« いい実践ってのは | トップページ | 今朝の朝焼け »

2016/01/09

「先生、何を勉強したらいいのでしょうか?」

Img_5935
今日の明日の教室で若手の先生数人から、同じ質問を受けた。
なかなか驚いた質問だった。しかも、それが数人から出てきたことにも驚いた。
「先生、何を勉強したらいいのでしょうか?」
という質問である。
明日の教室に来るような熱心な先生である。その先生が、どうやって技量を高めていけばいいのかが分からない。何を勉強したらいいのか教えて下さいというのだ。
実に驚いたのだ。そして、納得もしたのだった。多分、これを学べばいい教師になれる何かがあると思っているのではないだろうかということなのだ。
採用試験に合格するためには、この正解を効率良く理解しそれを間違いなく答案用紙に書き込む勉強を必要とする。しかし、これは採用試験に受かるまでのことだ。学校の現場には、このようにこれを学べばすぐに全てに対していい結果の出るというようなものは、ない。
いや、何かを学んで力をつけるというような発想は、私にはなかった。教師としての力量は、実践の中で結果的に身についていくものであったというのが、私の実感なのだ。
私は、同じことを数回説明した。
『あのね、子供の事実はどうなっている? そして、あなたはこのクラスをどのように育てたいの? 3月のゴールは何?』
「.....」
『今のクラスを理想のクラスに導くために、必要なことは何?』
「えーっと、どうも一部の女子が固まりすぎてしまって、交流がないので、グループがあってもいいので、交流のあるクラスにしたいです」
『そう。じゃあ、そのためには何が必要なの?』
「......」
『そこを考えて、必要なものがわかったら、それを身につけるための努力をするんじゃないかな。それが勉強では?』
「......」
『その過程を文章にまとめて、自分で考察する。そして、それを他の誰かにも見てもらう。そうやって足りないところを見つめ直し、修正しながら指導に当たる。そのために必要なことを勉強し、指導に当たる。その結果教師は指導力がついていくんじゃないのかなあ。どう?』
もしそうだとしたら、クラス、子供を見る目と、自分が何者なのか、比較優位の中で自分は何が抜きん出ているのか、他の人にはできないものは何なのかなどを理解する。その中で、その先生にだけしかできない実践が生まれてくるのだと思うのだ。
慌てて付け足せば、その先生にだけしかできない実践が生まれてくればいいのではなくて、その実践は価値がなくてはならない。しかし、価値があるかどうは自分では判断が難しい。だから、発表しコメントをもらいとしていくんだよなあ。
この技術が身に付けば、授業ができる。
その技術とは何だろうか?
そんなことを思っている若手教員が増えているとは思っていたが、まさにそれを具体的に体験した。
その技術が生まれざるをえなかった、子供の事実、指導のあり方などを視野に入れないと、その技術の本当の価値は伝わらない。理解できないだろう。
そういう意味で、今日のレポート検討、模擬授業はとてもいい刺激を与えてくれたんだなあと思う。
良かった。

« いい実践ってのは | トップページ | 今朝の朝焼け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いい実践ってのは | トップページ | 今朝の朝焼け »