« 2012年12月23日 - 2012年12月29日 | トップページ | 2013年1月6日 - 2013年1月12日 »

2013/01/05

教師は長生きしなければならない

1/4-2

Img_1973
(富士山に沈んでいく多摩の夕陽)

で、卒業生と会うたびに思うのだが、教師は長生きしなければならないなということだ。

20年ぶりに会った卒業生。
私は彼女にどうしても言って上げたかったことがあった。
だけど、まあ会うことも無いだろうなあと思っていたのだが、偶然二次会の会場で会えた。
そこで話した。

『お前さんは覚えていないと思うけどね。家庭訪問の時に水をくれたのを先生は覚えているよ』
「?」
『家庭訪問のときな、前の家が少し伸びてしまったので急いで君の家に行ったんだよ。そうして喉がカラカラになってしまった状態のまま、お母さんと話を始めたんだな。そしたら、暫くしてその様子を見て、コップに冷たい水を入れて来てくれたんだよ、君は』
「え〜? 覚えていません」
『そんなこと覚えているわけが無いよな(^^)。だけど、これは本当だ。とても嬉しかったなあ。だけど、忙しくてそれを褒めてあげることができないまま、家庭訪問を終えてしまって、次に向かって、翌日も褒めてあげようと思いながら、何かあってできなくて、そのまま卒業して、ふう、やっと卒業して20年目に褒めることが出来たな(^^)。ありがと』
「えー、先生、そんなこと覚えていません(^^)!」

あの時、私が感じたその子どもの良さを伝えて上げられなかったことが沢山ある。
それをこうして伝えられて、ホッとしている。長生きしていけばまたこういう場面に出会えるだろう。

生徒の時代にダメだった奴が、成長して立派になったとき
『お前はよく頑張ったなあ』
と褒めて上げることが出来るのも、長生きをした先生だからできる。

勿論
『お前はダメだったけど、今でもダメだなあ』
とダメ出しすることができるのも、長生きした先生だからできること。

『去年はいい顔していたけど、今年はさらにいい顔しているな』
「はい、実はこういうことになりまして」
と自分が載った新聞を見せてくれて、会社で結構いい評価を得ていることを話してくれる。これも幸せなことだ。

成長する人間の側にいられる。
教師の最大の喜びはここにあると思っている。
その成長手助けをすることを仕事にし、さらに、それが卒業してからもこうしてその良さを伝えてくれる彼らがいる。

もっと伝えてもらいたいので、長生きしよう(^^)。

おじさんではなくて、お爺さんの感覚である

1/4

Img_1913

かれこれ20年はやっている卒業生たちとの新年会。
私が塾の教師をしていた時の教え子達から始まって、中学校の教員だったころの教え子達やディベートの教え子等も入れて今年は15人程度集まった。

元々塾の時の教え子達と飲んでいた。東京にいるときは、自宅に呼んで駅伝の二日目の様子を見ながら、母校の疾走を応援しながら酒を飲み近況を語るというものであった。

これがこの数年、まあいろいろな教え子達が参加するようになった。
ありがたいことである。今年は初参加のものもいれば、1歳1ヶ月の参加者もいた。教え子の子どもだ。もう私なんか、おじさんではなくて、お爺さんの感覚である。また、参加したくても仕事の都合や、北海道に居たりして参加で来なものもいて、そういうのには電話を掛ける。

当たり前だが、20年もやっていれば、私の人生も、教え子の人生も、色々な局面を迎える。いい時もあれば、悪い時もある。ま、でもそれはそこでそれぞれが頑張るしか無い。新年会では愚痴、豊富、妄想などの新春放談を楽しめれば良い。私も放談をし続けた。

なぜだか知らないが、この新年会では年頭の有り難いお言葉を私が書くことになっている。色紙と筆ペンが用意されいるので、人数分書くことになる。全部違う言葉だ。書いたものを裏返しにしてくじ引きのようにしてそれぞれが引く。当たった言葉がその人への言葉と言うことになる。

飲んで食べて1次会を終え、二次会の三次会....と続いた。
途中の二次会では、同じ店でやっていた昭島の中学の時の卒業生たちの新年会にいたメンバーもちょっと顔を出してくれて、これまた20年ぶり位の再会となった。
まったく、なんというか。
別に卒業生と飲む為に教師をしていたわけではないが、それでもこうして20年経っても覚えてくれていて、大事な正月の時間に相手をしてやろうと集まってくる卒業生達が居てくれると言うのは、ありがたいことだ。

