« 教育、指導の営みは、教師にとっての「問題解決学習」なのだ。 | トップページ | お陰さまで、2013年度京都橘大学の卒業式を終えることができました »

2014/03/12

問題には二種類あるということが、理解されていない

3/11

P3110006

三、四回生合同の春合宿に行って来た。
京都府の宮津。海のあるところだ。

大学での会議を終えて、200キロ以上を走って到着を目指した。
ところが、雪。ノーマルタイヤの私は、チェーン規制の高速は乗れなくなってしまった。下道。ま、結果的には3時間の予定が3時間30分でゴールできたので良かった。

食事をとってから宴会。
今の学生たちはそんなに飲まない。ま、別に嗜好品だからいいんだが、やや気になる。
で、ここで盛り上がったのは三回生女子グループはダンスのようなゲームで盛り上がり、四回生は、ノイというカードゲームでだった。

私はノイに参加したのだが、かなり面白かった。
早速注文した位。

宿は、離れだったのでどれだけ騒いでも他のお客さんに迷惑はかからない。というか、他のお客さんがいない。良かった。

翌朝、もの凄くいい天気。
冬の宮津はどんよりした空がデフォルト。こんなに晴れることは珍しいとのこと。

午前中は、三回生の卒論目次案指導。
昨日の分は、四回生がやってくれている。遅れて到着した学生たちの分をみんなでやる。そして、私は昨日の学生の分も含めてコメント。

最初の目次案なので、何が何だか分からないままに書いてくる三回生。
それを丁寧にほぐして、アドヴァイスを送る四回生。
なかなか良かった。

三回生が、
「じゃあ、ここはこうしたらいいんでしょうか?」
と質問する。それに対して四回生は困った顔をする。
私が解説をする。

『こうした方がいいとも言えるし、違うとも言えるから四回生は答えられないんだよ。正解に向けて知識を集めて、勉強すればいい論文が書けるというわけではないからだ。書きながら変って行く。だから、今の時点で何がいいのかということは言えたとしても、それがそのままいくのかはわからない。だから、卒業生は答えられないんだな』

『中には、私(池田)が、答えを持っているのに、答えてくれないという考え方を持つ学生さんたちもいる。だけど、それは違う。大体こっちの方向に答えがありそうだと言うことは言えるけど、答えは分からない。そもそも、論文ってのはまだ解明されていない問題を自分で解明するものなのだから、私が答えを知っているわけが無い。君が解明するのだ』

問題には二種類あるということが、理解されていない。
一つ目の問題。たとえば、卒論でアンケートを取るとかインタビューをするとか、それらの理解が出来て来ないこれは問題。その問題は勉強で補充することが出来る。解決することが出来る。

だが、論文に必要な問題はそれだけではない。
いま、書こうと思っているテーマで、どこに解明されていない問題があるのかを見つけることが大事になる。これが二つ目の問題。

この二つ目の問題を発見するために、先行研究をするわけだ。そうして書こうとする問いを見つけて行く。見つけたら、論を構成し、調べ、考え、執筆して行く。

『そのために、君たちが頼りになるのが、大学の先生、ゼミの仲間、いま検討している目次案なのだ。自分の考えを問い直し、論に導いて行くための頼りがこれらなんだな。ま、これは書き終えた四回生には分かるだろうが、書き始めようとしている三回生にはわからなんだろうなあ。人生の真実は後から分かるようになっているからなあ』

記念写真を撮って、解散。

晴れた日本海は非常に美しい。
いいゼミ合宿でした。

P3110015

« 教育、指導の営みは、教師にとっての「問題解決学習」なのだ。 | トップページ | お陰さまで、2013年度京都橘大学の卒業式を終えることができました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育、指導の営みは、教師にとっての「問題解決学習」なのだ。 | トップページ | お陰さまで、2013年度京都橘大学の卒業式を終えることができました »