« つぶやきメモ | トップページ | 【講座案内】 2014年の明日の教室が、どんどん決まっています »

2013/12/14

目次案が、やっと目次になり、卒論が完成しました

12/12

1456765_10151701105887134_268655187

卒論提出後の感想を一人一言ずつ述べさせた今日のゼミであった。彼らが多くの人に支えられて卒論を書き切ることができたらということを実感したことが感じられた一言だった。

これはこれで嬉しい。
が、意外な嬉しい話をしてくれた学生もいた。何かというと、他のゼミのゼミ生の卒論に付き合ってあげていたというのだ。

その学生曰く、卒論の書き方は池田ゼミのメンバーに聞けば教えてくれるということが広まっていて、結構多くのうちのゼミ生が、教えていたというのだ。目次案を一緒に作ったりもしたと言う。

教えられるぐらいに理解出来ていたと言うことだろうか。教えることは学ぶことだから、うちのゼミ生はますます理解を深めたことにもなる。

頼られる彼らになっていたのも嬉しいし、それに応えられたのも嬉しい。彼らは教師になる。自分ができるではなく、できない人をできるようにする仕事に就く。そのことが出来始めているようで、嬉しい。

私の卒論指導は,目次案作りに重きを置く。
それは、私が修士論文を書いたときに目次案指導を受けてとても役に立ったからだ。倉島保美さんという人に習った。とある所で習ったが、正式にはここで習える。http://www.logicalskill.co.jp/ ここで目次案指導とパラグラフライティングを習っていなければ修士論文のネタはあっても、纏めることは難しかったと思う。

ある学生が言っていた。
「卒論が書けなくなったら、目次案を見る。すると、書ける。また、書いていると暴走してしまいそうになるのだけど、目次案を見ると枠の中に戻ってこられるようになる」
と。

実にその通りなのである。
論文を書くのは学生。
書いているときは私がマンツーマンで、横に居て指導することは出来ない。書くことも出来ない。だが、まあ、助手席に座っていてやりたいという気持ちもある。この助手席でナビゲートする役割が、目次案なのだと考えている。

目次案のレベルで、論が通っていなければ、論文が論文になることはまずない。
目次案を立て、それで書き始め、書きたいことが見えて来て目次案を修正し、さらに書き進めということをくり返す。ある学生は、最終的に書き上がった卒論は、最初に書いた目次案の三章の二節を取り出したものになったと言っていた。そういうことになるのは、珍しくないし、それでいいのだと思う。

三回生の三月、春合宿のときに彼らが初めて提出した目次案。そこから一年間掛けて育てた目次案が、やっと目次になり、卒論が完成しました。

まずは、全員提出完了。
ここを目出度いとしましょう。

« つぶやきメモ | トップページ | 【講座案内】 2014年の明日の教室が、どんどん決まっています »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« つぶやきメモ | トップページ | 【講座案内】 2014年の明日の教室が、どんどん決まっています »