« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »

2013/05/09

子どもの抱えている「問題」がある

5/9

943402_10151326897492134_2114668846

学生たちの卒論指導をしていて、気になることがある。
それは、先行研究をして問題を発見して、その問題を解決するというストーリーを作るのだが、それだけに固執している感じがある。私の指導が悪いのかなあ。

問題点がある。これはこう解決すべきだ。

というストーリーは、まあいいだろう。
しかし、もう一つのストーリーを描けない。
つまり、

問題点がある。いや、これは問題点ではない。特徴である。この特徴を生かすことが大事だ。

というストーリーだ。



三者面談で親に相談されたことがある。
「先生、うちの子どもは落ち着かないんです。どうしたらいいでしょうか?」
と。
『落ち着かせる為には、〜』
と話すことも大事かもしれないが、これはむなしくないか。
そういう子どもは落ち着かないものだ。
そうだとすれば、
『落ち着いたらやれないことをやらせてみませんか?』
とターンすることを考えることも必要だと思うのだ。



子どもの抱えている「問題」がある。
よく見れば、それは問題ではなく、その子どもの特徴だという可能性もある。
そうだとすれば、その特徴を生かす指導を考える。

その仕事をするのが教師じゃないかのかなあ。

『先生は、どうしてそのドアノブを見つけられるのですか?』

5/9


945602_10151326694097134_1108827534

2限。

4回生ゼミ。
卒論目次案指導。二回目のその3。
全員が春合宿の目次案と違うものを提出して来た。テーマそのものを大きく変えたのが一人。後の二人は、テー
マを絞って来た。

私は論文執筆は、ラリーレースのようなものだと思っている。目的地に向けて、安全で快適な道を進む。制限時間内にゴールするである。しかし、この安全で快適な道を時間通りに進むのは、一人では厳しい。そこで、ゼミの仲間と意見を交わし合い、指導教官のアドヴァイスを受けるのだと考えている。

言ってみれば、私はドライバーの学生の運転するラリーカーの助手席に座るナビゲーターのようなものだ。しょっちゅう乗っているわけではないが、彼らにその卒論指導の旅の途中で様々な場所に連れて行き、いい景色を見せ、時にはマディな場所からの脱出に挑戦させということをさせながら執筆の力を付ける、そんなナビゲーターだ。

私が答えを持っているわけではない。私は彼らが目指したい方向に向かってナビをする。そのための、卒論指導の時間がいまのゼミの時間だ。



3限。

2回生ゼミ。
子どもの詩の読解。今日の発表者は揺れる指導言が多くて、私は頭が混乱してしまった。授業を受けている学生達は、その指導言を深読み、先回り読みして真意を探り出し、授業として成立させようとしている。

(ああ、この学生達はやっぱり学校適応過剰な面があるな)
と思ったのだ。大学で教師を目指そうという学生達は、基本的にまじめである。そして、先生の言うことを素直に聞こうとする学生達である。だから、こういう授業でも成立してしまう。

しかし、実際の現場はそんなことはない。
いまの指導言のどこがどのようにおかしいのかを解説することになる。

詩の読解である。
子どもの書いた詩を元にして、子どもが表現しているものと、表出しているものの差を読み取り、子どもの真意に辿り着く。そのレッスンをしているのだが、これがなかなか難しい。

子どもの表現した作品には、子どもの真意に辿り着く為の扉が隠れている。それは表出してしまった部分である。つまり、真意に辿り着く扉のノブの部分が、表出した部分である。

この表出した部分は、実はなんでも無い形でそこに現れている。それがドアノブだと気がつけるようになるには、実は相当のレッスンが必要になる。私も学生時代になかなか読めなかった。しかし、恩師竹内常一先生は、そのドアノブをいとも簡単に見つけ
「ほら、ここにある。これを開けてみよう」
という感じでそのドアを開き、その向こうの世界を見せてくれた。愕然としたものだ。

『先生は、どうしてそのドアノブを見つけられるのですか?』
卒業して教師になってしばらくして、先生に伺うチャンスがあった。先生は
「ん、みんなで何回も読んだからだな」
と素っ気なく。そして、
「本当だ。それだけだ」
と話されていた。

