« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年5月4日 - 2014年5月10日 »

2014/04/24

最後まで書けなかった「ひ」

4/22

10155282_10151918750397134_45250468

娘(6)のひらがなの練習に付き合う。今日は「ひ」。
この字は私が最後まで書けなかった字だ。
大学2年生の時にやっと、取り敢えず満足できる「ひ」が書けるようになった。

活字の「ひ」と、書道の「ひ」は字の角度が違うので、活字が書けるようになっても、書道の字は書けない。また、筆先が回転する場所が二カ所、さらに筆の両側面を使う技法もある。

この字の形の結構と、筆の動かし方の運筆。この二つを単純な字の中に求めるのが、この「ひ」の字なのだ。

娘は、中学生位までにはこの字が書けるようになるといいなあ。
写真は徳川美術館所蔵の伝藤原行成の一品。
学生の頃書いて練習したのは、これら。
http://www.tokugawa-art-museum.jp/planning/h16/07/obj02.html

上手く行かないときに幸せで居られるってことは

4/22

10257703_10151918925842134_28662647

やればできるってのは、違うときちんと教師が言うべきだよなあと思う。
確かに、やらなければ出来ない。が、やれば出来るとは違う。

努力すれば上手く行く。
いや、これも違う。
上手く行った人は努力している。

努力したって上手く行くとは限らない。
だけど、結果がでなくとも、努力、そのプロセスは評価に値する。
結果だけカウントするような指導をしたら、
結果がでないことには、取り組まない子供達を育てる。

人類は、空を飛ぼうと夢見て来た。
何人も怪我をして、何人も命を落としただろう。
でも、やっていないことに挑戦し、結果を出した。
挑戦し続けた先達がいたから、結果が出た。

やり続けて、それが閾値を超えたとき、うまくいく。
これが正しいと思う。
ただ、この正しさを理解できるのは、
閾値に至るまでの苦しさを通り抜け、その後の成功体験をした人だと思う。

そうだとしたら、教師は、大人は、
子供達に早く、成功体験をプレゼントすべきだ。
小さな成功体験と、1年後3年後10年後に得られる成功体験を。
そうすると、上手く行かなくてもだえ苦しんでいる自分を客観的に見ることが出来るようになる。これが成功への一里塚なのだと言うことがリアルに分かる。この苦しみは成功に繋がっていると分かって嬉しくなる。

上手く行くっていうのは、そんなに簡単なことじゃない。
が、上手く行かないときに幸せで居られるってことは学習出来るんじゃないかなと思う。

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年5月4日 - 2014年5月10日 »