もう少しだけちゃんと働こうと思った。

来年も1/3に同じ店で開催されるとのこと。
お暇な方は、どうぞ顔を出して下さい。
早い予告だ(^^)。

2013/01/02

明日の教室 岩下修先生

http://kokucheese.com/event/index/68532/

2013年幕明けの1月は、国語科授業の名人岩下修先生をお招きします。

京都本校3回目となる今回の講座では、岩下先生が日々の実践の中から生み出された「究極の読解授業システム」について熱く語っていただきます。
更に、今回、模擬授業で使われる教材が、また凄いのです。小学校の物語教材の定番『ごんぎつね』を使われます。『ごんぎつね』の作者、新見南吉は、今年生誕百年を迎えます。
 この節目の年に、新見南吉が書いた『ごんぎつね』の原作版を使った授業を参加者の皆さんに披露していただけるそうです。教科書版と微妙に違う教材を使うと、どう授業が変わるのか?乞うご期待です。

 講演の内容は
 講座1 講義 『究極の読解授業システムについて』
 講座2 模擬授業① 『ごんぎつね・教科書版を使って』
 講座3 模擬授業② 『ごんぎつね・原作版を比較しながら』
 講座4 解説 『ごんぎつね 教科書版と原作版について』

プロフィールです。

岩下修先生
・現在、立命館小学校教諭、立命館大学産業社会学部「子どもと社会」専攻科非常勤講師。
・1973年 愛知教育大学社会科卒業。
・1989年に出版された『AさせたいならBと言え』(明治図書)は、教師のバイブルと言われ、ロングセラーとして今も読み継がれている。また、全国津々浦々に広がっている「自学のシステム」も、岩下氏が提唱したもの。
近年は、読解の授業に力を注ぎ、さまざまな技法や実践を発表している。国語の授業のみならず、岩下学級の「命輝く子どもたちの音読や歌」を見るため遠路はるばる訪れる人も多い。
毎年、2月の公開研究会では国語の授業を公開。 『教師と子どもの読解力を高める』(2009)を始め著作多数。

なお、学生諸君の参加費は、現在無料で行っております。どんどん申し込んで下さい。
また、京都橘大学の参加する学生は、12:00に池田研究室に集合のこと。会場準備をします。

『まともな日本語を教えない勘違いだらけの国語教育』

1/2

51ut7ggpwfl_sx230_

『まともな日本語を教えない勘違いだらけの国語教育』(有元秀文 合同出版)

刺激的な本と言うのは、割とある。
しかし、ここまで過激な本と言うのは滅多に無いと思う。
有元先生とは、研究会の懇親会の日本酒コーナーで最初に出会ったのではなかったかと思う。大変失礼ながら、陽気なお酒好きのおじさんだなあと思っていたら、有元先生であった。いや、教育雑誌の写真と随分印象が違ったので。

その後、国立教育研究所でのワークショップに呼んでいただいたり、私の中学校の時の授業を見ていただいていい評価を頂いたり、国立教育政策研究所のお仕事でPISAの問題作成委員を依頼されたりと先生には、あれこれ関わらせていただいている。一度は我が家にお越し頂いて、松本茂先生と三人で飲んだこともある。(いやあ、無謀な企画だったけどお二人とも初対面にも関わらず楽しくしていただいたなあ、ということを思い出した。もう10年以上も前のことだなあ)

その有元先生が出された本である。
過激な本と書いたが、実はとてもまっとうなことを書かれている本である。
どうして日本の国語教育がダメなのかということを、国の教育政策に近い所にいた先生が批判されながら書かれていることが過激なのである。

批判するだけなら、いくらでも批判できるだろうが、
本書では「ブッククラブ」を中心とした学習方法を中心として国語を取り戻し、新しい授業に広げる提案もしている。また、教育行政に関する問題点も世界的な視野で指摘されている。

冬休みに一読を、強く、お勧めしたい本である。

明けましておめでとうございます

1/2

Img_1832

御陰さまで穏やかな正月を迎えている。
みなさん、明けましておめでとうございます。

奥さんの実家にもハンモックを持参し、ベランダに括り付け穏やかな日差しを浴びつつ、ユーストリームで駅伝の実況を聞きながらMacBook Airで打ち込んでいる。

昨日飲んだ「鳳凰美田」「屋守」は絶品で、実に翌日に残らない。このグレードの日本酒を産み出す技術は凄いと思う。いや、これが一本1万円ならまあそうだろうなあと思うのだが、3000円しないんだから凄い。消費者としては安くていいのだが、どう考えてもこれ安すぎると思う。

Img_1794

Img_1845

家から仕事の道具や本をたっぷり持って来ているのだが、やっぱり仕事にならない。まあ、これが正月なんだが。

ではあるが今年は、今取り組んでいる仕事のいくつかが形になりそうな年だと思っている。
ひょっとしたら、結構大きな結果が出そうでそうなったら実に楽しいなあと思っている。妄想は楽しい(^^)。

