« 仕事とは、事に仕えること | トップページ | 着火剤になり、燃料になると思っている »

2016/02/22

不思議なことだが

Img_8490_3

原田知世 - 夢の人 (I've Just Seen a Face) をBGMにして。

今日はいつもより耳鳴りが激しくない。だが、ややいつもはしない左側の耳でも鳴っている。バランス的にはいいのか、穏やかな夜だ。

自分の体なのに、自分の思うようにならない。なんとも不思議なことだ。もちろん、心臓の動きにしても消化吸収にしても自分の意思で動いているわけではないが、耳鳴りなんて必要のないものなのだろうに、自分でコントロールできないのはなんともなんとも。

しかし、実は自分でコントロールできないのが、実は普通なのかもしれないなあと思うのだ。言って仕舞えば、この世に生まれたことは私のコントロール下にあるわけではない。

吉野弘の詩ではないが、I was bornなのだ。私の意思で生まれてきたわけではない。いつの間にかこの世にいたのだ。

にもかかわらず、今の世は、主体性だ自主性だと喧しい。それがないと人間ではないかのような言われ方をし、教育もそれを求められる。

「いや、なんとなくこう言う人生になっています」
それが本当は人間の普通の姿ではないのかなあと思う。

不思議なことだが、聞こえなくなってから、いろいろなことが聞こえるようになった気がする。

« 仕事とは、事に仕えること | トップページ | 着火剤になり、燃料になると思っている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事とは、事に仕えること | トップページ | 着火剤になり、燃料になると思っている »