« 国語科教育法2は、授業の作り方の話に入る | トップページ | 前半は、「街中の変な看板」 »

2013/10/05

なぜ、10分伸びてしまったのかの理由を探る事後指導を行って来た

10/4

Img_6177

教育実習訪問指導を終えて研究室なう。
今日は算数の研究授業であった。6年生の場合の数。
勿論、算数のことはよく分からないが、授業については分かるのでその観点で指導。

授業が10分伸びてしまった。
なぜ、10分伸びてしまったのかの理由を探る事後指導を行って来た。

1)話し合いのグループが4人から6人とバラバラであった。4人はすぐに活動に入ったが、5人、6人の所は時間が掛かった。
2)話し合いのグループでの役割に関する指示がなかった。決めるのに時間が掛かっていた。司会、記録、まとめ、発表などの係を予め指示しておけば良かった。
3)児童の出してくるであろう答えの予測が不十分であった。その後の、解説の時間でしどろもどろしてしまった。

だいたいこの三つがポイントで、ここが上手くできていれば10分伸びることは無かったと思われる。

また、早く出来てしまったグループへの対応も不十分であった。樹形図で考えていた子どもたちに、表や計算でも同じ答えになるか挑戦させる等の工夫が欲しかった。そうすれば、遅いグループへの個別指導もやりやすかったであろう。

どうしても、教師は出来る子どもに合わせて授業を進めたくなってしまう。その方が教師の不安がなくなるからだ。だから前半は、出来る子どものペースにあったものになりがちだ。しかし、教室にいる分からない子ども、出来ない子どもも捨てられないので、授業の後半ではそちらにかかりっきりになる。

これが逆にできるようになると、授業が安定してくると思う。前半ゆっくりと出来ない子どもを中心に。後半は出来る子どもを中心にさらに上を目指す。分かっているだけどなかなねえ。

さらに、授業の最後で、授業のまとめを実習生がするのだが、これが長い。長いのは、自分の授業が上手く届いていないという不安から、長くなってしまっているわけだ。

『そこは、折角グループがあるのだから、子どもたちにグループでその答えを確認させれば、良かったのにねえ。そして、どうしても、納得がいかない子どもは、先生のところにおいで位で良いと思うよ』と指導。

実際授業が終わってから様子を見ていると、クラスの女の子が黒板を消すのを手伝いながら
「あんな、先生、ここが分からなかってんねん」
と相談していたのである。

ま、難しい。
実際にやって、こうして指導を受けて、またやって、上手くなって行くものだ。

がんばれ。

写真はあげの中にブルーチーズを入れて、フライパンであげの表面を軽く焼いたもの。これだけで十分に美味しい。いい素材をさっと手を加えて仕上げる。授業もこうでありたいなあと思う。

« 国語科教育法2は、授業の作り方の話に入る | トップページ | 前半は、「街中の変な看板」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国語科教育法2は、授業の作り方の話に入る | トップページ | 前半は、「街中の変な看板」 »