今は、それが本当のことだと分かる。みんなで何回も読む。テキストリーディングは、これが大事。仕事のためには速読も大事だが、じっくり読む経験をしておくことも大事。

じっくりと、60分かけて一つの詩を読む授業が続く。

私は一番勝った人がジャッジと決めている

5/9

Img_9333

ディベートの試合では、三人一組のグループを作って肯定側、否定側、ジャッジの役割を分担して行うことになる。じゃん拳で決めることが多い。その時、どの順番で決めるか? 私は一番勝った人がジャッジと決めている。理由は特に初心者の場合、ジャッジが難しいからである。

一番難しいものを、じゃん拳で勝った人がやる。これは小さなことだが、私が大事にしてきたことだ。掃除の分担を決める時も、給食の分担を決める時も、係を決める時も、じゃん拳で決めるとなったら、勝った人が一番大変なのをやるである。

なぜか。
勝った人は強い。
強いと言うことは、力があると言うこと。
力がある人は、その力をうことができる。きちんと使うべきである。
きちんと使うということは、自分のこと以外に使うということである。
それが出来たとき、その人は本当に力があると私は考えている。

力を自分のためだけに使うのは、エゴになる可能性がある。

また、勝った人が自分の都合のいいものを選び、負けた人に押し付けるということを繰り返えすことは、力のある人は、嫌なことを他人に押し付けても良いという雰囲気を醸し出すことになると考えている。

些細なことだ。
だが、こういう些細なことを大事にすることが、集団を作って行く為には大事なことだと考えている。

2013/05/07

昼前から琵琶湖の畔でリラックスTime

5/6

Img_9225

昨日の名古屋往復の間に読み終えようと思っていた本が読み終えられず、今朝は4時半に起きて6時前に読み終える。

それから、風呂に入りながら新しい本に取りかかる。

これがまた良い本。100pちょっとの本なのだが、1ページを堪能するのに時間のかかること、かかること。山を登りながらというか、雪道をラッセルしながらと言うか、そんな感じで読み進める。

昼前から琵琶湖の畔でリラックスTime。
本を読みながら、時間を過ごす。

時々、目をつむる。寝る。アイディアが浮かぶ。本に書き込む。目をつむる。琵琶湖の日差しを感じ、風を感じ、波の音を感じ、気がついたら4時間であった。

気がついたら、体中真っ赤。
ああ、今年もやってしまった。つい、心地よくて日焼けのことを忘れてしまうんだよね。夏は始まっているんだよな。

だけど、本当にリラックスできたし、
研究の本丸が見えて来たし、
実に良い時間でした。

朝から名古屋に出向き、NADE東海支部の入門講座、観戦講座

5/6

316074_10151323053527134_1096898445

昨日は朝から名古屋に出向き、NADE東海支部の入門講座、観戦講座の講師をして来た。
入門講座には100人が集まり、108人収容の教室はもう満員というより、まんぱん。頑張りました。

午前中が3時間の入門講座。
ディベートの基礎理論の説明と、シナリオ方式のディベートでの体験。さらにその解説と盛りだくさん。東海を強くしてどうする、オレ?と思いながらも、そこは全国教室ディベート連盟の理事。全国のレベルアップを考えてガンガンやる。

午後は、高校の試合を観戦し、その試合の解説を行いながらの講座。試合後さらに質問を受け付けて答える形で進める。

んでもって、閉会式で挨拶をと言われたので、手短に挨拶。手短だが、言いたいことはきちんと伝えて来た。私は連盟の議論の文化を日本に広げると言うミッションは大事にしつつ、と同時にこのディベートを通して彼ら彼女らが人間的な成長を遂げてくれることを切に願っている。そのことをきちんと伝えて来た。



流石に疲れた一日だった。
東海支部のメンバーと中華料理屋さんで軽く食事をして、新幹線で帰宅。
たった40分の新幹線だったが、軽く熟睡。
そして、京都駅で下車。

湖西線の乗り継ぎがいいので、気持ちよく歩いてたら、ガーン。
お土産を新幹線に忘れて来てしまった。
慌てて確認をしたが、出てこない。
掃除の後にもう一度確認ということなので、それを待ちましょう。



疲れてはやっぱりミスが出るね。
ま、でも、充実した一日でした。

« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »