« この慟哭の果ての絶望の中から | トップページ | 語れる人 »

2014/12/07

入院治療六日目

9/21

起きた。入院治療六日目。お陰様でお昼には退院の運び。 症状は気休め程度にしか改善されていないが、ここを丁寧にやったかやらなかったかは、後に影響することがあるので、今回は丁寧にやった。
最初、この耳鳴りと一生付き合って行くことになるのかと思った時には、ピストルで耳を吹っ飛ばしてしまいたいと言う衝動に何回か襲われた。しかし、耳鳴りにはなんとか慣れた。この耳鳴りにも慣れるだろう。
半分聞こえる幸せ。嫌なことは半分聞こえない幸せ。そんな風に思える。
さ、朝ごはん、薬、最後の点滴だ。

« この慟哭の果ての絶望の中から | トップページ | 語れる人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31