« 兵庫教育大学の講座は、まずまずの出来だったようだ | トップページ | 目次案の大切さ »

2013/12/07

今宵も学生のお陰で良い酒が飲める

12/5

Gr323316

一回生のとき、中退しようかと悩んで相談しに来た学生が、
「先生、合格しました」
と報告に来てくれた。滋賀県内のとある市の幼稚園教諭に合格したとの報告だ。

『教育に興味があったけど、子どもに興味があったけど、実は子供服が好きでした、でもいいんだよ』

と一回生の時に話した。そしたら、彼女は
「え、いいんですか?」
と答えた。勿論、いいんだよと話して、
『ま、様子を見てはどうだ? どうしても他にやりたいことがあるなら別だけど』
としたところ、今日の日を迎えた。

『で、なんであれだけ悩んだのに、幼稚園の先生を最終的に選んだの?』
「やっぱり、実習です」
と。
『なんだ、私たちの教育の成果ではないのか』
「いえ、せ、せんせい。それは勿論のことです!」
と必死に言う学生が笑える。

実習はやはり偉大だ。
それは十分に私たちは分かっている。
そこにベストで挑めるように指導するのが、私たちの仕事の一つだと考えている。

いやあ、良かった良かった。
今宵も学生のお陰で良い酒が飲める。

« 兵庫教育大学の講座は、まずまずの出来だったようだ | トップページ | 目次案の大切さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 兵庫教育大学の講座は、まずまずの出来だったようだ | トップページ | 目次案の大切さ »