« 【速報】明日の教室 2014年度4月の講師と日程が決まりました。 | トップページ | 教員がworkできる学校を作ろう 学級事務職の導入を改めて提言したい »

2014/02/19

あなたが赴任する土地の歴史を勉強することだ

2/19

Img_2141

教員採用試験に合格して、来年度から働き始める人は、
(どこが赴任地かなあ。まだ決まらないかなあ)
とそわそわし始める頃ではないだろうか。どこに決まるのかは、結構人生を決めるように感じるからそわそわ、どきどきだろう。

新任がどこに決まるかは、退職する先生、移動する先生、新年度の子どもの数が確定しないとなかなか決まりにくい。だから、新卒の場合、都道府県、市町村名ぐらいはなんとなく決まっても、学校が決まるのは3月というのが結構ある。私は3月も25日を過ぎてから決まったなあ。

赴任地の希望はできる。でも、希望ってのは、希な望みなんだよね。どこに行くか分からない。大学受験までの希望とは希望の意味が違う。大学受験までは、親、先生、塾の先生までもが、あなたの「望み」をかなえる為の大応援団になる。しかし、仕事の場合そんなことはない。


仕事は、依頼されて、それを完遂して、成果を出して、次の仕事をまた引き受けてという流れに乗る。んー、乗れることが望ましい。依頼から始まる。それが出来ないと次は無い。教師の場合、公務員が多いので次もあるんだけど、実際はないような気がする。そこに行けと言われて、降ってくる仕事にどう応えて行く。これが仕事。希望とはほとんど関係ない。

どこに着任するかは、あなたの人生においては極めて重要だろう。が、子供達から見たら、保護者から見たらどう見えるだろうか。当たりとか外れとか言われるかもしれない。ま、そうだろう。じゃあ、いまどうしたらいいのか。はずれとか言われない為には。いろいろな教育書を読むことも大事。でもね、もう一つ大事なことがある。

それは、あなたが赴任する土地の歴史を勉強することだ。都道府県、市町村。この二つのカテゴリーで勉強しておくこと。子供達が、親たちが知らない、その土地の素晴らしい部分を理解しておくこと。ほら、東京人が東京タワーを良く理解していないように、その土地の有名な場所を知らない人は多い。

更に言えば、ちょっと調べれば分かる事実のレベルを知らないまま、ん十年生きている親たちもいる。万葉集第一巻の最初の歌は雄略天皇の「国褒め」の歌だ。この土地はとても良い所だぞと褒めている。先生と天皇ではまあ、違うけど、でもね、外からやって来た先生が「ここはいいところだね」と言う。

それは大事なことだと思う。先生が「ここは酷い所だねえ」というのと「いやあ、ここはいいところ」というのでは、全く違う展開になる。だから、新しい赴任地が決まった先生は、その土地の良い所を沢山、沢山手に入れておくべきだと思う。地元の図書館で地誌を手に入れればわかることだ。赴任が決まった市町村役場に行けば資料はあるはずだ。

卒業旅行でここではないどこかへ行って、見聞を広げることもとても大事。それと同じ位にあなたが赴任するここを理解することも大事。「これって、◯◯にある、あれですよね。素晴らしいですよね」と保護者の前で言えたら、保護者はあなたのことを簡単には捨てないでしょう。その学校の一員として受け入れてくれるでしょう。

自分の住む土地を褒めてくれる人を、悪く思う人はいませんって。



« 【速報】明日の教室 2014年度4月の講師と日程が決まりました。 | トップページ | 教員がworkできる学校を作ろう 学級事務職の導入を改めて提言したい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【速報】明日の教室 2014年度4月の講師と日程が決まりました。 | トップページ | 教員がworkできる学校を作ろう 学級事務職の導入を改めて提言したい »