« 明け方泣いている娘(6) | トップページ | そして、楽しくパズルに挑戦 »

2013/12/27

私は学生達に授業の感想を必ず書かせている400〜600字ぐらいで

12/25

Gr323801

私は学生達に授業の感想を必ず書かせている400〜600字ぐらいで。
これは学内のサーバーに設置した掲示板に書かせており、パスワードで管理している。学生達は、当然嫌々書き始める。毎回毎回、しかも締め切りは翌朝。嫌々書いているのは良くわかっている。

教育は良い強制。
野口芳宏先生の言葉だ。
勿論、矯正も含まれているだろうし、共生もあるだろう。

教師の仕事の多くを占める文章を書くという仕事。
これは何が何でも身につけさせておかなければならない。だから、書かせる。

先日卒業生に偶然会った。
その時にこの掲示板の話になった。

『君たちが嫌々書いていたのは良くわかっている』
「え」
『当たり前である。だが、書かせなければ文章は書けない』
「はい」
『そして、あの掲示板はあのときのままで残っている』
「え!」
『アドレスもパスワードも変更していない。あのときの君たちの言葉がそこに残っている』
「そうなんですか!」
『そうだ。だから、今でも見られる。教師を目指していた頃の、君たちの言葉がそのまま残っている』
「家に帰って直ぐに見ます」
『それがいいだろう。インターネットは、過去にも時空を超えると授業で話したよな。こういうことだ。見てみるがいい』
「はい」

ということで、毎回毎回無理矢理書かせている。

« 明け方泣いている娘(6) | トップページ | そして、楽しくパズルに挑戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明け方泣いている娘(6) | トップページ | そして、楽しくパズルに挑戦 »