« 授業も、腕なんだと思う | トップページ | 「先生、何を勉強したらいいのでしょうか?」 »

2016/01/09

いい実践ってのは

Img_3383

明日の教室。

今日は、初めての試みで午前中は実践発表を行っている。一人20分で四人。うーん、いいなあ。

実践発表は、質問を受けて批判も受ける。

バッサリやられる。それがいい。

もちろん、非難ではなく批判。

批判しながら、その実践から学ぶ。

批判する以上は、その実践に対して修正案や対抗案を提示する必要があると思う。つまり、私ならこうするということだ。これがないままの文句は、私は認めない。

この頃、学生たちに読ませたい実践記録がない。出版レベルでもない。探しているのだが、なかなかない。売れないから本にならないのか、本にするだけの実践がないのか。でも、こうして実践発表を見ていると、いい実践はある。

いい実践ってのは、現実の子供達を見て、将来育って欲しい子供達の姿を頭に描いで、実践を作っていく。そんな実践だと思う。もちろん、簡単にその描いた通りにはいかないので、それをまとめてこうして発表して、修正してということが大事になるのだ。

まとめるとは、考えるということだからまとめることが大事。そして、批判を受けて、実践を高めて深める。

糸井さんと話してからのことだけど、これから明日の教室京都本校は、実践発表をもっとしてもいいなあと思い始めている。

« 授業も、腕なんだと思う | トップページ | 「先生、何を勉強したらいいのでしょうか?」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業も、腕なんだと思う | トップページ | 「先生、何を勉強したらいいのでしょうか?」 »