達が興奮して感想を書いています | トップページ | 特別活動論終了 »

2013/08/22

「先ほどのことは忘れて下さい」

8/22

Img_3649

集中講義三日目。
昼ご飯を食べてキャンパスを歩いていたら、四回生ゼミ生を発見。
声をかける。すると5人位集まってくる。

「あ、先生! 明日なんです。滋賀県の二次試験!」
『をを、そうか』
「先生、先生に指導していただいた個人面接の練習が明日生かされそうなんです」
『?』
「先生の厳しい面接のような面接官という話が伝わって来ています」
『をを、そうか。頑張るのだぞ』
「はい」
『分からないことがあったら、無理矢理変なことを答えずに、「すみません。分かりません。教えて下さい」と言えばいいんだからな』
「はい。あ、先生、矛盾したことを言ってしまったらどうしたらいいのでしょうか?」
『あ、その時は、「先ほどのことは忘れて下さい」と言えばいい』
「(^^)」
『そして、やっぱりさっきのが正しいと思ったら。「すみません。先ほど忘れたのを思い出して下さい」と言えばいい』
『(^^)/』

そう。その笑顔があれば受かる。
大丈夫だ。

« 学生達が興奮して感想を書いています | トップページ | 特別活動論終了 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学生達が興奮して感想を書いています | トップページ | 特別活動論終了 »