« 富山行きの一泊二日 | トップページ | 私のような人間には、これからの大学受験は厳しいなあ »

2016/02/06

しかし、書かねば力は付かない

Img_7552

最近のいい実践記録を学生に読ませたいのだが、これが見つからない。いい実践記録というより、実践記録そのものがない。これはどういうことなんだろうと思う。

実践記録の本は、出しても売れないというのを聞いたことがある。だけど、売れようが売れまいが、実践記録を書いている先生達は居ると思うのだが、見掛けない。

書いて入るのだが、個人情報の取り扱いが厳しくなったから、公表しないのか? それならいいんだけど、書かないでいるのだとすれば、それは結構由々しき問題だと考えている。

私が学生の頃、20代のころはそれこそいい実践記録があって、それを読みながら勉強した。私もサークルに自分の書いた実践記録を持っていって分析してもらっていた。学級通信をあちこちで読んでもらっていた。

教育は、文脈の中で行われる営みである。

だから、実践記録の中に教育は現れる。

さらに、教師という仕事は、自分で自分を育てることが必要になる仕事である。教室に行けば、自分が一番になる。だから、その授業をダメだししてくれる人はいない。教室の後ろに恩師が立って見てくれるわけではないのだ。授業が上手く行かなかったとき、子どものせいにして終わらせることも出来る。そうやって自分を甘やかして行きていくことも可能だ。だから、自分で自分を律して、自分で自分に突っ込みを入れて育てることが出来ないと、成長しない。

で、これがなかなか難しいから身銭を切ってサークルや研究会に出掛けていって、自分を鍛えようとするのだけれど、その基盤として、実践の記録を書いているかどうかが大きい。書くことによって、自分を客観的に見ることが出来る。足りなかったところが分かるようになる。振り返りが出来るのだ。

教育のネタも技術も必要だ。

だけど、それが教育の目的になるのは、おかしい。

それは実践に生かされてこそのものである。

そして、その実践の記録が残されて、教師の力量は高まっていく。

読むことが少なくなった教師。

書くことはもっと少ないかもしれない。

しかし、書かねば力は付かない。

読む → 実践する → 書く → 批判される → 読む

この流れに自分の身を置いて、渦巻き上に力量を高めていく。

これが教師になって三年以内にできれば、あとはこれが良い習慣になって10年目が楽しみ荷の先生になる。

いい実践記録があったら、教えて欲しい。

« 富山行きの一泊二日 | トップページ | 私のような人間には、これからの大学受験は厳しいなあ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富山行きの一泊二日 | トップページ | 私のような人間には、これからの大学受験は厳しいなあ »