このごろの娘は、しりとりに凝っていて車に乗るとすぐにやろうと言ってくる。で、なかなか強い。語尾を同じにして私に回してくる。そういう作戦を立てられるようになったかと思うと嬉しいような怖いような。

それから、No thank you が言えるようになった。自分が悪いことをしてごめんなさいと謝るのではなく、お父さんの要求を受け入れられなくてごめんなさいと謝る謝り方だ。これには驚いたなあ。

んでもって、「また教えて」と言う言葉を良く言う。見るもの全てに興味があるのだろう。あれこれあれこれ「これはなに?」と聞いてくる。答えるのは大変だ。説明しても分からないことがあるとき、嘗ては分かった振りをしたり、話を変えたのだが、いまは「また教えて」である。勿論『いいとも!』と答えるのだが、この知識欲は凄いなあと思う。「世界中の全部のことを教えて!」と言うんだから。こっちも『任せておけ、世界中の全てのことを教えて上げるぞ!』と答えている。5歳ってすごいねえ。

この後は、駅伝を聞きながら読書かな。
どちらさまも、良いお正月でありますように。

2012/12/31

七味五悦三会

12/31

Img_1599
(新年の御酒の用意はできました。良いものが手に入りました。満足)

さて、今年もお世話になりました。

立川談志師匠の「芝浜」を聞きながらあれこれ思っております。
きちんと振り返ることは、相変わらず出来ない私ですので、ざっと。
http://www.youtube.com/watch?v=IitYJzD8rJM

公務では学科の教務委員をやり続けた一年でした。
簡単に言えば、教務主任のような仕事です。大学はノンティーチングスタッフが中学校より居ますが、まったく分離しているわけではなくその間を繋ぐ仕事をする人が必要になります。これが教務委員です。自分の仕事を後回しにして後回しにしてやり続けましたが、これが終わらない。会議は多い。だけど、誰かがやらなければならない仕事なので、やり続けたと言うことです。今年度一杯で取り敢えず終わるので一安心です。

講座講演には沢山呼んでいただきました。
学校教育現場と大学教育現場、研究現場の橋渡しをしたいなと思っている私は、お声がかかれば基本的には伺いたいと思っているのですが、流石に授業期間中は月に二回が限界で、それ以上だと本務に支障を来すことになりかねないので、お断りしております。ということで授業がないときになりますと、はい、ありがとうございました(^^)。今年も8月は全国のみなさんとお会いできました。

公務以外のお仕事では、引き続きNHK教育テレビの番組づくりに関わったり、新しく教科書の編集委員を依頼されたりとなって、人生でこんなに新幹線に乗ることになるとは思わなかったです。7月8月9月は毎週のように東京に日帰り往復していたなあ。だけど、こうして新しい方々と出会えて、新しいことに挑戦できる機会を得られると言うのは、実にありがたい。お誘いのある限り、体力、能力の許す限り、あとしばらく頑張ります。

論文は一本書けた。いま校正中。本は書きかけ。来年の三月には出したいなあ。
明日の教室は御陰さまでまる6年を迎えます。始めたときにはこんなふうな展開になるとは思いもよらなかったけど、これは嬉しい誤算。これからも日本一の方をお招きして、続けます。

家族での旅は、瀬戸内海一周の旅がなかなか楽しかったなあ。
厳島神社では、嘗て一緒に番組を作ったNHKのプロデューサーさんと偶然出会ったり、絶景の露天風呂に入ったり、饂飩を堪能したり。一年で一週間だけの時間だったけど、いい時間だったなあ。

娘(5)との楽しい時間は、それこそ時間を割いて最優先にしてきた心算です。あ、だから仕事が忙しかったのか。夏休みはそれこそ毎日のようにプールに行きました。御陰さまで、娘が始めて泳ぐ瞬間を見ること、動画に収めることが出来ました。歩く瞬間、泳ぐ瞬間の両方ともをみることができたのは、とても幸せです。

大変だったことは、教務委員以上に沢山あったけど、まあ、それは流して良かったことを中心に振り返るのが大晦日の過ごし方です。

それは、「七味五悦三会」という考え方が好きだからなんです。
今年であった七つの美味しい味、五つの悦しみ、三つの出会いを振り返り、良い一年だったねえと話をするというのが、江戸時代の庶民の大晦日の過ごし方だったとのことなのです。

美味しいものは七つに絞れそうも無いなあf(^^;。
喜びも、出会いも絞れないなあと思えるのは、実に幸せなことであります。
リンクには、中学生たちと二学期の最後の学活等でやっていた「七味五悦三会」のプリントを載せました。どうぞご活用ください。

http://kie.nu/FS8

どちらさまも、いい年の瀬をお迎えくださいますように。

« 2012年12月23日 - 2012年12月29日 | トップページ | 2013年1月6日 - 2013年1月12日 »