« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013/06/07

飾るではなく、見極めるを楽しむことができる

6/7

Gr011746_2

このところ、モノクロ写真が気に入っている。
GR4も良かったが、GRもモノクロがさらにいい。

深く写真に関わり始めたのが高校生のとき。
フォークソング研究会の映像記録を担当するようになってからのこと。
中学生の時からカメラは好きだったが、コンサートを記録するようになってから深くやるようになった。

コンサートでは、フラッシュは焚けない。演奏に影響も出るし、何と言っても絵が平板になってしまう。立体感が消えるのだ。だから、焚けない。しかし、暗い会場ではそのままでは写らない。だから、増感現像をすることになる。

増感現像といっても、分からない人ばかりだろうなあ。ISOがASAだったころの話だ。その当時は、フィルムカメラで、しかも、缶に入ったながーいフィルムを買って来て、ダークバックというところに入れて、パトローネというフィルムの入っている入れ物に36枚になるように手探りで詰めて、用意。

撮影する時は、そのASAの感度を上げて擬似的に写りやすくする。それを現像の時の現像液の温度と時間を調整することで、暗い所でも写るようにする技術、これが増感現像なのでした。

Gr012124_2

酸っぱい匂いのする押し入れを改造した現像スペース。赤い光の中に浮かんでくる写真。この瞬間はなんとも言えないいい瞬間だった。

それを四つ切りぐらいのサイズに焼いて、フレームに入れて仲間に渡していた。もう30年以上も前のことだなあ。

Gr012137_2

そして、このごろまたGR4、GRを手に入れて楽しくモノクロをやっている。正確に言うとハイコントラストモノクローム写真だ。

多くの人が言うように、モノクローム写真は、被写体の本質の部分を写し出すことがある。フレームと言うか、シェイプと言うか、核心というか。色で演出されていないことにより、被写体の生がでる。しかも、ハイコントラストだからさらに強調される。

これは、被写体にとっても撮影者にとっても実はスリリングなことだと思う。なんといっても隠せないのだから。というか、現れてしまうのだから。見ていたはずなのに見えていないものが見える。このスリルと快楽を与えてくれるのがモノクロ写真。

Gr011683_2

飾るではなく、見極めるを楽しむことができる。

Gr011078_2

2013/06/04

プロジェクトのβ版の限定公開を初めて行った

6/2

576672_10151359429587134_589700410_

本学児童教育学科の教材教具祭りが終わった。
連絡ミスがあって、講師として来て下さった多賀先生と岩下先生には大変ご迷惑をかけてしまった。反省。

ではあるが
、お二人の話を聞けた参加者は、大満足であったろう。
私のゼミの学生たちも、終わった後大興奮であった。
「あー、うちの大学で教えて欲しい」
と私の前で言う。
私も一応国語を教えているのだが(^^)。
ま、でも、それは良くわかる。

何かの授業を担当して頂けないかなあ。



で、この日はいま開発しているプロジェクトのβ版の限定公開を初めて行った。
機能を制限して公開。
そして、それで遊んでもらって、不足に感じる所を教えて頂いた。
こういう機能があればいいのというところを教えて頂いた。

殆どの人が、素晴らしい、直ぐにでも使いたいという感想をくださった。
特に若い先生は、私たちが目指そうとしている世界をすぐに理解してくれて、興奮してくれた。

しかし、その一方でこの世界が良く理解できない人もわずかではあるがいた。子どもたちが受け入れるのだろうか?と納得いかない様子。こういう人から話を聞くのがチャンス。あれこれ伺う。伺ったが、私にはどうしてこれがダメだと言うのかその理由が良くわからなかった。分からなかったが、そういう風に感じる人がいるのだということを知ることは、とても意味があったと思う。



開発研究に協力してくださる方も結構見つかった。
先ずは、β版1.0の完成に向けていいスタートを切れたと思う。
夏が終わるまでには、完成させたい。

« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »