« 2013年10月27日 - 2013年11月2日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »

2013/11/06

基本中の基本。 子どもを見るということ。

11/6

Gr321503

(冬の味覚。グジの刺身)

学級担任論だん。

学級集団内の小集団の分類と、学級集団の分析について。

群れを集団に育てる。目標に向かって組織とルールをベースにして活動して近づいていく。そこに文化が産まれる。さらに、文化から新しいものが産まれていく。これが出来たとき群れは集団になっていく。

ここを目指す為に、学級の中にある私的な小集団を理解し、公的な小集団へと育てていくことが大事。そうだとすれば、子どもの状態、群れの状態の学級、集団を分析することは大切。

子どもの分析は、簡単に言えば観察から始まる。いや、観察ができなければ出来ない。もっと簡単に言えば、子どもを見るということだ。じっと見る、ボーッと見る、観点を決めて見る、目の端で見る、目を瞑って見る。色々な見方がある。

色々な見方があるが、何を見るのかと言うのは決まっていると私は思う。
それは、子どもの違和感である。
(あれ、なんか違うな)
である。

いつもと違うもの感じ、見る。
そして、それな何なのか、何故なのかを考える。
これが観察であり、分析であると思うのだ。

これを別の角度、観点でやる。または効率的な方法でやるかどうかで違いはあるが、根っこはここである。これを、子ども、群れ、集団のそれぞれに当てはめていく。そうしてこれを見る。

本学科では、このことを体験させる為に、フィールドワークを二回生からしている。
集団をマネージメントする担任の仕事と、集団の平均から外れている子ども一人一人を相手にする担任の仕事と両方ともを身につけるための、最初の一歩になればと思ってである。

難しいんだけど、大事なこと。
基本中の基本。
子どもを見るということ。

2013/11/03

それが、親や教師の仕事

11/3

Gr321396

「えー、このぐらいいでしょ」

「えー、このぐらいなんとかして下さいよ」
と小学生でも大学生でも言ってくることがある。
『ん、ダメだよ』
と笑顔で答える。
「えー、けち」
「えー、そこをなんとか」
『けちではない』
『なんとかならない』
と断る。

小さな我侭を受け入れないこと。
ルール違反を認めないこと。
受け入れたら、
(ラッキー、これぐらいなら大丈夫なんだ)
ということを教えてしまう。そして、それを彼らは自分で拡大解釈して、これぐらいいいじゃんをくり返すことになる。そして、多くの場合破滅する。

だから、最初にダメをきちんと言わなければならない。
嫌われるんだけど、言わなければならない。
それが、親や教師の仕事。

明日の教室11月のご案内です

20131011ymashita


明日の教室11月のご案内です。

11月は今年の4月の講座へのアンコール講座です。
この時の講座は、絶賛の嵐でした。
新進気鋭の若手マジシャンの山下翔吾さんに再登場願います。
4月の講座の様子は以下の通りです。

http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2013/04/post-4b73.html

手品は、論理と技術。これを訓練で身に付けます。
とても授業と相性がいいです。
子どもの相手をする時に、いくつかの手品が出来るととても良いです。
今回は11月の講座ということで、忘年会にも間に合います。

山下さんは、クロースアップマジックですので、大きな教室で行うことはしません。
50人限定です。

なお、今回は、手品用のトランプを予めこちらで注文しますので、参加費にトランプ代を含めております。ご了解ください。なお、学生諸君は、参加費は無料ですが、トランプ代として300円は必要です。

では、参加をお待ちしております。

申し込みはこちらです。
http://kokucheese.com/event/index/125725/

講師経歴

山下翔吾 1989年9月18日生まれ 熊本県出身
京都造形芸術大学映画学科在学時にマジックに出会う。大学で専攻していた映画とマジックを融合させた、物語のある新しいジャンルのマジックに挑戦する若手マジシャン。ホテル専属マジシャンとして活動するほか、現在ロングラン公演中の舞台「GEAR‐ギア‐」にマジックパートとして出演中。NHK、ABCなど各局テレビにも出演。映画『弥勒』(監督:林海象、主演:永瀬正敏)のマジックシーン演出。

http://item.rakuten.co.jp/100magic/1021/

« 2013年10月27日 - 2013年11月2日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »