« 2013年2月3日 - 2013年2月9日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »

2013/02/16

2月24日 明日の教室は、NHKの桑山裕明さんをお迎えします

2月の明日の教室は、NHKの桑山裕明さんをお迎えします。

桑山さんは、この15年、日本中の優れた授業を一番多く見た人の一人と言っても過言ではないでしょう。日本中の優れた授業を見て、番組として紹介し続けてきました。現在担当している番組は、『Rの法則』です。

常に時代の最先端の教育と触れて来た桑山さんに、番組をつくることと授業をつくることとの接点、相違点、共通点などを語っていただきます。この15年の日本の授業の流れがわかり、これから5年位の流れの方向性も見えてくるかと思います。

乞うご期待です。
お申し込みは、http://kokucheese.com/event/index/74671/ です。


プロフィールです。

桑山裕明さん
NHK制作局 第一制作センター 青少年・教育番組部チーフ・プロデューサー。
元東京学芸大学時常勤講師、現武蔵野学院大学非常勤講師。

これまでに担当した主な番組は、『わくわく授業』『伝える極意』『テストの花道』などです。どれも教師であれば見ている番組ばかりです。



なお、学生諸君の参加費は、現在無料で行っております。どんどん申し込んで下さい。
また、京都橘大学の参加する学生は、12:00に池田研究室に集合のこと。会場準備をします。

新しい下敷きが気に入っている

2/16
Img_4185

新しい下敷きが気に入っている。
下敷きと言えば、色の指定が合ったり、アイドルやアニメのキャラクターは禁止だとかいろいろと言われたのが私の子ども時代。
曰く「勉強に集中できない」ということで、派手ではない色で絵柄も地味なものが指定されて来た思い出がある。
しかし、そんなことよりも私は下敷きにはもっと大切なことがあると思うのだ。それは、弾力性だ。吸着力とか筆記用具追従性と言ってもいいかもしれない。コンピュータで言えば、キーボードのタッチと同じ位大事な部分だと思うのだが、なぜか下敷き指導に関しては無視されて来た。
私は子どもの頃、だから下敷きを敷いてノートに書きなさいというのがとても苦手だった。鉛筆が滑ってしまうのだ。だから、下敷きを取ってノートに書く。書いている部分の下の厚みが弾力になって書きやすい。しかし、これを先生はあまり良しとはしてくれなかった。
いまお気に入りの下敷きは、皮である。
皮の端切れを使っている。300円程度で買えた。穴が空いていたこの端切れ。そこに娘(5)が作った網紐を入れて使っている。これが実に心地よい。吸い付くのだ。ボールペンが、鉛筆が、万年筆が紙に吸い付くのだ。
子どもの頃、この下敷きがあったらもっともっと楽しく字を書いただろうなあと思う。一緒に写っているのは、インクボトル型の鉛筆削り。これもお気に入り。
新学期に向けて文房具を新しく買い直すなら、この下敷きはお薦めである。

« 2013年2月3日 - 2013年2月9日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »