« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

2013/03/27

今日は大阪で高座、ちゃう、講座

3/27

P3211147_2

今日は大阪で高座、ちゃう、講座。
100人の予定が180人を越え、最後は入場をお断りしたと聞いた。知っていれば、私の方で詰めるのをお願いしたのになあ。申し訳ないことをした。

四月の学級経営のための講座であった。明日の教室にこられた方、本を読んでくださった方などもいて、ありがたく思いながら講座を進めた。
私の人気で人が集まったと主催者は話して下さったが、まあ、それよりも学級づくりというテーマが人を集めた部分が大きいと思う。

一年間をまとめ、来年度の構想を練る。
春休みはこの二つを同時にやる。
四月が兎に角そのクラスの一年間の殆どを決める。
待った無しで行われるし、ここでの躓きは修正が難しい。
だから、十分に準備をしてことが始まったら大胆に進めて行くしか無い。

花粉症と風邪でとんでもない声に2時間お付き合いいただいて講座は無事終了。
少しでも多くの情報をと思うので、早口での講座。
若い方は、テンポがあって良いという感想を書いてくれるが、年配の人は早口で聞きにくいこともあったとある。

ここは難しいなあと思う。
年配になって行くと、耳が聞こえにくくなるのでゆっくりと話してもらった方がいいのは私も実感として分かる。だが、これはちょっと問題を含んでいる。自分がゆっくりの方が聞きやすいからとゆっくりと話す授業をすると、子どもたちは速いテンポでの会話に慣れているので、だれてしまうのだ。

で、今日の講座の場合(というか、私がする講座のほとんどが)、対象は若手なのでテンポをあげて話すようにしている。対象が60歳以上とかいうのであれば、もっとゆっくり話しますが、対象が若手なのでそうする。そうすると、年配の方からこういうコメントがくる。実に難しい。

感想を読むと、及第点は貰えたようでありました。
良かった。
学級担任論で話していることをベースに話した訳で、これをうちの学生が聞けば聞いた話だらけだと思うだろうが、通常はこの手の話を聞くことは無い。本当はこの手の話はどこの教員養成大学でも受講出来るようにならないと思うのだ。

で、終わって廊下を歩いていたら、若手の先生が真剣な顔つきで相談しにきた。
「どうしたら、教師としての力をつけることができるのでしょうか?」
と。
簡単に答えられる問いではない。だけど、答えてあげたい問いだ。
『全てではないが、大事な方法としてあるのはね』
「はい」
『読む、実践する、書く。そして、読むとこの循環を続けることだと思います。少なくとも、読まないで、書かないで力を付けた教師はいないのではないかな。一日に1000字は書くというぐらいで行くのが良いのではないかな?』
と答えた。

10年続けるとその効果が分かるはずだ。即効性ではなく、土台をしっかりと作るやり方だと思う。

四月の子供達との出会い、指導がうまく行きますように。

明日の教室が、朝日新聞で紹介されました。

3/27

R0019861

明日の教室が、朝日新聞で紹介されました

6年前に糸井先生と始めたときには、こんな展開になるとは思いませんでした。

『ま、ぼちぼちやれたらいいよね』
「二ヶ月に一回位かな」
『会員とか、会費とかいらないよね』
「いいんじゃない」
『ネットで告知して、来たい人が来てくれればいいよね』
「だよね」

てな感じで始めたのですが、コンセプトは結構しっかりしていて

・日本一の人に来て頂く
・教育に関して思っていることを語って頂く
・「教室」サイズを重視したいので、参加者40人上限を原則とする。
・懇親会を大事にする
・若手を育てることを大切にする
・極力安い参加費を目指す

ということでやっています。

それが、明日の教室の本は出版されるし、いまでは大阪、東京、九州、名古屋、岡山と分校も出来、京都の会場で行われるものはDVDに収録され販売され、全国の教育委員会や教職課程のある大学からセットでの注文を頂いたりしています。人を集めるのが難しいと言われている教育研究会で、毎月40人程度の人が集まり、年に10回はやってそれが5年も続いているのですから。

若手には本物に触れて欲しい。
本物に触れ続けると、何かが育ち、何かが変わるというのはあると思っています。
現場は忙しく、毎回参加することは厳しいでしょう。
体調が優れない時もあるでしょう。
いいんです。その為にDVDもあるし、全国で行きやすい所に行ってもらえればいいんです。

無理矢理勉強させられたとして、まあ、少しは伸びるでしょうけど
大人の勉強は特に自分が学びたいと思うものでなければ伸びません。
明日の教室は、無理に来る所ではありません。
他にも研究会や勉強会はあります。
問題は自分に合ったところを探すことです。
そして、合っているなと思ったら続けることです。

私は糸井さんと
『もう、京都はなくてもいいか?』
と話すことすらあります(^^)。
各地にこれだけできているのですから、こういう考え方が広がったのだから、おじさんたちはもう引退してもいいか?と思うこともあります。

ですが、もう少しやりたいこともあるし、参加者が喜んでくれるのはとても嬉しいので、まだ続けようねということに話は帰結します。嬉しいことです。ありがたいことです。

教育はプレゼントなわけで、それも勝手に与える営みな訳です。
貰う方が貰いたいかどうかは分かりません。
だから、私たちはこうして勝手に明日の教室というプレゼントをしている心算です。

良かったら来年度もお越し下さい。

2013/03/26

「良いこと考えた!」

3/26

R0020079

結婚記念日だったので、ちょっと奮発して食事に出掛けて行った。
大好きなラムのステーキが絶妙の火加減で供されて、大満足。

先に食事が先に終わった娘(5)は、いつものようにメモ帳を取り出して文字を書いて遊んでいた。そこに念のために聞いてみた。
「今日は何の日?」
と聞いたら
「結婚記念日!」
と答えるではないか。
そして
「良いこと考えた!」
と言って描き始めたのがこれ。

Cake

キャンドル二本の方が、イチゴのケーキで、一本の方がみかん、バナナ、イチゴのミックスケーキ。

まさか、こんなお祝いのケーキを娘から貰えるとは。ううう。

桜は、桜だけを思い出すことは殆どない

3/26

Photo

満開の桜のタイミングで東京に来られるとは思っていなかった。会議の前に小一時間だけ桜を見て歩くことが出来た。残念ながら曇り空の夕暮れであったが、江戸時代からの桜の名所飛鳥山の桜を見て歩くことが出来た。

桜は、桜だけを思い出すことは殆どない。
桜は誰と見たのかを思い出す。
だから、一人で見る桜というのは、なんとなく切ない。
淋しいと言うより、切ない感じがする。

古の人たちもそうだったんじゃないかなあと思うことがある。
古来こんなに桜が歌に詠まれたのは、一人で桜を見ることの切なさに耐えられなかったからではないかなあと思うことがある。

歌を作ることのない私は、
その思いで写真を撮っているじゃないかなと思うこともある。
京都の桜を目指して帰路につこう。
今日は結婚記念日だ。

2013/03/24

朝日新聞の教育欄に載った

3/24

R0019896

キャンパスの桜が咲き始めた今日、私も関わる記事が朝日新聞の教育欄に載った。今までJapan Timesとかにも載ったことはあるし、教育雑誌やテレビから取材を受けたこともある。だけど、今日のは嬉しかった。記事には直接書かれていなかったが、「学習ゲーム」のことを取り上げてくれていたのだ。

「先生、今日、何するんですか?!」
と職員室に子どもたちが質問にくる。私は
『授業だよ、授業。国語の授業(^^)』
と言っていた。
職員室ではやや微妙な空気が流れていたが、私は内心とても嬉しかった。
勉強なんて大嫌いという彼らが、今日の授業を楽しみにして職員室まで聞きにくるのだから。保健室から抜け出してくるのだから。

学習ゲームは、ゲームの中に学習内容が組み込まれているゲームのことを言う。
サッカーをしている子どもたちは、大腿二等筋を鍛える為にサッカーをしていない。勿論、心肺能力を高めるためにもやっていない。しかし、これをやるとその力が付く。私は、国語でこれをやりたいと思ってあれこれやってきた。

国語の授業は教科書、ノート、辞書、便覧。これでやるのが当たり前。しかも先生が説明し、板書したのを書き写すのが当たり前と言う時代に私は教師になった。だから、遊び、ゲームで授業を構成したら、それは浮く。しかし、若造の当時から間違っていると言う感覚はなかった。

25年だ。
25年経って、やっと世の中で認められたかなあと思った。
勿論、アメリカではその先の先を行く学校が作られていて、
(くそお。これをなんで日本で出来ないんだ)
と思う私ではあるが、先ずは一歩。
25年で一歩だ。

こうなると数百年生きないとあれこれは達成できないことが分かるが、当たり前だが無理。私が生きている間に、やれることをやり前に進み、あとは後ろから来る人たちにどうぞと渡せるようにする。

藻掻いて、苦しんで、それでも間違っていないと思いながらやってきたことが
こうして評価されるのは、やはり嬉しい。

ということでお祝いの食事。
体調を整える為にビタミンB2を摂取したいこともあり、
手作り餃子。豚肉にはビタミンB2がある。
我が家の餃子は、ニラと豚肉と塩のみ。
家族で包む。
そして、これを蒸す。

もう少し前に進もうと思った。

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »